Macでフォルダにパスワードをかけるにはどうすればいいのか?

Macでフォルダにパスワードをかけるにはどうすればいいのか?

Macを家族や同僚と共有している場合は、重要なフォルダにパスワードをかけたいと思うでしょう。紛失したときに情報の漏えいを防止するためにも、この機会にパスワード設定をしましょう。今回は「Macでフォルダにパスワードをかける方法」をご紹介します。


目次

  1. Macでフォルダにパスワードをかける
  2. Macでフォルダにパスワードをかけるには
  3. まとめ

Macでフォルダにパスワードをかける

Macを共有しているときに、家族や同僚に見られないようにプライベートの写真などの入ったフォルダや個人情報や社外秘の入ったフォルダを鍵付きに設定してロックしたいと考えることがあると思います。

また、紛失した時のことを考えて個人を特定されるファイルも暗号化しておきたいと考えることがあると思います。

Macで手軽にパスワードを設定する方法は以下の3つです。

  1. 「ターミナル」でパスワード付きZip圧縮ファイルを作成する方法
  2. アプリを使用してパスワード付きZipファイルを作成する方法
  3. 「ディスクユーティリティ」を使用した暗号化されたディスクイメージを作成して中にファイルを格納する方法

今回は上記の3の方法の解説となります。

1、2の方法は下記のリンクをご参照ください。

Macでパスワード付きzipファイルを作成する方法!

Macでパスワード付きzipファイルを作成する方法をご紹介します。Windowsで簡単にできるパスワード付きのzipですが、Macだと少し手間がかかります。今回はターミナルでコマンドからパスワード付きzipを作成する方法とソフトを使う方法をご紹介します。

Thumb

Macでフォルダにパスワードをかけるには

DockからLaunchpad>「その他」をクリックします

「ディスクユーティリティ」をクリックします

ディスクユーティリティが開いたら、メニューより「ファイル」>「新規イメージ」>「空のイメージを作成」を選択します。

「暗号化」をクリックします。

セキュリティの強度を以下の3つより選択できます。

① なし
② 128ビットAES暗号化(推奨)
③ 256ビットAES暗号化(安全性重視、低速)

パスワードを確認分を含めて2回同じ内容を入力します。

「選択」ボタンをクリックします。

A. ディスクイメージの名前
a. マウントされた時の名前
を入力します
 

ディスクイメージが作成されたら「完了」をクリックします。

作成後にマウントされた状態となっていますので、この中にパスワードで保護したいフォルダやファイルを移動します。

マウントを解除するときは、左サイドバーの赤枠内の取り出しアイコンをクリックすると取り出しできます。

次回より、マウントするときにはパスワードを入力する画面が表示されます。

※パスワード入力時に赤枠内の「パスワードをキーチェーンに保存」にはチェックを入れないようにしましょう。(こちらにチェックを入れると、パスワードを設定してもキーチェーンで解除できてしまいます)

先ほど設定したパスワードを入れ、「OK」を押すとマウントされます。

このようにマウントされて表示されます。

まとめ

今回は、「Macでフォルダにパスワードをかける方法」をご紹介しました。

ポイントとしては、
パスワードの強度設定と、
パスワードを開くときに、「パスワードをキーチェーンに保存」にはチェックを入れないようにすることです。

皆様もぜひ、プライベートの写真や、社外秘や個人情報の入った書類をパスワード設定して保存しておきましょう。


関連記事