TwitterなどSNSのユーザー名・アカウント名の命名のコツ!

TwitterなどSNSのユーザー名・アカウント名の命名のコツ!

TwitterなどSNSの登録時のユーザー名・アカウント名の命名で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。一度決めたら変えられないものもありますし、システム的に他のユーザーと名前が被ると登録できないものもあります。命名のコツをご紹介します。


目次

  1. Twitterや他のSNSでのアカウント名
  2. ユーザー名・アカウント名の命名のコツ
  3. 命名時に考慮すること

Twitterや他のSNSでのアカウント名

Twitterや他のSNSでも「ユーザー名」「アカウント名」は大抵登録する際に決めることになります。 ユーザー名など被りが発生しても許される場合はいつも自分が決めているユーザー名を使えばいいですが、SNSによっては他のユーザーのユーザー名と被るとNGとなる場合があります。 そうなると ・他のユーザー名にするか・・ ・数字をつけるか・・ ・etc・・・・ と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回はユーザー名、アカウント名の付け方のコツをご紹介していきます。ユーザー名が決まらなくて悩んでいる方必見です!

ユーザー名・アカウント名の命名のコツ

アルファベット

自分の名前が「太郎」であれば「taro」とつけるのはユーザー名の王道ですよね。taroだとさすがに被りが出そうなので、名字をつけてみましょう。名字がyamadaであれば「taroyamada」「yamadataro」とすることで被る確率が低くなります。

数字を混ぜてみる

王道のパターンは誕生日や自分がよく使う数字をまぜてユーザー名とするパターンです。 「taro0805」など誕生日をつけるパターンや「taro2017」など適当に数字をつけるパターンでも被る確率は減ります。

記号を入れる

「-(ハイフン)」や「_(アンダーバー)」など記号を入れることで被る確率が減ります。「taro_yamada」「taroyamada-0805」など記号を入れることでよりユニークになっていきます。 ただしSNSによっては特定の記号の入力が許可されていない場合がありますので、登録時に記号を入力してみてエラーが表示されたら別の記号でチャレンジしてみましょう!

好きな言葉を混ぜる

自分の好きな単語や数字をまぜるのも有効です。「happy!」など英単語をまぜてもいいですし、「777」など演技のいい番号を混ぜるのも有効です。

好きなキャラクターや有名人の名前に似せる

そっくりそのままの名前だとまずいですが、漫画・アニメのキャラクターや有名人の名前の一部の文字を入れてみるのも有効です。

命名時に考慮すること

探されやすい名前にしているか

もしも友だちなどに自分を探して欲しい場合はわかりやすい名前の方がベターです。あまりに適当にユーザー名をつけると探しにくいですし、検索したときに本当に本人かどうか悩んでしまいます。 一方で他の人に探されたくない場合は出鱈目な文字列にするのは効果的です。このあたりは使い分けましょう!

不謹慎なワードや他人を誹謗中傷するようなワードが入っていないか

もちろん言葉には意味がありますが、マイナスの意味のワードで、他人を誹謗中傷するようなワードや不謹慎なワードというのは避けましょう。見る方も不快になる可能性がありますし、避けたほうが無難です。


関連記事