MacのPATHの削除方法を紹介!増えすぎたPATHを整理しよう

MacのPATHの削除方法を紹介!増えすぎたPATHを整理しよう

Macではファイルやフォルダの情報としてPATHの情報を設定できますが、このPATHの情報を整理しないと増えすぎて困る場合があります。今回はMacのPATHの削除の方法と増えすぎたPATHを整理する方法について紹介していきます。


目次[非表示]

  1. MacでPATHを削除したい
  2. MacのPATHの削除方法

MacでPATHを削除したい

Macではファイルやフォルダの場所の指定としてPATHを設定することができますが、時に設定しすぎたPATHを削除したいと思うときがあります。

今回の記事ではMacのPATHの削除方法を紹介していきます。

設定されているPATHの確認

Macで設定されているPATHを確認するにはターミナルを開き下記のコマンドを実行しましょう。

echo $PATH
ターミナルでPATHを出力した結果
上記コマンドを実行することで、Macに設定されているPATHの情報がまとめて表示されます。

実際に使っていないPATHの情報があれば削除してみましょう。

MacのPATHの削除方法

.bash_profileの編集

.bash_profileにPATHの情報がありますので、まずは.bash_profileを開きます。再度ターミナルから下記のコマンドを実行しましょう。

open ~/.bash_profile

するとテキストエディット(デフォルトのテキストエディタ)で.bash_profileが開くはずです。

.bash_profileの中身
.bash_profileの中の「export PATH=」という記述の箇所がPATHを追加している箇所になります。これが複数あれば複数箇所でPATHを追加していることになります。

基本的にはこの中から不必要なPATHの記述を削除していく形になります。

不必要なPATHを削除してファイル保存したあとは下記を実行してPATHが削除されていることを確認しましょう。

source ~/.bash_profile
echo $PATH

出力された結果で該当箇所のPATHが表示されなくなっていれば、PATHは削除されていることになります。

どのPATHを削除していいかわからない場合

削除したいPATHが明確にわかっていればいいですが、そうでない場合のコツを紹介します。どのPATHを削除していいかわからない場合は、.bash_profileをコピーしバックアップをとった上で、一旦怪しそうなPATHを削除してみましょう。

自身のプロジェクトやアプリで動作を確認し、問題あればバックアップからPATHの記述を戻すという事をすればPATHの情報の整理がはかどります。

PATHを追加した際はコメントを入力

.bash_profileにPATHが増えすぎると、どのPATHを使っていてどれが不要なのかがわからなくなります。そこでPATHを追加した際にはコメントを入力すると後から見た時に何で使っているのか明確になりますのでおすすめです。

# rbenvの設定
export PATH="$HOME/.rbenv/shims:$PATH"

ぜひ今回ご紹介した方法を活用して、MacのPATHと上手く付き合っていくようにしましょう。