Windows10でIMEパッドが表示されない時の対処法!

Windows10でIMEパッドが表示されない時の対処法!

Windows10を使っていて言語バーが表示されないために、IMEパッドを起動することができないという症状が現れることがあります。この記事では、Windows10でIMEパッドが表示されない時の2つの対処法を紹介します。


目次[非表示]

  1. Windows10でIMEパッドが表示されない
  2. Windows10でIMEパッドが表示されない時の対処法

Windows10でIMEパッドが表示されない

メモ帳やワードに文章を入力している時、IMEパッドで漢字を入力したいのにIMEパッドが表示されず、困ったことはありませんか?

IMEパッド
IMEパッドとは、画像のように手書きで入力できる機能です。読み方が分からない漢字を入力する時などに活躍する便利な機能です。

中にはIMEパッド=言語バーと思っていたユーザーの方もいらっしゃると思いますが言語バーとは、下にある『あ』やアイコンの事をいいます。

言語バーにある『あ』や『A』を右クリック
IMEパッドを表示させる方法は、言語バーにある『あ』や『A』を右クリックしてください。
『IMEパッド』をクリック
するとメニューが表示されるので『IMEパッド』をクリックします。するとIMEパッドが表示されます。

このようにIMEパッドは簡単に使うことができますが、IMEパッドを使うには言語バーが表示されていることが前提にあります。しかし時に言語バーが消えた、出ないという問題が原因でIMEパッドが使えない・・・ということがあります。

どうして言語バーが消えるの?原因がわからないから、対処法が分からない・・・というユーザーの方のために下記で言語バーを表示させる方法を解説します。

Windows10でIMEパッドが表示されない時の対処法

Windows10でIMEパッドが表示されない時に、IMEパッドを表示させるために必要な言語バーを表示させる方法を解説します。

1.表示設定を変更する

まずは設定画面から言語バーの設定を確認してください。言語バーは設定画面で表示、非表示を選択することができます。この設定がちゃんと表示設定になっているか下記の手順で設定してください。

Windowsマークのスタートボタンをクリック
まずWindowsマークのスタートボタンをクリックします。
『設定』をクリック
メニューが表示されたら『設定』をクリックします。
『デバイス』をクリック
『設定』が開いたら『デバイス』をクリックします。
メニューの『入力』をクリック
『デバイス』が開いたら右のメニューの『入力』をクリックします。
『その他のキーボード設定』の『キーボードの詳細設定』をクリック
『入力』の画面が右に表示されたら『その他のキーボード設定』の『キーボードの詳細設定』をクリックします。
『使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する』にチェックを入れ『言語バーのオプション』をクリック
『キーボードの詳細設定』が開いたら『使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する』にチェックを入れ『言語バーのオプション』をクリックします。
『言語バーのオプション』が開いたら上のタブの『言語バー』をクリック
『言語バーのオプション』が開いたら上のタブの『言語バー』をクリックし
 
  • デスクトップ上でフロート表示する
  • タスクバーに固定する

のどちらかを選択してください。
『OK』をクリック
選択したら下の『OK』をクリックしてください。これで言語バーが表示されます。表示されているか確認してください。

2.TextServicesFramework monitorを実行する

言語バーの設定を確認しても表示されない・・・という場合はTextServicesFramework monitorを有効にしてください。TextServicesFramework monitorを有効にする手順は下記の通りです。

Windowsマークのスタートボタンをクリック
まずWindowsマークのスタートボタンをクリックします。
『Windowsシステムツール』をクリック
メニューが表示されたら『Windowsシステムツール』をクリックします。
『コントロールパネル』をクリック
『Windowsシステムツール』が開いたら『コントロールパネル』をクリックします。
『システムとセキュリティ』をクリック
『コントロールパネル』が開いたら『システムとセキュリティ』をクリックします。
『タスクのスケジュール』をクリック
『システムとセキュリティ』が開いたら『タスクのスケジュール』をクリックします。
『表示』をクリック
『タスクのスケジュール』が開いたら上の『表示』をクリックします。
『非表示になっているタスクを表示』をクリック
『表示』が開いたら『非表示になっているタスクを表示』をクリックしチェックをいれます。
『タスクスケジューラライブラリ』をダブルクリック
『タスクスケジューラライブラリ』をダブルクリックします。
『Microsoft』をダブルクリック
次に『Microsoft』をダブルクリックします。
『Windows』をダブルクリック
次に『Windows』をダブルクリックします。
『TextServicesFramework』をクリック
次に『TextServicesFramework』をクリックしてください。
『MsCtfMonitor』の『状態』を確認

右のメニューの『MsCtfMonitor』の『状態』を確認していただき『状態』が『実行中』以外の場合右クリックしてください。

メニューが表示されたら『実行する』をクリックしてください。

これでTextServicesFramework monitorの実行ができました。言語バーが表示されたか確認してください。