Thumb

LINEの翻訳機能の使い方!英語・中国語・韓国語のやりとりを翻訳!

LINE自体には翻訳機能はありませんが、翻訳を行ってくれる公式アカウントが存在しています。この翻訳アカウントを使えば、即座に英語・中国語・韓国語を翻訳してくれるので便利です。この記事では、LINEの翻訳機能やアプリ「Papago」について解説しています。


目次

  1. 1LINEの翻訳機能
  2. 2LINEの翻訳機能の使い方
  3. 3Papagoって何?
  4. 4まとめ

LINEの翻訳機能

日本で暮らしていても、英語や中国語などの外国語に触れる機会は結構ありますよね。

例えばアメリカの知り合いから英語でメッセージをもらった時、皆さんはどうしていますか?多くの人はGoogle翻訳などの翻訳機能を利用して翻訳することで、英語通訳してやりとりを行っていると思います。

他にも歌の歌詞を知りたい、海外のニュースをリアルタイムで知りたい時など、翻訳機能を使いたい場面は多いですね。

もしLINEで海外のユーザーとメッセージのやりとりをする機会があった場合、いちいちGoogle翻訳などの翻訳機能を使うのは手間だと思いませんか?

実はLINEでは、LINE公式アカウントを通して通訳をサポートしてくれるという便利な翻訳機能が備わっています。

これを使えば、LINEのみで翻訳できるのでわざわざ外部の翻訳機能を使う手間が省けますし、なんとリアルタイムで翻訳してメッセージのやり取りを行うことも可能です。

LINEの翻訳機能の使い方

LINEの翻訳機能の使い方を順番にご紹介していきます。

翻訳アカウントの導入方法について

最初にLINEアプリを起動して、その他タブの「公式アカウント」をタップしましょう。

画面上部にある検索フォームに「LINE通訳」と入力すると、通訳用アカウントが表示されます。

それらのアカウントをタップして「追加」ボタンをタップして友だちリストに追加していきましょう。

早速翻訳してみましょう

それでは早速英語通訳アカウントに、英語を翻訳させてみましょう。

「おはよう」と日本語を送信すると「Good morning.」と即座に翻訳してくれていますね。逆に「Good morning.」と英語を送信してみると「おはよう。」と日本語に翻訳して返してくれました。

英語のニュースを翻訳させてみましたが、即座に翻訳してくれるものの長文になるとさすがに精度が落ちるようです。

ですが、どういった意味なのかは把握できるレベルには翻訳できているので問題なく扱えるでしょう。

韓国語翻訳アカウントも同様に、韓国語→日本語・日本語→韓国語への翻訳を即座に行ってくれます。

中国語翻訳アカウントも問題なく翻訳できていますね。このように、LINEで海外のユーザーとやりとりをする際、LINEのみでメッセージを手軽に翻訳することが可能となります。

ユーザーを交えてリアルタイムに翻訳!

なんと、翻訳アカウントをグループに参加させることでリアルタイムで翻訳してくれる機能まで実装されています。かなり便利ですね。

リアルタイム翻訳したい場合は、会話を翻訳したいユーザーと翻訳アカウントを同じグループに追加しましょう。

このように、メッセージを送信すると第3者である英語通訳アカウントが即座に英語通訳してくれています。もちろん相手が英語を送信してきたら、それを日本語に翻訳してくれます。

海外のユーザーと英会話でメッセージのやりとりをする際に、いちいち調べて翻訳しなくても済むようになるためお互いストレスフリーに英会話ができるようになります。かなり便利な機能ですね!

Papagoって何?

Papagoとは、リアルタイムで通訳・翻訳を行ってくれるアプリです。対応している言語は韓国語、英語、日本語、中国語、スペイン語、フランス語の6ヶ国語で、海外旅行や突然外国の人に話しかけられた際にも活躍してくれるアプリです。

Papagoのダウンロードは以下のリンクよりどうぞ!

Naver Papago翻訳 - Google Play の Android アプリ
「Naver Papago翻訳」をApp Storeで

Papagoを起動すると、ホーム画面が表示されます。

中央の入力フォームをタップすれば、そのままテキスト入力による翻訳画面へと移動します。

画面下部のボタンは、緑のマイクボタンが「音声翻訳」・水色の吹き出しボタンが「会話翻訳」・青色のカメラボタンが「画像翻訳」となっています。

翻訳する言葉を変えたい場合は、画面上部の「○○語」の部分をタップすれば言語リストが表示されるので、翻訳したい言葉をタップして変更しましょう。

テキスト翻訳

ホーム画面中央をタップすれば、そのままテキスト翻訳が始まります。翻訳したい文字を入力するとリアルタイムで翻訳が行われ、翻訳結果が下部に表示されます。

翻訳結果が確定すると、画像のようにスピーカーボタンが表示されます。スピーカーボタンをタップすると内容が音声再生されるので、発音も分かるようになっています。

画面下部のボタンは左から「コピー」「共有」「お気に入り」「閉じる」となっています。

音声翻訳

ホーム画面の緑色のマイクボタンをタップすると、音声翻訳が始まります。翻訳したい言葉をマイクに向かって喋りましょう。

喋った言葉が上に、翻訳した結果が下に表示されます。こちらもスピーカーボタンを押すことで音声が再生されますよ。

再度翻訳する場合はマイクボタンをタップしましょう。

会話翻訳

突然外国の人に話しかけられた!という時に便利なのが「会話翻訳」です。ホーム画面の水色の吹き出しボタンをタップしましょう。

タップしたら画面上部のマイクボタンをタップして、相手の人に喋ってもらいましょう。喋ってもらった言葉が画面上部・翻訳された言葉がリアルタイムに翻訳されて、画面下部に表示されます。

相手の言葉を翻訳したら、次はこちらの言葉を伝えましょう。画面下部のマイクボタンをタップし喋りかけることで、自分の喋った言葉は画面下部に、翻訳された言葉が画面上部に表示されます。これを繰り返すことで擬似的な英会話が成り立つので、外国語が苦手でも円滑なやりとりができますね。

画像翻訳

外国語で書かれたチラシを翻訳したい時は、ホーム画面の青色のカメラボタンをタップしましょう。撮影モードになるので、翻訳したい部分をカメラ撮影し、テキストを指でなぞることで文字が翻訳されます。

チラシを見ながらテキストに書き起こして翻訳…といった手間がないので便利ですね。

まとめ

LINEの翻訳機能の使い方!英語・中国語・韓国語のやりとりを翻訳!いかがでしたでしょうか。

LINEの翻訳用公式アカウントを活用することで、通常時の翻訳はもちろん、リアルタイムで翻訳してもらうことで海外のユーザーとのやりとりもスムーズに行えますよ。

またLINEがオススメしているアプリ「Papago」も便利な翻訳アプリなので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!


関連記事