Windows10のインストールメディアの作成方法!

Windows10のインストールメディアの作成方法!

Windows10では、Microsoftの提供する「メディア作成ツール」で簡単にインストールメディアを作成することができます。OSの不調に備えて作成しておくと便利ですよ。この記事では、Windows10のインストールメディアの作成方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10のインストールメディアの作成方法

Windows10では、Microsoftの提供するメディア作成ツールを使用することで最新のバージョンのWindows10のインストールメディアを作成することができます。再インストールなど様々な用途で使用できるので、インストールメディアを作成しておくと便利ですよ。この記事では、Windows10のインストールメディアの作成方法をご紹介していきます。

Windows10のインストールメディアの作成方法

メディア作成ツールをダウンロード・起動する

インストールメディアを作成するには、Microsoft公式サイトで配布されている「メディア作成ツール」を使用します。下記リンク先の「Windows10のダウンロードページ」にアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてメディア作成ツールをダウンロードしましょう。
Windows 10 のダウンロード

ダウンロードしたメディア作成ツールを起動すると、画像のように準備が行われるのでそのまま待ちます。

「適用される通知とライセンス条項」画面が表示されるので、ウィンドウ右下の「同意する」をクリックしましょう。また「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されるので待機します。
「実行する操作を選んでください」画面が表示されるので、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリックしましょう。
「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面が表示されます。デフォルトで「このPCにおすすめのオプションを使う」が選択されていますが、これらの設定を変更したい場合はクリックしてチェックボックスをオフにすることでプルダウンメニューが選択可能になります。設定が完了したら「次へ」をクリックしましょう。

※クリーンインストール・上書きインストール・修復用途のためにインストールディスクを作成する場合は同じエディションでないと認証しなければならなくなってしまうので、「このPCにおすすめのオプションを使う」のまま操作を進めたほうが無難です。

インストールメディアを選択する

「使用するメディアを選んでください」画面で、作成するインストールメディアを「USBフラッシュドライブ(USBメモリ)」・「ISOファイル(DVD)」の2つから選択します。インストールメディアの容量は5GBを超えるため、USBメモリであれば8GB以上容量があるものを、DVDの場合は2層8.5GBのDVD-DLディスクを用意しましょう。

「USBフラッシュドライブ」を選択する場合は、USBメモリをパソコンに接続した状態で「次へ」をクリックして「USBフラッシュドライブを選んでください」画面で使用するUSBメモリを選択したら「次へ」をクリックしましょう。これでインストールメディアの作成が始まります。「USBフラッシュドライブの準備ができました」画面が表示されたら、USBメモリのインストールメディアの作成は完了です。

「ISOファイル」を選択した場合は「次へ」をクリックするとダイアログボックスが表示されるので、ISOファイルの保存場所を選択します。あとはファイルのダウンロード・メディアの作成が行われるので、完了するまで待ちましょう。完了すると「ISOファイルをDVDにコピーしてください」画面が表示されるので、「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックして起動ディスクを作成しましょう。

あとはDVDにインストールメディアの書き込みが行われ、作業が完了すればDVDのインストールメディアの作成が完了しますよ。