【A4サイズで切れる方必見】Googleスプレッドシートの印刷範囲を指定する方法!

【A4サイズで切れる方必見】Googleスプレッドシートの印刷範囲を指定する方法!

Googleスプレッドシートを使っていて、作成したものを印刷することもあるでしょう。しかし、例えばA4サイズで印刷しようとすると印刷範囲が思ったようにできないことはないでしょうか。スプレッドシートで印刷範囲を指定する方法をご紹介します。


目次[非表示]

  1. スプレッドシートを印刷する方法
  2. スプレッドシートの印刷範囲を指定する方法
  3. スプレッドシートをA4サイズで印刷する方法

Googleスプレッドシートは無料で誰でも使えるので非常に便利なツールです。便利がゆえ作成したものを紙で印刷したいという場合もあるかと思います。

そこでこの記事では、Googleスプレッドシートの印刷方法とその印刷範囲の指定とA4サイズで印刷する方法を順に紹介していきます。

スプレッドシートを印刷する方法

まず、基本的なGoogleスプレッドシートを印刷する方法を紹介します。

スプレッドシートの左上にある印刷アイコンをクリック
スプレッドシートの左上にある印刷アイコンをクリックします。
表示範囲がOKであれば、右上の「次へ」をクリック
印刷設定画面が開きます。

ここで表示範囲を確認できます。
表示範囲がOKであれば、右上の「次へ」をクリックします。
印刷画面
印刷画面が開きます。

ここで印刷状態を表示する印刷プレビューも確認できます。左上の「印刷」をクリックすると印刷が開始します。

「送信先」が出力対象のプリンタ名になっていることも確認してください。

複雑な設定や調整もできますが、基本的にはこの方法で作成したスプレッドシートを印刷できます。

スプレッドシートの印刷範囲を指定する方法

スプレッドシートで作成したものをそのまま印刷しても、指定箇所がずれる場合があります。その場合はずれる箇所を調整して思ったように印刷させる必要があります。

ここでは、スプレッドシートの印刷設定から印刷範囲を指定する方法を2通り紹介します。

指定した箇所以外を非表示にする方法

まずは指定した箇所以外を非表示にする印刷方法をご紹介します。

印刷したい場所の範囲選択
印刷したい場所の範囲選択をします。
​​​​​​​右欄の「印刷」項目で「選択中のセル」を選択
印刷設定画面を開きます。

右欄の「印刷」項目で「選択中のセル」を選択します。
選択した部分のみが印刷の範囲指定されています
選択した部分のみが印刷の範囲指定されています。

指定していない部分は非表示になり、その部分は余白になります。

改ページでページ設定し印刷の範囲指定する方法

指定した箇所以外を非表示にする方法の他には、改ページでページ設定し印刷の範囲指定する方法もあります。

印刷設定画面から「カスタムの改ページを設定」をクリック
印刷設定画面から「カスタムの改ページを設定」をクリックします。
改ページ設定画面
改ページ設定画面が開きます。
印刷範囲を指定
印刷範囲を指定できます。

青い線を上下縦横調整することで印刷したい範囲を決定することができます。。
調整したら、右上の「改ページを確定」をクリックします。
範囲指定した線でページが分割
範囲指定した線でページが分割されます。

余った部分は余白になります。

実際に印刷した時にどう表示されるのか印刷プレビューを表示して確認しながら、印刷の範囲指定を調整するといいでしょう。

最初は切れる・ずれるなど思ったようにできず戸惑うことがあるかもしれませんが、慣れると簡単に調整できるようになります。

スプレッドシートをA4サイズで印刷する方法

スプレッドシートは印刷する用紙のサイズに合わせて設定することができます。

一例として、ここではA4サイズで印刷する方法を紹介します。

他のサイズで印刷したい場合は、同じようにサイズを変更して指定すればそのサイズで印刷できます。

印刷設定画面の「印刷サイズ」をクリックして、「A4」を選択
印刷設定画面の「印刷サイズ」をクリックして、「A4」を選択します。
印刷画面で、「用紙サイズ」は「A4」を選択
印刷画面で、「用紙サイズ」は「A4」を選択します。

上記2箇所をA4で指定するとサイズを調整して印刷プレビューも表示してくれます。

もしA4サイズにして図や表が切れてもA4で印刷したい場合は、先に紹介した印刷指定の方法や印刷の倍率を調整してサイズに合うように調整してみてください。