Macのプレビューで画像編集が超絶便利!塗りつぶし/モザイク/透過をマスターしよう

Macのプレビューで画像編集が超絶便利!塗りつぶし/モザイク/透過をマスターしよう

Macのプレビュー機能を使えば、画像加工ソフトを使うよりも簡単に塗りつぶしやモザイク(ぼかし)、透過をすることができるんです。パッと手軽に行いたい時には、超絶便利な方法となります。そんなMacのプレビューで、塗りつぶし・モザイク・透過の方法をご紹介します。


目次[非表示]

  1. Macのプレビューで画像編集しよう
  2. Macのプレビューの画像編集の使い方
  3. まとめ

Macのプレビューで画像編集しよう

SNSや仕事で添付する画像を軽く切り抜きしたいと思った時や、一部分だけモザイクを入れたいという時、プレビュー機能が大活躍します。

画像編集しようとしたら、フォトショップやイラストレーターなどのソフトがありますが
、高価ですし軽く使うというよりも、仕事などでがっつり使うという意味合いが強いです。

そこでプレビュー機能であれば、デフォルトで付属されている機能ですし、とっても手軽な操作でしかも無料で使えるのも魅力です。

ウィンドウズで言うところの、ペイントと似ている機能を備えたプレビュー。そんなプレビュー機能でできる、塗りつぶしやモザイク(ぼかし)、背景透過、切り抜きの方法をご紹介します。

Macのプレビューの画像編集の使い方

jpegやPDFに関わらず加工することができます。

ですが、pngに変換しなければならない透過は、PDFの状態だとできません。

またpngの場合には一部の機能が使えないことがあります。

加工前にはうっかり間違えたまま保存しないように、元の画像をコピーしておくのをおすすめします。必ずコピーしておきましょう。

全ての操作に共通する「編集バーの開き方」

プレビューの上部にある薬箱のようなボタンをクリック
まずプレビューを開いたら、編集バーを引き出します。

上部にある薬箱のようなボタンをクリックします。
編集バー
すると、このように編集バーを引き出すことができます。

これで準備は完了です。

jpegなどの画像であっても、PDFであっても透過以外であれば、基本的にはどれも使い方は同じです。画面もほとんど一緒ですので分かりやすいです。

塗りつぶし

塗りつぶしを行いたい画像をプレビューで開き、図形ツール(シェイプ)から、塗りつぶししたい形を選択

塗りつぶしを行いたい画像をプレビューで開き、図形ツール(シェイプ)から、塗りつぶししたい形を選びます。

ここでは長方形を選択しています。

画像の上でクリックしたまま、塗りつぶししたいサイズに合わせてクリックを離します
画像の上でクリックしたまま、塗りつぶししたいサイズに合わせてクリックを離します。

クリックを離した後でも、青い丸をクリックしたまま引っ張ると、サイズを変更できます。
枠内のカラーボタンをクリック
次に、枠内のカラーボタンをクリックします。
塗りつぶしをしたい色をクリック
塗りつぶしをしたい色をクリックします。
好きな色に塗りつぶしができます
このように、好きな色に塗りつぶしができます。

枠の色を変える、消すには

枠の色を変えたい図形を選択した状態で、枠のカラーボタンをクリックし、色を変更
枠の色を変えたい図形を選択した状態で、枠のカラーボタンをクリックし、色を変更させます。

赤の斜線が入っている部分を選択すると、枠が透明となります。

モザイク(ぼかし)

塗りつぶします
上でご紹介した、塗りつぶしと同じステップで、画像のように塗りつぶします。

この時に塗りつぶす色は、モザイク(ぼかし)させたい色を選択しておきます。

塗りつぶしのカラーボタンをクリックして、カラーパネルを表示をクリック
次に再度、塗りつぶしのカラーボタンをクリックして、カラーパネルを表示をクリックします。
不透明度の透明度を高めます
カラーパネルの、不透明度という項目に注目です。

最初は100%となっていますので、この矢印を動かして、透明度を高めます。
不透明度を落とす
このように、矢印を動かすと同時に画面の塗りつぶしの透明度も変わりますので、良い部分で止めます。

画像では、78%まで落としています。これでぼかしは完了です。
モザイク風のぼかし
お好みで、塗りつぶしの項目で紹介した手順と同じように、枠を無くすのもおすすめです。

このように、モザイク風のぼかしをつけることができます。

消しゴムのようにとまでは行きませんが、使い方によっては消しゴムのようにもできます。ぜひ活用してみてください。

透過

背景を透過させたい画像をプレビューで開き、インスタントアルファボタンをクリック
背景を透過させたい画像をプレビューで開き、インスタントアルファボタンをクリックします。
透過させたい部分をクリックしながら動かします
透過させたい部分をクリックしながら動かします。

すると、赤く色が変わっている(選択されている)部分が少しずつ動きます。

透過させたい部分の選択ができたら、クリックを離します。
PNGへの変換のポップアップ
選択したままの状態で、「command+Z」を押します。

すると透過させるために、jpegなどの形式からpngに変換しても良いかどうかのポップアップが出ますので、変換をクリックします。
背景透過画像の出来上がり
変換させると、このように背景を透過できます。
拡大して透過するとキレイに切り抜きできる
地続きになっていない部分は、同じ白色などであっても一気に背景を透過させることができません。

拡大して、一箇所ずつ同じ作業をして透過させることで、キレイに切り抜きできます。

フリーハンドで選択する方法

透過させる場合には、白い部分が多いとやりやすくなります。ですが、少ない場合にはフリーハンドで選択する方法をチェックしてみてください。

選択ツールボタンの投げ縄で選択をクリック
選択ツールボタンの投げ縄で選択をクリックします。
クリックした場所から点線が現れ、ぐるっと人囲みにすると、その部分が選択できるように
するとクリックした場所から点線が現れ、ぐるっと人囲みにすると、その部分が選択できるようになります。

これで白が少ない場合でも、問題なく切り取ることができます。

逆透過

「command+Z」を押した時に、「command+K」を押して、pngへ変換
先ほど、「command+Z」を押した時に、「command+K」を押して、pngへ変換させます。
反転して透過させることができる
すると、先ほどとは逆に反転して透過させることができます。

トリミング

トリミングについては、サイズが指定の切り抜きができたりなど機能が細かくなっています。

ですので、下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひ、こちらも併せてご覧になってみてください。

Macのプレビュー機能で画像をトリミングしよう!【サイズ指定/正方形/フリー】

Macのプレビュー機能を使うと、簡単に画像をトリミングすることができるんです!SNSなどにアップしたい時や仕事でちょっとだけ画像を加工したい時などに大変活躍します。Macのプレビューで画像をトリミングする方法を解説していきます。

Thumb

まとめ

塗りつぶしや切り抜きが手軽にできるのがプレビューです。
 

ウィンドウズのペイントに慣れている方でも、慣れれば楽チンです。

手軽にできるプレビュー機能でjpegなどの画像を簡単に加工してみましょう。ぜひ使い方をマスターして、役立ててみてください。

複数ある画像の一括リサイズの方法は、以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧になってみてください。

Macで画像を一括リサイズする方法!おすすめの圧縮方法もご紹介!

Macで複数の画像をひとつずつリサイズするのは時間がかかります。「同じサイズでリサイズするのであれば一括でできれば効率が良いのに」と感じることがあるでしょう。今回はMacで複数の画像をリサイズする方法をご紹介します。

Thumb