MacのSIPを無効化する方法をご紹介!

MacのSIPを無効化する方法をご紹介!

MacにはSIP(System Integrity Protection)というセキュリティ強化の機能があります。今回の記事ではSIPの無効化方法と、SIPの有効・無効の確認方法をご紹介していきます。必要な方はcsrutilを使ってSIPを無効にしましょう。


目次[非表示]

  1. MacのSIPとは
  2. SIPが有効になっているか、無効になっているかの確認
  3. SIPを無効化する方法

MacのSIPとは

MacのOSのEl CaptanよりSIP(System Integrity Protection)という機能が有効になりました。

このSIPはMacの中のファイルなどを改ざんしようとする、セキュリティの脅威から守る目的のプログラムです。具体的にはMacでファイルを更新する権限をより制限し、セキュリティを強固にする事を行っています。

セキュリティが強固になる一方で、権限がガチガチになり、アプリケーション側からすると、今まで出来ていたことが出来なくなるという事態にもなりえます。

ユーザーによってはSIPを無効にしたいという方もいます。

SIPが有効になっているか、無効になっているかの確認

まずはお使いのMacのPCでSIPの機能が有効なのか、無効なのか確認してみましょう。SIPの確認方法をご紹介します。

システムレポートから確認する方法

Macの画面の左上のリンゴマークをクリックし、「このMacについて」を選択
Macの画面の左上のリンゴマークをクリックし、「このMacについて」を選択しましょう。
「システムレポート」を選択
OSの確認の画面が表示されますので、その中の「システムレポート」を選択します。
「システムソフトウェア概要」が表示されますので、この中の「システム整合性保護」
システムレポートの左側のメニューで「ソフトウェア」を選択しましょう。

すると右側に「システムソフトウェア概要」が表示されますので、この中の「システム整合性保護」を見ます。

こちらが有効であればSIPが有効となっています。

csrutilコマンドから確認する方法

csrutilというMacのコマンドからもSIPの有効・無効を確認することが出来ます。

MacのLaunchpadを開き「その他」の中から「ターミナル」を選択
MacのLaunchpadを開き「その他」の中から「ターミナル」を選択しましょう。

ターミナル上で下記のコマンドを実行します。

$ csrutil status

するとSIPが有効な場合は下記のような結果が返ってきます。

System Integrity Protection status: enabled.

SIPを無効化する方法

それではSIPを無効化する方法をご紹介します。まずSIPを無効にするにはMacをリカバリーモードで起動しなおす必要があります。

リカバリーモードでの起動

Macをリカバリーモードで起動しましょう。MacのOSを再起動し、立ち上がる前に
「Command + R」を同時に長押しします。

macOSユーティリティが起動
するとmacOSユーティリティが起動します。この画面で上部メニューの「ユーティリティ」からターミナルを起動させましょう。

SIPの有効・無効を切り替えるには下記のコマンドを実行します。

$ csrutil disable

すると「Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the change to take effect.」と表示され、これでOSを再起動させることでSIPが無効となります。

SIPを無効化できない場合

上述の通りMacをリカバリーモードで起動する必要があります。Macがリカバリーモードで起動しているかどうか確認しましょう。

再度SIPを有効化したい場合

有効化したい場合はまずは同様の手順でMacをリカバリーモードで起動し、ターミミナルを起動します。

そして下記のコマンドを実行して、再びOSを再起動することでSIPが有効になります。

$ csrutil enable