Youtubeにアップロードする動画の画面サイズはどうすればいい?

Youtubeにアップロードする動画の画面サイズはどうすればいい?

Youtubeにアップロードする動画の画面サイズ、どのくらいの大きさが適正なのか悩んだことはありませんか?ご安心ください。Youtubeでは推奨される動画の画面サイズがあります。この記事では、それらのガイドラインやサイズによる違いについてご紹介しています。


目次

  1. Youtubeにアップロードする動画の画面サイズ
  2. Youtubeでの画面サイズによる動画の表示のされ方の違い

Youtubeにアップロードする動画の画面サイズ

Youtubeに動画をアップロードする際の画面サイズについて、どのぐらいの画面サイズが適正なのか知っていますか?

Youtubeにアップロード場合に推奨される解像度(画面サイズ)のガイドラインがあるので、今回はそれをご紹介します。

youtubeが推奨する動画の画面サイズ一覧

Youtubeで推奨されている画像サイズは以下の通りになっています。

・2160p: 3840x2160
・1440p: 2560x1440
・1080p: 1920x1080
・720p: 1280x720
・480p: 854x480
・360p: 640x360
・240p: 426x240

これらの画面サイズでエンコードして、動画をアップロードすればYoutubeのプレーヤーに丁度よく収まります。

ちなみに、画面サイズが大きい動画はビットレート・ファイルサイズが大きくなり、再生するだけでもパソコンのスペックが求められるようになります。

最大サイズの2160pは流行の4K画質なので、型落ちしたパソコンでの再生は厳しくなりますね。

画面サイズの小さい動画はビットレート・ファイルサイズが小さくなり、再生に関してもパソコンのスペックはそこまで求められません。しかし240pや360pぐらいのサイズだとかなり小さい動画になってしまうので注意が必要です。 2017年現在では、動画の画面サイズは720pが主流になっています。

Youtubeでの画面サイズによる動画の表示のされ方の違い

Youtubeの動画プレーヤーはアスペクト比が16:9となっており、動画のアスペクト比が16:9以外のものをアップロードした場合は、動画の左右・もしくは上下に黒い帯が表示されて調整されます。

こちらはアスペクト比が4:3の動画です。これをYoutubeにアップロードすると…

このように、左右に黒い帯が追加されて大きさが調整されます。動画がプレーヤーのサイズに合わせて引き伸ばされるといったことはないのでご安心ください。

ただし、4:3の動画の上下に黒い帯を追加してアップロードしてもYoutubeのプレーヤーは自動で左右に黒い帯を追加するため、動画を再生すると黒い帯に囲まれたように表示されてしまいますので注意しましょう。


関連記事