もしかして乗っ取り・不正アクセス?Twitterのログイン履歴を確認しよう!

もしかして乗っ取り・不正アクセス?Twitterのログイン履歴を確認しよう!

Twitterを使っていて「乗っ取り」や「不正アクセス」が疑われる方はログイン履歴を確認しましょう。ログインしているのは自分だけのはずなのにアメリカなど海外からアクセス履歴が残っている場合は危険です。


目次[非表示]

  1. Twitterでの乗っ取りや不正アクセス
  2. Twitterのログイン履歴を確認しよう!
  3. まとめ

Twitterでの乗っ取りや不正アクセス

Twitterを含めLINEなどSNSでは「乗っ取り」や「不正アクセス」というセキュリティ上の問題は日々発生し続けています。 乗っ取りや不正アクセスの被害に合うと、Twitterを自由に操作されかねませんので ・DMを勝手に送られる ・意味不明なツイートをしてしまう などなど、迷惑な被害に合う可能性があります。

やっかいなのは乗っ取り・不正アクセスに気づかないケース

すぐに乗っ取りや不正アクセスに気づければ対処ができますが、やっかいなので「気づかないで時間が経つ」ケースです。 知らない間にDMなどを監視し続けられたり、あるときに急にスパムツイートをしていたりなど、すぐに気づかない場合もかなりやっかいです。

Twitterのログイン履歴を確認しよう!

不正アクセスや乗っ取りが疑われたらすぐにTwitterのログイン履歴を確認しましょう!(疑われなくても一度は確認しましょう)

ログイン履歴の確認の仕方

ログイン履歴はPCから確認しましょう。まずはTwitterの自分のアイコンをクリックします。

アイコンをクリックするとメニューの一覧が表示されますので、その中の「設定とプライバシー」を選択しましょう。

設定とプライバシーのページには更に細かなメニューが表示されますので、その中の「Twitterデータ」をクリックします。またこのメニューの中の「アプリ連携」からは連携しているアプリの連携解除ができますので乗っ取りや不正アクセスの予防に不必要なアプリは連携を解除しておくといいかと思います。

ここから先はかなりプライベートな個人情報が表示されますので、パスワードの確認があります。自身のパスワードを入れて先に進みましょう!

Twitterデータのページでは「ログイン履歴」「位置情報」などかなりプライベートな内容が表示されます。この中で今回はログイン履歴を確認しましょう。 ログイン履歴は全て表示されるわけではなく過去50件分のログイン履歴が表示されます。「過去50件のログインを表示します。」というリンクをクリックしましょう。

するとログインしたアプリや日時、IPアドレスと位置情報(国)が表示されます。 この中で自分の知らないアプリや全く関係ないIPアドレス・国の名前がある方は要注意です。位置がアメリカ(United States)など海外の国であったり、知らないアプリがある場合はすぐに連携アプリの解除やパスワードを変更をするなど対策を取りましょう。

Twitterのパスワード変更方法(PC/スマホ)まとめ!

Twitterのパスワード変更方法(PC/スマホ)についてまとめます。PCでのパスワード変更方法やスマホ(iPhone/Android)のアプリでのパスワードの変え方をご紹介していきます。パスワードを変更する方法を把握して、定期的にパスワードを変更しましょう!

Thumb

まとめ

Twitterのログイン履歴を確認する方法をご紹介してきました。TwitterをPCから利用している人であればすぐに確認することができます。 不正アクセスや乗っ取りが疑われる人は少しの手間で確認できますので、すぐにログイン履歴を確認しましょう。不審な履歴がある場合はすぐに対策をとるようにして健全な状態になるようにしていきましょう!

また普段から連携アプリの管理やパスワード変更は乗っ取りや不正アクセスの予防には重要ですので下記の記事を参考に実践するのがおすすめです。

Twitterで勝手にリツイートされる危険性も!?乗っ取りやスパムへの対策をしよう!

Twitterを乗っ取られない為の、スパム行為への対策を紹介します!Twitterは、スパムを踏んでしまう事で、アカウントの乗っ取り被害に遭う可能性もあります。それを防ぐための対策を紹介していますので、よろしければ参考にして見ましょう!

Thumb

関連記事