Youtubeの動画の音声を録音する方法!【2017年版】

Youtubeの動画の音声を録音する方法!【2017年版】

Youtubeの動画を録音して、BGM代わりにしたり勉強に使いたいという人は多いと思われます。録音して音声データ化すれば、通信環境がない場所でも音声が聴けるので便利ですよね。この記事では、Youtubeの動画を録音する方法をご紹介しています。


目次

  1. Youtubeの動画の音声を録音したい!
  2. Youtubeの動画の音声を録音する方法
  3. Youtubeの動画の音声を録音する注意点
  4. まとめ

Youtubeの動画の音声を録音したい!

Youtubeには様々な動画がありますが、それらの動画の音声を録音したいと思ったことはありませんか?

例えば、音楽の演奏動画などをBGMとしてよく聴いている人は録音してmp3データに変換したいという人も多いと思います。

ニュースや講義などの音声だけで内容が分かるようなものであれば、録音して後で聞く人もいるでしょう。

他にも英会話の動画を録音して聞き流すことで、リスニング力を高めるという勉強方法もありますね。

録音して音声データにしてしまえば、通信環境のない場所でも手軽にリスニングが行えるのがメリットです。 Youtubeにある英会話動画で勉強をしたいという方は、ぜひ下記リンク先の記事もご覧ください。

ThumbYoutubeで英会話の勉強をしよう!英語学習に役立つ動画をご紹介!

Youtubeの動画の音声を録音する方法

昔はテレビやラジオの音声をテープレコーダーで録音するという文化がありました。今でも講義やインタビューをICレコーダーで録音するといった事がありますね。

ではYoutube動画の音声録音の仕方はどうするのかというと、動画を再生してICレコーダーで録音する…といったアナログな方法ではありません。パソコンでは様々な録音用のアプリケーションがありますので、今回は録音用のフリーソフトやアプリをご紹介します。

Apowersoft音声録音フリーツール

Apowersoft音声録音フリーツールー無料で音声録音ツール、ツールダウンロード不要、パソコン音声でもマイクでも聞きながら録音できます。

香港のAPOWERSOFT株式会社が提供している、シンプルな音声録音用フリーソフトです。

パソコンのデスクトップ上で鳴っている音やマイクから入力されている音声を録音することができ、またデスクトップ上の音声とマイク音声を同時に録音することもできます。 また、タイマー・スケジュール録音機能があるためYoutubeの動画を録音するのに便利です。

保存形式はWAV・MP3・WMA・AAC・OGGに対応しており、ID3タグも編集できます。シンプルながら必要な機能がまとまっています。また起動アプリをインストールすればブラウザのみでの使用もできるなど、おすすめのソフトです。

Craving Explorer

フリーソフトの動画ダウンローダー|ダウンロードページ|無料YouTube動画ダウンロードCraving Explorer

音楽の演奏動画など、動画をまるごと録音したい場合はこのCraving Explorerがおすすめです。

ツール上からYoutube・ニコニコ動画・Dailymotionの動画を検索し、録音したい動画をWAV・MP3・FLAC形式で音声変換して保存することができます。

データでの録音は音声の保存形式で大きく音質が変わるものなのですが、保存形式に「FLAC」があるのがこのソフトのすごい所です。

MP3はデータを圧縮するので音質が最大で320kbps・WAVはデータ圧縮しないので音質が良い代わりにデータサイズが膨大なのですが、FLACはデータ圧縮しながらも音質を損なわないという性質で、流行のハイレゾ音源の主流形式になっています。音質に拘って保存したい場合はこのソフトがおすすめです。

Moo0

Moo0 ボイス録音器 (フリーソフト) - 音声やPC音を簡単に録音

Moo0は上で紹介した2つのソフトよりもシンプルに機能がまとまっています。

使い方は簡単で、インストールして起動したら録音ボタンを押すだけでデスクトップ上の音声・マイクからの入力音声を録音することができます。

無音部分のカット機能も搭載しているので、動画の合間などの無駄な部分をばっさりカットしてくれます。 保存形式はMP3・WAVの2つです。

♪超録 - パソコン長時間録音機

[♪超録 - パソコン長時間録音機] 公式サイト

♪超録はフリーソフト版と有料版の2つのバージョンがある、高機能の録音用ソフトです。

フリーソフト版では1回の録音トラック数が8つまで・連続録音時間が90分までという制約がありますが、Youtubeでの録音が主な用途なら問題なく使えるでしょう。

デスクトップ上の音声・マイクからの入力音声に対応していて、保存形式はWAV・WMA・OGG・MP3に対応しています。トラック音楽ファイルの分割機能やID3タグの編集・スケジュール録音やタイマー録音も搭載しているのでフリーでも十分にこだわった録音が可能です。

Youtubeの動画の音声を録音する注意点

Youtubeの動画を録音するときに注意しなければいけないのが、著作権についてです。

Youtubeには時々違法に動画がアップロードされていることがあり、本来ならば有料の楽曲を無料で聴けてしまうといったことがあります。

こういった動画を録音してしまうと違法行為となってしまいますので、絶対に行わないようにしましょう。

Youtubeの動画の著作権について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事を参考にしてみてください。

ThumbYoutubeで音楽・曲・bgmの著作権について解説!

まとめ

Youtubeの動画の音声を録音する方法について、いかがでしたでしょうか。

動画を録音してデータ形式にすれば、BGMとして聴く時に通信環境がなくても聴けますし、英会話の勉強もどこでも行えるようになるので便利ですね。

録音するためのフリーソフトは豊富にあるので、自分に合うものを選んでみましょう。 ただし、違法にアップロードされた動画などを録音すると違法行為となってしまうため、絶対に録音しないようにしましょう。著作権に気をつけて、Youtubeでの録音を楽しみましょう。


関連記事