Macのファイルやフォルダをzip形式に圧縮する方法と展開方法を解説!

Macのファイルやフォルダをzip形式に圧縮する方法と展開方法を解説!

Macで作成したファイルやフォルダを管理したり、人に送るとき、大抵の人は圧縮してzipファイルを作成するでしょう。「zipファイルを作成したい」または「zipファイルを展開したい」という場合、Macでの操作方法と注意点をまとめました。


目次[非表示]

  1. Macのファイルやフォルダをzip形式に圧縮する方法
  2. Macでzipファイルを展開する方法
  3. zipファイルの中身が文字化けする場合
  4. まとめ

Macのファイルやフォルダをzip形式に圧縮する方法

Macの場合、zip形式で圧縮する作り方はとても簡単です。別途、圧縮ソフトのインストールも必要ありません。

Macの本来の機能で簡単にzipファイルを作成できます。

フォルダのzip化

Macのフォルダアイコン

圧縮したいフォルダを表示しフォルダを右クリックします。

トラックパッドの場合は、2本指で触れながらクリックします。
 

「"フォルダ名"を圧縮」をクリック
メニューが表示されます。

「"フォルダ名"を圧縮」をクリックします。

これで同じ場所に、zipファイルが作成されます。

ファイルのzip化

Macのファイルアイコン

ファイルの場合も同様に行います。

同様に右クリックしてメニューを表示します。

メニューから「"ファイル名"を圧縮」をクリック
「"ファイル名"を圧縮」をクリックします。
zipファイル
これでzipファイルが作成できます。

またパスワード付きでzipファイルを作成することも可能です。その方法は以下を参照してください。

Macでパスワード付きzipファイルを作成する方法!

Macでパスワード付きzipファイルを作成する方法をご紹介します。Windowsで簡単にできるパスワード付きのzipですが、Macだと少し手間がかかります。今回はターミナルでコマンドからパスワード付きzipを作成する方法とソフトを使う方法をご紹介します。

Thumb

Macでzipファイルを展開する方法

逆にzipファイルを展開することもMacであれば簡単にできます。

zipファイルのアイコン

展開したいzipファイルを表示します。

そのままダブルクリックすると展開ファイルが表示されます。

右クリックから、「開く」をクリックしても展開できます。

Macのフォルダアイコン(zip展開後)

同じフォルダ上に展開されたフォルダが表示されます。

zipファイルの中身が文字化けする場合

Mac上で圧縮も展開も簡単に行えるzipですが、場合によって文字化けします。それは、Macで作成した日本語名称のzipファイルをWindows上で展開した場合です。

「テキスト.rtf」
実際に、Macで作成したzipファイルをWindowsに送ります。中のファイル名は「テキスト.rtf」です。
zip展開

zipの展開は問題なく行えます。

「_MACOSX」というフォルダ
しかし、フォルダの中身のテキスト名が文字化けしています。また、Mac側では無かった「_MACOSX」というフォルダが作成されています。

この文字化けを回避する方法は、送るファイルの名前を半角英数字にすることです。
それだと文字化けしません。

「_MACOSX」というフォルダ
ただ、「_MACOSX」というフォルダは残ります。これはMac特有のファイル構造を保存するデータが必然的にできてしまうためです。

もし自分のMacからzipファイルを作成して、相手方のWindowsに送る必要がある場合は、このフォルダは無視するよう伝えておくといいでしょう。

ZIPANG

ファイル名に半角英数字が使用できない場合は、Macの「ZIPANG」という圧縮ソフトを使えれば文字化けを回避できます。

App Storeからインストールできます。

ZIPANG

圧縮プロファイルを「Mac To Win」にしてzipファイルを作成すれば、半角英数字にできない場合でも、Windowsで展開できます。

まとめ

Macでのzipの作り方も展開も、知ってしまえば驚くほど簡単に行うことができます。圧縮ソフトもありますが普通にzip形式を使う場合は、必要はないでしょう。データのやり取りをする上で、zipファイルは使えると便利です。

ぜひ一度試してみてください。