OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする場合の対処法をご紹介!

OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする場合の対処法をご紹介!

マイクロソフトの提供するオンラインストレージサービス、OneDrive。一括ダウンロードすると、ファイル名などが文字化けしてしまう現象が確認されています。今回はOneDriveからダウンロードしたファイルが文字化けしてしまった際の解決策をご紹介します。


目次[非表示]

  1. OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする
  2. OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする場合の対処法
  3. まとめ

OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする

OneDriveから画像やドキュメントなどのファイルを一括でパソコンにダウンロードすると、圧縮(zip)のファイルでダウンロードされます。

OneDriveで文字化け
ファイルをひとつにまとめてくれるため一見便利なこの機能ですが、実際に解凍するとファイル名が文字化けして表示されてしまうことがあります。

そこでこの記事ではOneDriveで文字化けが起こる原因と対処法を確認して行きます。

OneDriveでダウンロードしたファイルが文字化けする場合の対処法

ファイルが文字化けする原因は?

そもそもダウンロードしたファイルが文字化けしてしまう原因として、UTF8に対応したzipの解凍ツールを利用していないことが挙げられます。

UTF8とは文字コードの規格の一種でして、こちらと異なる文字コード(Shift-JISなど)を利用したテキストファイルなどを保存すると互換性が異なることから文字化けが発生してしまいます。

※ちなみにWindows10を利用している場合はアップデートでUTF8モードが新たに追加されたため、解凍の際に逐一文字コードを変更する必要がなくなりました。

ファイルが文字化けする場合の対処法

ファイルが文字化けしてしまった際は、UTF8に対応した解凍ツールを利用するようにしましょう。

今回はUTF8に対応した解凍ツールである「Lhaplus」を利用する方法をご紹介します。

まずLhaplusをダウンロードして起動させます。ダウンロードの方法は別記事をご覧ください。

解凍・圧縮ソフトLhaplus(ラプラス)のダウンロード方法をご紹介!

国産のファイル解凍・圧縮ソフトである「Lhaplus(ラプラス)」をご存知でしょうか?10年以上のシェアがある人気アーカイバなので、安心して利用できますよ。この記事では、解凍・圧縮ソフトLhaplusのダウンロード方法・使い方をご紹介しています。

Thumb
Lhaplusの画面が表示されたら、左側の「解凍設定」より、解凍したいファイルを選択して「OK」を押す
Lhaplusの画面が表示されたら、左側の「解凍設定」より、解凍したいファイルを選択して「OK」を押します。
無事に文字化けを起こさずにファイルを解凍
無事に文字化けを起こさずにファイルを解凍することができました。

Windows10を利用している場合の解凍方法

Windows10を利用している場合の解凍方法ですが、結論から言うとWindows10はアップデートによる改善でUTF8に対応するようになりました。
 
そのためOneDriveから一括ダウンロードをして(解凍ツールを用いずに)そのまま解凍しても文字化けを起こさずにPC内に取り込むことが可能です。

もしWindows10で文字化けが起こってしまう場合は、お使いのOSが最新の状態にアップデートされているか、確認してみることをオススメします。

まとめ

今回はOneDriveからファイルを一括でダウンロードした際に文字化けしてしまう現象の対処法をご紹介しました。

Windows10をご利用の方はアップデートによりUTF8にも対応するようになりましたが、それ以外のOSをお使いの方はzip形式のダウンロードによって文字化けが起こってしまう可能性があります。

文字化けで困った場合は、今回ご紹介したLhaplusなどの解凍ソフトをぜひ利用してみてくださいね。