Thumb

Facebookは怖い!?Facebookの「知り合いかも」の表示について

Facebookの知り合いを表示してくれる機能について解説します。この機能はこわい?


目次

  1. 1Facebookの「知り合いかも」について
  2. 2連絡先のインポート
  3. 3共通の知り合いがいる
  4. 4写真のタグ付け
  5. 5相手の名前を検索したとき?
  6. 6プロフィール上に共通点がある
  7. 7まとめ

Facebookの「知り合いかも」について

Facebookにログインしたときに、友達の候補が「知り合いかも」として表示されます。 実際に今も付き合いのある友達で、Facebook上でも友達になりたい人であればいいのですが、Facebookではつながっていない昔の友だちや知り合いが表示されるので、どこから情報が・・・ と怖くなった体験をした方は多いと思います。 今回はその「知り合いかも」に表示される仕組みの説明をしていきたいと思います。

連絡先のインポート

Facebookではスマホ・PCから連絡先のインポートができます。Skypeやメールなどの連絡先のデータをFacebook と連携しその連絡先と合致するFacebookユーザーを友達として表示する機能になります。 この機能を利用している場合は、昔の友だちが「知り合いかも」に表示される可能性もありますし、 その友達が同じ機能を利用した場合でも表示される場合があります。

共通の知り合いがいる

このパターンが一番多いかと思いますが、共通の知り合いがいる場合に昔の友人などが「知り合いかも」に 表示されます。この場合は共通の知り合いが多ければ多い人ほど上位に表示されます。 共通の友人が多ければ、過去にどこかで関わっている可能性が高いのでこれは何となく理解できますね。

写真のタグ付け

昔の友人と、共通の友人などを通して写真にタグ付けされている場合も、お互いが友達とFacebookに 思われ、「知り合いかも」に表示される場合があります。

相手の名前を検索したとき?

mixiの足跡機能のように、誰かのプロフィールページを訪れたときに、「知り合いかも」に表示されると 思っている人がいるかと思いますが、この可能性は低いと思います。 (確実な情報はFacebookからは公開されていません)

プロフィール上に共通点がある

職歴や学歴など、過去に共通点のあるユーザーは「知り合いかも」に表示される可能性があります。 そもそもFacebookにmixiのような足跡の機能がないことと、同姓同名や名前を間違えて検索することも あるので、そのような履歴が残る可能性は低いと思います。

まとめ

Facebookで自分で友達を探さなくても、教えてくれるこの機能は便利なのですが、もう付き合い薄い友達が出てくるとちょっと驚きますよねw 今回「知り合いかも」に表示される場合について見てきましたが、実際に今付き合いのある友人ばかりが表示される訳ではありません。 知り合いかもに表示されているユーザーでもう表示させたくないユーザーについては「X」を押して表示させないようにしましょう。