Amazonの注文が勝手にキャンセルされた場合の原因は?

Amazonの注文が勝手にキャンセルされた場合の原因は?

Amazonで注文が勝手にキャンセルされてしまった際の原因や確認方法をご紹介しています。せっかく配送を待っていたのに出品者から勝手にキャンセルされたらいやな気持ちになってしまいます。意外とあることなので、ぜひ把握しておいてくださいね!


目次[非表示]

  1. Amazonの注文が勝手にキャンセルされた!
  2. Amazonの注文が勝手にキャンセルされた場合の原因

Amazonの注文が勝手にキャンセルされた!

ネットでお買い物をする時、Amazonを利用している方が多いのではないでしょうか。
マーケットプレイスでの商品もあるため本当にたくさんの商品がありますし、Amazonプライム会員になっていれば次の日の朝にもう商品が届いたり、送料も無料になりますのでかなり便利ですよね!

ですが、Amazonを利用していて、注文が勝手にキャンセルされたことってありませんか?
注文が確定したから配送を待っていたらなかなか来ない…。
注文履歴を確認してみると、注文がキャンセルされていたり、キャンセルの旨のメールが届いていた!
よく利用している方であれば、1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

ユーザーとしては、せっかく待っていたのに勝手にキャンセルをするなんて…という何とも言えない気持ちですし、不信感を抱いてしまいますよね。クレジットカードでもう支払い済みだった場合にも、しっかり返金をしてもらわないといけません。

今回は、Amazonの注文がキャンセルされてしまった時の原因や確認方法などをご紹介していきたいと思います!

Amazonの注文が勝手にキャンセルされた場合の原因

商品の欠品

AmazonではAmazonだけでなくマーケットプレイス(Amazon以外の出品者)が商品を出していて、いろいろなショップがあります。
そのため、商品の数を把握しきれていないショップが欠品しているはずの商品を出していて、それを購入してしまったために後でキャンセルになるということも度々。
中古での商品を買えたと思ったら実は自分より前に買っていた人がいた…なんてこともあります。

そんな時には、『在庫切れのためキャンセルになります』というようなメールが来ると思いますので、確認してみてください!
メールが見つからない場合は注文履歴を確認しましょう!

支払期限を過ぎてしまった

Amazonで商品を購入した際に、注文の方法はいろいろあります。
コンビニや銀行での支払いもできますので、支払いには期限が設けられています。
その期限を過ぎてしまったら、キャンセルになってしまいますので注意してくださいね!

また、クレジットカードでの支払いにしておいても、限度額を超えてしまっていたり、有効期限が切れてしまっていたりで利用できない状態でもキャンセルになってしまうことがあります。