Macで「すべてのアプリケーションの実行を許可」する方法!開発元未確認アプリを開く

Macで「すべてのアプリケーションの実行を許可」する方法!開発元未確認アプリを開く

MacのOS Sierraからダウンロードしたアプリケーションの実行許可の選択肢に「すべてのアプリケーションの実行を許可」の選択肢がデフォルトで非表示となっています。そのため開発元未確認のアプリが開けない状況です。この場合の対処法についてご紹介します。


目次[非表示]

  1. Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない
  2. Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない場合の対処法

Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない

システム環境設定からセキュリティとプライバーシーを開く
これまでのMacのOSであればダウンロードしたアプリケーションに実行許可を与えるには、システム環境設定からセキュリティとプライバーシーを開き、鍵アイコンをクリックして、「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れればどんなアプリでも実行できました。
セキュリティとプライバシーに「すべてのアプリケーションを許可」がない
しかしMac OSのHigh Sierraからセキュリティが強化され、「すべてのアプリケーションを追加」が選択肢になく、変更できない状態です。

つまりMacでダウンロードしたアプリケーションで開発元が不明のアプリについては開けなくなっています。

公式のアプリや開発元がわかっているアプリ以外のアプリ、つまり野良アプリは開けない状態で、かつその実行許可の変更も画面上から一見出来ないように見えます。

一方で公式のソフトではないが、安全とわかっているソフトで、インストールしたいというソフトがあり、そのソフトを起動できずに困っているという方も多いかと思います。

そこで今回はMacでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない場合の対処法についてご紹介します。

Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない場合の対処法

Macでダウンロードした非公式で開発元が未確認のアプリケーションを開くには、Mac OS Sierraでデフォルト非表示となっている「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れます。

これにはターミナルの操作が必要になります。

Lannchpadを開き「その他」の中から「ターミナル」を選択
Lannchpadを開き「その他」の中から「ターミナル」を選択しましょう。

ターミナル上で以下のコマンドを実行します。

sudo spctl --master-disable

パスワードが聞かれた場合は、Macにログイン時のパスワードを入力しましょう。

「sudo spctl --master-disable」の実行画面
その後、何も言われなければコマンドの実行は成功です。
「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」に「すべてのアプリケーションを許可」が追加
再び、セキュリティとプライバシーを開いてみましょう。すると、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」に「すべてのアプリケーションを許可」が追加されています!

「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れて、この状態で必要なソフトを立ち上げましょう。
実行許可の設定をもとの設定に戻す
現状のセキュリティレベルは弱いレベルですので、必要なソフトを立ち上げたら、実行許可の設定をもとの設定に必ず戻しておきましょう。