Windows10のコマンドプロンプトの起動方法を解説!管理者権限/ショートカットキー

Windows10のコマンドプロンプトの起動方法を解説!管理者権限/ショートカットキー

Windows10のコマンドプロンプトの起動方法を解説します。コマンドプロンプトの起動方法はいくつかあり、それぞれについてやり方を紹介します。また管理者権限での起動方法もあわせて解説します。コマンドプロンプトは一瞬で起動できるようにしましょう。


目次

  1. Windows10でコマンドプロンプトを起動
  2. Windows10のコマンドプロンプトの起動方法
  3. Windows10のコマンドプロンプトを管理者として実行する方法
  4. まとめ

Windows10でコマンドプロンプトを起動

みなさんはWindows10(Win10)でコマンドプロンプトを利用していますでしょうか?

コマンドプロンプト

Windowsのコマンドプロンプトと聞けば

  • コマンドプロンプトって何?
  • いつも使ってる!
  • dos窓のことでしょ?
  • あの黒い画面の事かな
など人によってコマンドプロンプトに対する認知度にかなり差があると思います。

通常のWindowsのマウスを使ったGUI操作とは別にコマンドプロンプトではコマンドと呼ばれるコンピューターに対する命令を通してキーボードを使って操作する方法です。

例えばファイルのコピーや、削除などはエクスプローラーからマウスとクリックを使っていけば実現できますが、コマンドプロンプトでもcopyやdelコマンドを通じて実現することが出来ます。

dos窓と呼ばれるコマンドプロンプトの方が一括の処理に長けていたり、バッチファイルとして定期実行させるなど応用が効きます。Windowsの上級者の方はコマンドプロンプトを使いこなしている方が多いです。

今回はそんなWindows10(Win10)のコマンドプロンプトを起動について管理者権限での起動や、一瞬で素早く起動する方法など「コマンドプロンプトの起動」についてまとめました。

Windows10のコマンドプロンプトの起動方法

それではいくつかあるWindows10のコマンドプロンプトの起動方法を順番に解説していきます。

スタートメニューから起動する方法

Windows10(Win10)のスタートメニュー
まず最初にWindows10(Win10)のスタートメニューからコマンドプロンプトを起動する方法です。

Windows10のスタートメニューを開き、Windowsシステムツールを選択し、その中の「コマンドプロンプト」をクリックする事で起動します。

この方法がマウスのみでコマンドプロンプトを起動できる一番ベーシックな方法です。

タスクバーにある検索ボックスから起動する方法

Windows10(Win10)のタスクバーにある検索ボックス
Windows10(Win10)のタスクバーにある検索ボックスに「cmd」と入力しましょう。
検索ボックスの検索結果
「cmd」の検索結果として「コマンドプロンプト」が表示されますので、こちらをクリックすることで起動出来ます。

ファイル名を指定して実行から起動する方法

ファイル名を指定して実行
「windowsキー+R」のショートカットキーを押すと「ファイル名を指定して実行」のウィンドウが表示されます。

ここに「cmd」を打ち込んで実行しましょう。するとコマンドプロンプトが起動します。

エクスプローラーから起動

エクスプローラーのアドレスバー
エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と入力して実行してみましょう。コマンドプロンプトが立ち上がります。

以上が基本的なコマンドプロンプトの起動の方法になります。一番使いやすい起動方法を習慣として身につけておくといいかと思いますが、今回ご紹介した中だと「タスクバーにある検索ボックス」「ファイル名を指定して実行」から起動するやり方が一瞬で起動できる素早いやり方になるかと思います。

どれがやりやすいかは人それぞれ異なりますので、一番起動しやすい方法を一つ覚えておきましょう。

Windows10のコマンドプロンプトの起動方法

  • WindowsのスタートメニューからWindowsシステムツールと辿り起動
  • タスクバーにある検索ボックスにcmdと打ち込み起動
  • 「windowsキー+R」のショートカットキーで「ファイル名を指定して実行」を立ち上げcmdで起動
  • エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と打ち込み起動

Windows10のコマンドプロンプトを管理者として実行する方法

Windows10のコマンドプロンプトを管理者として実行する方法をご紹介します。管理者権限を持つ事でコマンドプロンプトで操作できる範囲が広がります(ある意味ミスしたときの危険度もあがります)

スタートメニューから管理者として実行する方法

コマンドプロンプトを右クリック
スタートメニューからコマンドプロンプトを起動する際に右クリックで「その他」を選択しましょう。

その中の「管理者として実行」を選択することでコマンドプロンプトを管理者権限で実行することが出来ます。
管理者権限で実行されたコマンドプロンプト
管理者権限でコマンドプロンプトが実行されていると、ウィンドウの名前が「管理者: コマンドプロンプト」となります。

タスクバーにある検索ボックスから管理者として実行する方法

Windows10(Win10)のタスクバーにある検索ボックス
タスクバーにある検索窓で「cmd」と打ち込むところは同じですが、実行する際に「Ctrl + Shift + Enter」で実行しましょう。

Windows10で出来ないものもあるようですが、私の環境では管理者として実行する事が出来ました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Windows10のコマンドプロンプトの起動方法についてご紹介してきました。

ショートカットキーを上手く駆使すれば一瞬でコマンドプロンプトを起動できます。管理者として実行する際には少し手間がかかりますが、管理者権限が必要な場合はそれほど多くないかと思いますので、必要なときに調べてもいいかと思います。

コマンドプロンプトを上手く利用して、Windows10をもっと快適に利用いしていきましょう!


関連記事