【これで解決】MacでAirDropを有効にする方法を紹介!表示されない場合の対処法は?

【これで解決】MacでAirDropを有効にする方法を紹介!表示されない場合の対処法は?

MacでAirDrop を使うと、Apple製品同士でデータをワイヤレスで共有できます。AirDropを有効にすることで写真やファイルといったデータを送受信します。この記事では、MacでAirDropを有効にし、できない場合の対処法もご紹介します。


目次[非表示]

  1. MacでAirDropを有効にする方法
  2. MacのAirDropが有効にならない場合の対処法
  3. MacのAirDropで検出されない場合の対処法

MacでAirDropを有効にする方法

Macでも、他のApple製品と同じようにAirDropを簡単に設定してデータを送受信できます。
iPhoneやiPad、iPodtouchとは設定が異なりますので、Macを有効にする設定方法をご紹介していきます。

Macの「Finder」を開きます。

移動タブにある「AirDrop」をクリック
移動タブにある「AirDrop」をクリックします。
左側にある「AirDrop」をクリック
または、左側にある「AirDrop」をクリックします。
「AirDropで近くの人とすぐにデータを共有できます」の表示
「AirDropで近くの人とすぐにデータを共有できます」と表示されます。

この表示があるなら、AirDropでApple製品同士、Mac同士でもデータを共有できます。
共有できるユーザーが表示されています。
または、次のように共有先を表示させて選びましょう。

「このMacを検出可能な相手」をクリック
「このMacを検出可能な相手」をクリックし、連絡先を登録している人だけ、またはそれ以外の人を含む全員を選びます。
送りたい写真やデータを選択し、表示されている共有相手のところにドラッグする
送りたい写真やデータを選択します。
表示されている共有相手のところにドラッグします。
2つ以上のデータを選択
2つ以上のデータを選択しても送信できます。
共有を「受け入れる」にする
受信するデバイスでは、このように表示されたら共有を「受け入れる」にします。

これでMacからAirDropでデータを送信できました。
受信するデバイス側で「完了」と出たらクリックしましょう。

Macで受信する時は、「受け入れる」をクリックしましょう。
データの保存先は、通常ですと「ダウンロードフォルダ」になります。

MacのAirDropが有効にならない場合の対処法

AirDropを有効にするためには、「Wi-Fi」と「Bluetooth」の設定も必要です。
Macと、共有するデバイスの両方を設定しましょう。

グレー色のAirDropの画面
「Wi-Fi」と「Bluetooth」が設定されていない場合、こちらのようにAirDropの画面が青ではなくグレー色の状態です。
「Wi-FiとBluetoothを入にする」をクリック
画面上で「Wi-FiとBluetoothを入にする」をクリックします。
青色のAirDropの画面
マークが青に変わります。
これで、AirDropができる状態になりました。

MacのAirDropで検出されない場合の対処法

AirDropで共有したいデバイスが検出されない場合、上記でご紹介した「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオンになっているかどうかを確認します。

どちらもオンになっている状態でしたら、次の点を確かめましょう。

おやすみモードがオフになっている状態
おやすみモードがオフになっている状態にします。
Macと共有するデバイスの両方を同じくオフにしましょう。
インターネット共有をオフにする
インターネット共有をオフにします。
オンになっているとAirDropができなくなります。

Macと共有するデバイスが9m以内にあるかどうかも確認しましょう。
それ以上離れると、AirDropが難しくなります。

「お探しの相手が表示されませんか?」をクリック
送信先のMacが古いバージョンの場合、検出されないことがあります。
「お探しの相手が表示されませんか?」をクリックして、検出されるようにしましょう。

他にも幾つかの点を確認します。

・機内モードをオフにする
・共有先が検出されるよう、連絡先で選択または全ての人にする
・ファイアーウォールを「外部からの接続をすべてブロック」からチェックを外す
・ファイアーウォールでプログラムごとのAirDropのブロック解除をする
・デバイスをiCloudに再ログインする
・端末を再起動する
・AirDropができるバージョンのデバイスかどうかを確認する

AirDropができない時は、こちらをお試しになってみてください。