【iPhone】機能制限パスコードを忘れたらどうなる?対処法はある?

【iPhone】機能制限パスコードを忘れたらどうなる?対処法はある?

機能制限を設定していたけれども、パスコードを忘れたということは誰でも起こってしまう可能性があります。機能制限パスコードを忘れないことがベストですが、忘れた時の対処法をご紹介します。機能制限パスコードの解除方法はどんなものがあるのでしょうか?


目次[非表示]

  1. 機能制限パスコードを忘れたらどうなる?
  2. 機能制限パスコードを忘れた時の対処法

機能制限パスコードを忘れたらどうなる?

指定したアプリを起動できないようにしたり、ビデオ通話ができないように設定できる機能制限。特にお子さんに、iPhoneを持たせる時などに活躍する機能です。

ですが、この機能制限の設定を解除したり変更するために必要な「機能制限パスコード」を忘れてしまうと、少々厄介なことになってしまいます。

また機能制限パスコードは現在「スクリーンタイム・パスワード」と呼ばれています。

また機能制限パスコードを入力し、間違えた回数によってペナルティが発生します。

ロック画面のパスコードように、10回間違えるとデータを消去するというようなことまではありません。ですが、間違えた回数が6回を超えると、次のパスコードを試すまでに1分ほど待つことになります。

また、間違える回数ごとに時間は増えて7回目=5分 / 8回目=15分 / 9回目=60分と増えてしまいます。ロック画面よりはペナルティが厳しくありませんが、時間がかかりパスコードを試すにも一苦労です。

機能制限パスコードは、知られない場所にメモしておくのが良いですね。

とは言っても、いつ決めたのかも忘れることはあります。ここでは機能制限パスコード忘れた時の対処法をご紹介します。

機能制限パスコードを忘れた時の対処法

機能制限パスコードを忘れてしまった場合、初期化が必要となります。

一度本体をリセットする方法となります。

また、初期化と言っても単なる復元をしてしまうと、同じように機能制限パスコードがかかった状態で復元されてしまいます。

ですので「iPhoneを初期化する」という作業が必要となります。初期化すれば、iPhone内は工場出荷状態になり、データが削除されます。ですので、あらかじめバックアップを必ず取っておきましょう。

iPhoneを初期化する

単に初期化するとは言っても、iPhone本体からの初期化を行うには機能制限パスコードが必要となります。

なので、強制初期化を行う必要があります。

強制初期化にも種類があり「リカバリーモード」「DFUモード」「iPhoneを探す」の方法があります。

「DFUモード」は公式な方法ではありませんので「リカバリーモード」か「iPhoneを探す」の方法がおすすめです。それぞれ見ていきましょう。

いずれの場合も初期化が完了したら「新しいiPhoneとして設定」を行い、データを復元する時にはiTunesやいiCloudを使用せずに復元します。

リカバリーモード

リカバリーモードで初期化する場合には「iTunesがインストールされているパソコン」「ライトニングケーブル」が必要となります。

iTunesは最新版にしておきましょう。

iTunesを起動している状態で、iPhoneを強制再起動をします。機種によって方法が違いますので、ご注意くださいね。
 

  • iPhone8、X
「音量アップボタン」→「音量ダウンボタン」→「サイドボタン」を「iTunesに接続」と表示されるまで長押しします。
 
  • iPhone7
「スリープボタン」と「音量ダウンボタン」を「iTunesに接続」と表示されるまで同時に長押しします。
 
  • iPhone6以前
「スリープボタン」と「ホームボタン」を「iTunesに接続」と表示されるまで同時に長押しします。

上記の操作を行うと「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」と表示されますので「復元」をクリックします。

これで初期化は完了です。

iPhoneを探す

手順が早いのがiPhoneを探すの方法です。

iPhoneを探すから初期化する方法は、以下の記事で詳しく紹介しています。こちらからご覧になってくださいね。

iPhoneを紛失した時に頼りになる「iPhoneを探す」の使い方や設定方法を解説!

iPhoneを紛失してしまうのは、大切にしていても置き忘れてしまうことあれば、盗難の可能性もあります。そんな時に頼りになるのがiPhoneを探すの機能です。使い方と事前に行なっておきたい設定を解説します。iPhoneを探すと使いこなしましょう。

Thumb

関連記事