「Freemake Audio Converter」のインストール方法・使い方・評判を紹介!

「Freemake Audio Converter」のインストール方法・使い方・評判を紹介!

手持ちの音楽ファイルのファイル形式を変更したい場合に手軽に利用できるフリーソフトが「Freemake Audio Converter」です。この記事では、「Freemake Audio Converter」のインストール方法・使い方・評判をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Freemake Audio Converterとは?
  2. Freemake Audio Converterの導入方法
  3. Freemake Audio Converterの使い方
  4. Freemake Audio Converterの評価・評判

Freemake Audio Converterとは?

自分の手持ちの音楽ファイルを、別の形式の音楽ファイルに音声変換したいと思ったことはありませんか?ファイル形式を変換したい場合には音声編集ソフトなどを使って変換するのが通常ですが、操作に慣れていないと変換するのも一苦労ですよね。

そこで便利なのが、Freemake Audio Converterです。Freemake Audio Converterとは、freemake.comの提供する音楽ファイル変換フリーソフトです。MP3変換だけでなく、MP3・WMA・WAV・FLAC・AAC・M4A・OGGに対応しており、他の音楽ファイル編集ソフトと比べて簡単に高音質で音楽ファイルの変換を行うことができますよ。

この記事では、Freemake Audio Converterのインストール方法・使い方・評判についてご紹介していきます。

Freemake Audio Converterの導入方法

Freemake Audio Converterの公式サイトの「無料ダウンロード」ボタンをクリック
それでは、Freemake Audio Converterの導入方法について説明します。まずは下記リンク先の公式サイトにアクセスして「無料ダウンロード」ボタンをクリックしましょう。ダウンロードページに移動して、自動的にインストーラーがダウンロードされますよ。

※「無料ダウンロード」ボタンの下部にバージョン情報と履歴のテキストリンクがありますが、履歴から旧バージョンのFreemake Audio Converterをダウンロードすることはできないので注意しましょう。

MP3変換フリーソフト - WAV MP3 変換 - Freemake Audio Converter - 簡単なオーディオコンバーター
「FreemakeAudioConverterSetup.exe」を起動→言語を選択
ダウンロードした「FreemakeAudioConverterSetup.exe」を起動すると、セットアップに使用する言語の選択ウィンドウが表示されます。「日本語」になっていることを確認したら「OK」をクリックしましょう。
Freemake Audio Converterセットアップウィザード
Freemake Audio Converterセットアップウィザードが起動します。「次へ」をクリックしましょう。
「コンポーネントの選択」で「カスタムインストール」を選択して「次へ」をクリック
「コンポーネントの選択」では、「カスタムインストール」を選択して「次へ」をクリックしましょう。

このときに、「追加ソフトウェアをインストール」画面が表示されることがあります。追加ソフトウェアはウイルスではありませんが、特に目的のソフトウェアではないので「インストールすることに同意」のチェックボックスをオフにして「次へ」をクリックしましょう。

インストール先フォルダを選択する→「次へ」をクリック
続いてインストール先フォルダの選択です。デフォルトのままで問題なければそのまま「次へ」をクリックして進めます。インストール先フォルダを変更したい場合は「参照」をクリックしてインストール先フォルダを選択しましょう。
「Freemake Audio Converter セットアップウィザードの完了」画面
これでインストールが行われます。インストールが完了すると「Freemake Audio Converter セットアップウィザードの完了」画面が表示されるので、「完了」をクリックしてセットアップウィザードを終了しましょう。「Freemake Audio Converterを実行する」チェックボックスがオンにしてあると、そのままFreemake Audio Converterが起動します。

Freemake Audio Converterの使い方

音楽ファイルを変換する

「オーディオ」ボタンをクリック→変換したい音楽ファイルを選択
Freemake Audio Converterの使い方ですが、ウィンドウ左上に表示されている「オーディオ」ボタンをクリックしましょう。ダイアログボックスが表示されるので、変換したい音楽ファイルを選択します。
ウィンドウ上部メニューの「変換する」をクリックして拡張子一覧から変換したいものを選択
音楽ファイルが読み込まれたら、ウィンドウ上部メニューの「変換する」をクリックして拡張子一覧から変換したいものを選択するか、ウィンドウ下部の拡張子ボタンから選択しましょう。

変換できるファイルの種類は、MP3・WMA・WAV・FLAC・AAC・M4A・OGGの7種類です。

出力フォルダを設定して「変換する」ボタンをクリック
拡張子を選択すると出力パラメータウィンドウが表示されます。プリセットでは自動的に最適な品質が選択されるので、出力フォルダを設定して「変換する」ボタンをクリックすることで音楽ファイルを変換することができますよ。
音質を選択する
音質を自分で選択したい場合は、プリセットの部分をクリックすることで用意された音質から選択することができます。もし自分で音質設定を行いたい場合は、「自分のプリセットを追加します...」をクリックすることでプリセットエディタが開き、チャンネル・サンプルレート・ビットレートの設定を行うことができますよ。

3分以上の音楽ファイルを変換したい場合

「ファイルの長さは3分以上です。無制限の変換は、Freemake Infinite Packで利用可能です。」の画面
Freemake Audio Converterで3分以上の長さの音楽ファイルを変換しようとすると「ファイルの長さは3分以上です。無制限の変換は、Freemake Infinite Packで利用可能です。」と表示されます。つまり、有料版を購入しないと3分以上の音楽ファイルは変換することができません。

Freemake Audio Converterの評価・評判

Freemake Audio Converterは海外産のソフトウェアなので評価・評判が気になるユーザーの方もいらっしゃるかと思います。Freemake.comはスタートアップ企業の支援を行う「Microsoft BizSpark」のプログラムメンバーになっており、Microsoft Authenticodeで署名もされているので安全・安心して利用することができますよ。

インターフェースがシンプルでパソコンに詳しくない人でも使いやすいため、音楽ファイルを変換したいけど編集ソフトの操作が難しいという人にもおすすめです。