Macで写真をスライドショーで見たい!プレビュー機能&アプリを使ったやり方!

Macで写真をスライドショーで見たい!プレビュー機能&アプリを使ったやり方!

Macで写真をスライドショーで写真を連続再生する方法をご紹介します。jpg/png/gifなどの画像を順番にスライドショーで再生するととてもおしゃれに見えます。Macでは簡単にスライドショーが実現できますので、ぜひやり方を覚えておきましょう。


目次

  1. Macで写真をスライドショーで流す
  2. Macで写真をスライドショーで流すを方法
  3. アプリを使って本格的なスライドショーを作成する
  4. まとめ

Macで写真をスライドショーで流す

みなさんはMacのスライドショーの機能を使って写真をフォトフレームのようにスライドショーで流す事ができることを知っていますか?

ちょっとしたフォトフレーム代わりに写真をMacのパソコンの画面で楽しむことができます。もちろん連続再生やランダムにスライドショーにしたりなど飽きさせない工夫もすることができます。

今回はMacで写真をスライドショーで流す方法をご紹介します。

Macで写真をスライドショーで流すを方法

まずはスライドショーで流す画像の選定を行いましょう。

Finderで一つのフォルダに写真をまとめておくと扱いやすいです。今回は3枚のjpg画像をスライドショーで流すことにします。

画像はもちろんjpg以外のgif、pngなどでもスライドショーとして順番に流すことができます。

プレビュー

画像をプレビューで表示しましょう。複数の画像ファイルを選択した状態で開くと自動的にプレビューが立ち上がるかと思います。

表示メニュー

メニューの[表示]を開くとスライドショーのメニューが出てきます。

こちらを選択しましょう。ショートカットキーでは「Command + Shift + F」です。

スライドショー

スライドショーが立ち上がります。自動的にスライドショーは流れますが、画面中央下のメニューから

  • 一時停止
  • 次/前の画像の呼び出し
  • スライドショーの終了
などが行なえます。

これだけでも自分のお気に入りの画像をPCでフォトフレームのように連続再生で流すことができます。
※ループで再生されませんので、ご注意下さい。

アプリを使って本格的なスライドショーを作成する

Photo to Video - Aniroket

次にMacのプレビューからではなく、アプリを使ってプレビュー動画を作成してみましょう。

とても簡単にビデオ化できますので、こちらもおすすめの方法です。AppStoreを開きPhoto to Video - Aniroketをインストールしましょう
※スライドショーで検索すると出て来るはずです。

写真の追加

使い方はとてもシンプルで説明もあります。まずは写真の追加をしましょう。「Add Images」を選択して、スライドショーに追加したい写真を選択します。

さらにAdd text Slideをクリックすることで、テキストのスライドを用意することができます。

画面下のAdd Audioからは音楽も追加できますので、スライドショーの雰囲気にあわせた音楽を選択しましょう。

アニメーションの選択

次に写真の切り替えなどのアニメーションオン選択を行えます。

  • Smooth
  • Carousel
  • Flying
  • Flow
  • Fade in Fade out
  • Roller
  • Pan and Zoom
  • Parallax
などを選択できます。

名前を見てもアニメーションがよくわからないという方はカーソルをあわせることで「プレビュー」のメニューが表示されます。

そちらをクリックすることでアニメーションのプレビューを見ることができますので、参考にしましょう。

カスタム背景画像

スライドショーの背景画像を選択することができます。こちらも好みで自分の好きな画像や色を選択しましょう。

動画の準備完了

以上で動画の準備が完了です。「ビデオを再生」をクリックしましょう。

動画の再生

このようにスライドショーが動画ファイル化され、動画として再生することができます。

動画ですので、もちろん他の方にシェアすることも可能です。

課金をすることで透かしが外せますので、必要な方は課金をしましょう。

まとめ

Macのデフォルトの機能でもスライドショーを実現させることができます。更に加工したい場合やシェアをしたい(動画ファイルにしたい)場合に、アプリという選択をするといいかと思います。

せっかくとった写真ですので、Macでおしゃれにスライドショーを使って眺めましょう!


関連記事