VLCメディアプレーヤー起動時の画面サイズをサイズ固定にする方法!

VLCメディアプレーヤー起動時の画面サイズをサイズ固定にする方法!

VLCメディアプレイヤー起動時に、ウィンドウが動画のサイズに合わせて変更されますよね。このウィンドウをサイズ固定させたいと思っているユーザーは少なくありません。この記事では、VLCメディアプレーヤー起動時の画面サイズをサイズ固定にする方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. VLCメディアプレーヤー起動時の画面サイズをサイズ固定にする方法

VLCメディアプレイヤーで動画を再生すると、ウィンドウサイズが動画のサイズに合わせて拡大・縮小しますよね。しかし、使っているディスプレイよりウィンドウが大きくなってしまうと縮小したり画面中央に置いたりアスペクト比を維持したりと、毎回調整するのが大変です。

できれば全画面表示にせずに、VLCメディアプレイヤーの起動時には画面サイズをサイズ固定した状態で起動してほしいですよね。今回は、起動時の画面サイズを固定する方法をご紹介していきます。

VLCメディアプレーヤー起動時の画面サイズをサイズ固定にする方法

VLCメディアプレイヤーを起動して、ウィンドウ上部「ツール」をクリックして開き「設定」をクリック
それでは、VLCメディアプレイヤー起動時の画面サイズを固定する方法を説明します。まずはVLCメディアプレイヤーを起動して、ウィンドウ上部「ツール」をクリックして開き「設定」をクリックしましょう。
設定画面が表示されるので「インターフェース」をクリックして開き、「外観と操作性」項目の「ビデオのサイズにインターフェースをリサイズ」のチェックボックスをクリックしてオフ
設定画面が表示されるので「インターフェース」をクリックして開き、「外観と操作性」項目の「ビデオのサイズにインターフェースをリサイズ」のチェックボックスをクリックしてオフにしましょう。オフにしたら、「保存」をクリックして設定を保存しましょう。
VLCメディアプレイヤーを再起動してからウィンドウを自分の好きなサイズに調整
あとは、VLCメディアプレイヤーを再起動してからウィンドウを自分の好きなサイズに調整すればOKです。これで、VLCメディアプレイヤー起動時の画面サイズを固定することができました。

注意点ですが、設定の「ビデオ」にある「全画面表示」のチェックボックスがオンになっていると、動画再生時に全画面表示になってしまいます。

せっかくウィンドウを固定しても台無しになってしまうので、全画面表示になっていないかどうか確かめておきましょう。