Macでスクリーンショットを撮る方法!また保存先はどこなのか?

Macでスクリーンショットを撮る方法!また保存先はどこなのか?

Macでスクリーンショットを撮る方法をご紹介します。何種類かスクリーンショットをとる方法がありますので、用途に分けてマスターしましょう。またスクショの保存先と保存先の変更方法についても解説していきます。


目次

  1. Macのスクリーンショット
  2. Macでスクリーンショットを撮る方法
  3. スクリーンショットの保存先は?
  4. まとめ

Macのスクリーンショット

Macでスクリーンショットを撮る方法をご紹介していきます。

スクリーンショットとは現在開いているウィンドウであったり、任意の箇所をキャプチャとして画像で保存する(画面コピー)という事を指します。

Windowsに慣れている方だと「Alt + PrintScreen(プリントスクリーン)」で撮れるんじゃないの?と思われる方が多いかもしれませんが、Macだと勝手が違います。

Macでスクショを撮る方法もぜひ覚えておきましょう!

Macでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットを撮る対象毎にご紹介していきます。スクショを撮りたいところにあわせて使い分けれたら上級者です!

画面全体をスクショ

ショートカットキーの「shift + command (⌘) + 3」キーを押します。音声が出る設定になっていれば「カシャッ」という音がなるはずです。

これで画面全体のスクショがされます。

ウィンドウ単位のスクショ

現在使っているアプリケーションのウィンドウ(例えばGoogleChromeのウィンドウ、Finderのウィンドウ)毎にキャプチャを撮ることができます。
 

このあと紹介する選択部分のスクショでも可能ですが、キャプチャしたいものがウィンドウ全体であればこちらのやり方の方が楽です。

やり方は「shift + command + 4」を同時押しします。するとカーソルが十字にかわるので、この状態で「スペース」を押します。

すると対象となるウィンドウの色がかわり、カーソルがカメラマークになります。その状態で選択することでキャプチャが完了します。

選択部分のスクショ

「shift + command + 4」を同時押ししましょう。すると現在のカーソルの形が変わり、十字ポインタとなります。

こちらでドラッグでキャプチャする範囲を指定してスクショを撮ることができます。また上手く範囲指定できなかった場合は「Esc」キーでキャンセルすることもできます。

こちらもMacで音声が鳴る設定になっていればキャプチャする際に「カシャッ」という音がなります。

スクリーンショットの保存先は?

上記のスクリーンショットの保存先はデフォルトでは「デスクトップ」となっています。スクショを撮ってデスクトップを見ると撮影した画像を見つけることができるはずです。

またスクショの保存先を変えたいという方は以下の方法を試してみましょう。ただし「ターミナル」を使っての作業になりますので、中級者以上の方向けです。

スクリーンショットの保存先変更手順

  • ターミナルを起動
  • 保存先のフォルダ(ディレクトリ)を作成(すでにあるフォルダならいらない)
  • 下記のコマンドを実行
  • defaults write com.apple.screencapture location 対象フォルダへのパス
  • killall SystemUIServer

例えば対象フォルダを「~/Downloads」とすると「ダウンロード」フォルダにスクショが保存されるようになります。

まとめ

Macのスクショを撮る方法についてご紹介しました。他にもクリップボードに直接コピーする方法や、Macのアプリケーションのメニューのスクショなどやり方も存在しています。

今回は独断と偏見でよく使うスクショ機能をご紹介しましたが、ぜひ色々調べてみましょう。


関連記事