Windows10のXbox Game Barで画面を録画する方法!無効にしたい時はどうする?

Windows10のXbox Game Barで画面を録画する方法!無効にしたい時はどうする?

Windows10にはXbox Game Barというキャプチャー機能が標準搭載されています。この機能を使うことで外部のキャプチャーソフトを使うとなく動画を撮影することができます。今回はXbox Game Barを使って動画を撮影する方法を紹介します。


目次[非表示]

  1. Xbox Game Barとは?
  2. Xbox Game Barの使い方
  3. Xbox Game Barを無効にする方法

Xbox Game Barとは?

Windows10にはXbox Game Barというソフトウェアがプリインストールされています。

Xbox Game Barとは、ゲームなどのウィンドウを録画・スクリーンショットの撮影などができる機能であり、別途ビデオキャプチャーソフトを用意しなくても動画キャプチャーすることができます。

Xbox Game Barの使い方

Xbox Game BarはWindows10のスタートアッププログラムに組み込まれているため、使用する都度起動する必要はありません。

さっそくXbox Game Barの使い方を見てみましょう。

動画をキャプチャーする

動画キャプチャーをしたい場合、まずキャプチャーしたいと思うウィンドウをクリックしてアクティブ化しておきます。

次に[Win]+[Alt]+[R]キーを押してください

キャプチャツールバー
しばらく経つとこのようなキャプチャツールバーが表示されます。

このツールバーが表示されている間はキャプチャされ続け、ツールバーの[■]もしくはもう一度[Win]+[Alt]+[R]を押せばキャプチャが終了して保存されます。

ビデオライブラリの[キャプチャ]フォルダ
キャプチャファイル保存先ですが、ビデオライブラリの[キャプチャ]フォルダに保存されるようになっています。

Xbox Game Barは無料なので、動画録画ソフトを購入しようか考えていた方はXbox Game Barを使えばわざわざソフトウェアを購入する必要もなくなるでしょう。

 

ハードウェア要件を満たしていないことを示すメッセージ
パソコンによっては必要なハードウェア要件を満たしていないことを示すメッセージが表示されることがあります。

この場合はXbox Game Barで動画キャプチャすることができないので注意してください。静止画キャプチャは可能です。

直近30秒の録画データを保存する

Xbox Game Barには直近30秒の録画データを保存する機能が用意されています。

これは直近30秒の録画データの保存機能を有効化しておくだけで使用できる機能で、肝心な時に録画をしていなかったというときにとても役立ちます。

まずは直近30秒の録画データを保存する機能が有効化されているかどうか確認するために[Win]+[Alt]+[G]キーを押してみてください。

「ゲーム機能は利用できません」の画面
「ゲーム機能は利用できません」と表示された場合は、その下のチェックボックスにチェックを入れてください。これで30秒録画が使えるようになります。

30秒録画が有効化されている場合は、好きなタイミングで[Win]+[Alt]+[G]を押せばアクティブウィンドウの直近30秒分が動画として保存されます。

静止画をキャプチャーする

静止画キャプチャーしたい場合は、[Win]+[Alt]+[PrtSc]キーを押します。

キャプチャーされるのは現在アクティブになっているウィンドウであり、キャプチャーごとに範囲選択できるわけではありません。

ビデオライブラリの[キャプチャ]フォルダ
キャプチャーした静止画のファイルはビデオライブラリの[キャプチャ]フォルダに保存されます。

ピクチャライブラリではないので間違えないようにしてください。

Xbox Game Barを無効にする方法

Xbox Game Barが完全に不要という場合は無効化することも可能です。

ゲームを起動するたびに「ゲームバーを開きますか」と表示されたり、勝手に起動されて鬱陶しいと感じる場合は完全に無効化してしまいましょう。

まずは[Win]+[G]を押してXbox Game Barの管理画面を開きます。

Xbox Game Barを開いたら歯車アイコンをクリック
Xbox Game Barを開いたら歯車アイコンをクリックしてください。
[Windows の設定でその他の設定を編集します]をクリック
表示された設定画面で[Windows の設定でその他の設定を編集します]をクリックします。
「ゲームクリップの録画、フレンドとのチャット、ゲームへの招待の...」の項目をオフにする
一番上にある「ゲームクリップの録画、フレンドとのチャット、ゲームへの招待の...」の項目をオフにしてください。

オフにした後、[Win]+[G]キーを押してXbox Game Barを開けるか試してみてください。

[Win]+[G]キーを押しても何も反応がない場合はXbox Game Barが無効化されています。
プロセスからgamebar.exeを無効化するよりも簡単なので、他のソフトウェアのショートカットキーと競合してしまう場合など、Xbox Game Barが邪魔に感じる場合は今紹介した手順で無効化しておくといいでしょう。