【Twitter】「このアカウントは一時的に制限されています」の原因と対処法をご紹介!

【Twitter】「このアカウントは一時的に制限されています」の原因と対処法をご紹介!

Twitterの『このアカウントは一時的に制限されています』の原因と対処法をご紹介しています。Twitterを利用していて、『このアカウントは一時的に制限されています』と表示されて制限されると困りますよね。解除方法もご紹介していますので、参考にしてください!


目次[非表示]

  1. 「このアカウントは一時的に制限されています」には2種類ある
  2. 「このアカウントは一時的に制限されています」を解除する方法

「このアカウントは一時的に制限されています」には2種類ある

世界中のたくさんの人が利用しているSNSである『Twitter』。
見るのも発信するのも楽しいので、つい長い時間見てしまいますよね。しかし、Twitterを利用していたら、突然『このアカウントは一時的に制限されています』と表示され、ロックされてしまったことやそのようなアカウントを見かけたことってありませんか?

急に操作ができなくなってしまうので、凍結されたのかもしれない…困ってしまいますよね。
実際にこの一時的なアクセス制限は凍結とはまた別のものになるのですが、これって一体なにが原因なのでしょうか。

「不審な操作」が原因

まず1つ目は『不審な操作』という原因です。
これは、Twitterでできる操作の中でも、

  • フォロー
  • ツイート
  • リツイート(引用リツイート)
  • いいね
  • ブロック
などを短期間で過剰にしてしまった場合に、Twitter側に不審な行為・不審な操作だと思われてしまい、一時的にロックをかけられて機能を制限されてしまいます。

これが原因の場合には、『不審な行為が確認されているアカウントです。表示してもよろしいですか?』という表示がされます。

「Twitterルールに違反」が原因

Twitterのルールとポリシー
Twitterには、実はいろいろなルールが設定されています。
具体的にはなりすましや著作権などはわかりますが、どんなルールがあるかはなかなか会開くしていませんよね。ルールは、ヘルプセンターより確認することができますので、ぜひ目を通してみてください!
そのルール違反をした可能性があると判断された場合にも、一時的な利用制限がかけられます。

この場合には、Twitterを利用すること自体はできるのですが、フォロワーにDM(ダイレクトメッセージ)を送るということしかできなくなってしまいます。
フォローやいいね、そしてツイートなどはできません!
ちなみに、フォロワーからは自分のツイートを見ることはできますが、フォロワー以外からは見ることができなくなります。

「このアカウントは一時的に制限されています」を解除する方法

不審な操作やルール違反により、Twitterの利用制限をかけられても、『一時的』とあるようにその制限は一時的なものなので安心してください。

待機する

利用の制限をかけられてしまっても、たいていの場合は一定期間待てばロックは解除されます。
解除される前に電話番号による認証やメールアドレスでの認証、違反しているツイートを削除するなどを要求されることもありますので、しっかり対応しましょう!

Twitterに問い合わせる

少しの期間待ってみてもなかなか制限状態を解除されない場合や、自分には思い当たる節がない場合には、Twitterに問い合わせをしましょう。

Twitterのアイコンをタップして『ヘルプセンター』を選択
タイムラインの左上にある自分のアイコンをタップすると、画像のようなメニューが表示されます。
下の方に『ヘルプセンター』というところがありますので、タップしてください。
Twitterのヘルプセンターのページ
すると、Twitterのヘルプセンターのページへ移動します。
このページまで来たら、下の方にスクロールしてみると…
TwitterのヘルプセンターのページからTwitterに連絡
問い合わせをできるところがありますので、ここからTwitterに連絡をしてみてください!
少しの期間待てば解除されることでしょう。

関連記事