『TuneFab Apple Music変換』を使ってApple Musicの曲を簡単に変換する方法!

『TuneFab Apple Music変換』を使ってApple Musicの曲を簡単に変換する方法!

Apple Musicの音楽を他のデバイスで聴きたいと思った方におすすめは『TuneFab Apple Music変換』です。『TuneFab Apple Music変換』なら様々なデバイスでApple Musicの曲を高音質で聞くことができますよ。


目次[非表示]

  1. Apple Musicを解約すると曲が聞けなくなる
  2. 『TuneFab Apple Music変換』とは
  3. 体験版と有料版の違いは?
  4. TuneFab Apple Music変換の使い方
  5. まとめ

Apple Musicを解約すると曲が聞けなくなる

iPhoneやiPadユーザーを中心にApple Musicから音楽を購入しているユーザーの方は多いと思います。Apple Musicにはたくさんの曲があり、お気に入りの曲をすぐにダウンロードし聞くことができるのでとても便利です。

しかし一方で、Apple Musicを解約するとMy Musicに追加した曲が聴けなくなることをご存じでしたか?

Apple Musicを解約しても音楽を聴きたい・・・と思っていたユーザーの方もいらっしゃると思います。

そんなユーザーの方におすすめなのが『TuneFab Apple Music変換』です。『TuneFab Apple Music変換』を使えばMP3やflacなどのファイル形式に高音質のまま変換することができます。

たくさんMy Musicに曲を追加しているので変換が大変そう・・・と思うユーザーの方もいらっしゃると思いますが『TuneFab Apple Music変換』なら一括(一括変換)でできます。

『TuneFab Apple Music変換』ってどうやって使うの?MP3やflacに変換したい!というユーザーの為に今回は『TuneFab Apple Music変換』を使って音楽を簡単に変換する方法を紹介します。

『TuneFab Apple Music変換』とは

『TuneFab Apple Music変換』はApple Musicの曲をMP3やflacなどのファイルに変換することができるので、Apple Musicを解約した後もそのファイルを使い様々なデバイスでApple Musicの音楽を楽しむことができます。出力形式もMP3やflacの他にM4A、AC3、AAC、AIFF、AU、WAVなどに対応しています。

気になるのが音質ですが『TuneFab Apple Music変換』はオリジナルの高音質で保存できます。保存した曲を聞いてみると音質が悪かった・・・とガッカリする心配はありません。

また『TuneFab Apple Music変換』は最大10xの超高速で音楽を変換ができるのが特徴です。Apple Musicにたくさんの曲があり、すべてを変換させようと思ったら低速度ではストレスになります。

『TuneFab Apple Music変換』ならMacでは最大5x、Windowsでは最大10xの超高速で変換できるのでストレスがなく、スムーズに変換できます。Apple Musicにたくさんの曲があるユーザーはぜひ『TuneFab Apple Music変換』を使い一括(一括変換)で高音質の音楽に変換して他のデバイスやオフラインでもApple Musicの曲を楽しんでください。

体験版と有料版の違いは?

『TuneFab Apple Music変換』には無料で利用できる体験版と有料版があります。体験版と有料版の違いは体験版では1曲につき3分までしか変換できないという違いです。

『TuneFab Apple Music変換』って使いやすいのかな?本当に高音質なのか聴いてみたい!というユーザーの方は購入前に体験版を使ってみてください。

有料版の価格もとてもリーズナブルな価格です。

1PC 月間サブスクリプション 1,480円(税抜き)
1PC 永久ライセンス 4,980円(税抜き)

Windows版もMac版も同じ価格です。無料サポートサービスも付いているので、分からないことがあれば気軽に聞けるので安心して利用することができます。

TuneFab Apple Music変換の使い方

『TuneFab Apple Music変換』の使い方について解説します。

1.iTunesをインストールする

『TuneFab Apple Music変換』を起動させると自動でiTunesも起動します。その為、パソコンにiTunesをまだインストールしていないユーザーの方はiTunesをインストールし、サインインをする必要があります。


まず下記のリンクからiTunesをインストールしてください。

iTunes
『アカウント』をクリック
iTunesをインストールしたら上のメニューの『アカウント』をクリックします。
『サインイン』をクリック
メニューが表示されたら『サインイン』をクリックします。
Apple IDとパスワードを入力し『サインイン』をクリック
『iTunes Storeにサインイン』が開いたらApple IDとパスワードを入力して下の『サインイン』をクリックしてください。これでiTunesの準備ができました。

2.TuneFab Apple Music変換をインストールする

次に『TuneFab Apple Music変換』をインストールします。

下記のリンクから『TuneFab Apple Music変換』の公式サイトを開いてください。

TuneFab Apple Music変換
「無料体験」をクリック
『TuneFab Apple Music変換』の公式サイトが開いたら、Windows版の無料体験かMac版の無料体験をクリックしてインストールしてください。

今回はWindows版をインストールします。

『TuneFab Apple Music変換』を起動させてください。

『日本語』に設定し『OK』をクリック
言語を設定する画面が開くので『日本語』に設定し『OK』をクリックします。
『同意する』をクリック
『ライセンス契約書』が表示されるので『同意する』をクリックします。
『インストール先フォルダ』を確認し『インストール』をクリック
『インストール先を選んでください。』が開いたら『インストール先フォルダ』を確認し『インストール』をクリックします。
インストール画面
インストールが終わるのを待ちましょう。
『完了』をクリック
『TuneFab Apple Music Converter セットアップウィザードは完了しました。』というメッセージが表示されたら『完了』をクリックしてください。

有料版の『TuneFab Apple Music変換』を使うユーザーの方は『完了』をクリックした後表示される画面に『メールアドレス』と『登録コード』を入力してください。

3.出力設定をする

『出力設定』画面
『TuneFab Apple Music変換』のインストールが終わったら『出力設定』をします。

出力形式

まずは『出力形式』です。『出力形式』は保存する時にどの形式で保存するか設定できます。設定できる形式は下記の通りです。
 

  • MP3
  • M4A
  • AC3
  • AAC
  • AIFF
  • AU
  • FLAC
  • WAV

どの保存形式がデバイスに対応しているか確認して『出力形式』を選択してください。

出力品質

『出力品質』は『最高品質』『通常品質』『低品質』の中から選択でます。サンプルレート、ビットレートは下記の通りです。

  サンプルレート ビットレート
最高品質 48000Hz 320kbps
通常品質 44100Hz 128kbps
低品質 22050Hz 128kbps

4.Apple Musicの音楽を変換してファイルに保存する方法

Apple Musicの音楽を変換してファイルに保存する方法を解説します。

iTunes内に変換したい曲があることを確認します。

変換したい音楽を探し左側のチェックボックスにチェックを入れる
次に『TuneFab Apple Music変換』の画面の『ライブラリ』または『ミュージック』から変換したい音楽を探し左側のチェックボックスにチェックを入れます。
『ファイル名』の横にあるチェックボックスにチェックを入れる

一括(一括変換)でしたいというユーザーの方は『ファイル名』の横にあるチェックボックスにチェックを入れてください。すると全ての曲のチェックボックスにチェックが入り一括で変換できます。

『ファイル名』の横にあるチェックボックスにチェックを入れる
『出力設定』を確認し、問題なければ右下の『変換』をクリックします。これで変換が始まります。
『ファイルを開く』をクリック
変換が終わると『変換完了』に表示されています。

ファイルを開きたいユーザーの方は右側の『ファイルを開く』をクリックしてファイルを確認してください。

まとめ

『TuneFab Apple Music変換』いかがでしたでしょうか?
無料版で高音質に満足いただいた方はぜひ、有料版を導入してみてくださいね。

TuneFab Apple Music変換

キーワード一覧