読書好きの方必見!ブクログを使って読書をもっと快適に楽しくしよう

読書好きの方必見!ブクログを使って読書をもっと快適に楽しくしよう

ブクログ(booklog)を使って読書をもっと楽しく快適にしましょう!iPhoneのアプリで提供されているブクログのアプリの特徴や使い方についてご紹介していきます。またEvernoteやKindleとの連携についてもご紹介していきます。


目次[非表示]

  1. ブクログとは?
  2. ブクログの特徴
  3. ブクログの使い方
  4. Kindleとブクログを使ったテクニック
  5. まとめ

ブクログとは?

iPhoneをお使いの方「ブクログ(booklog)」というアプリをご存じでしょうか?「ブクログ(booklog)」は読書管理アプリです。

面白い本を探したい、本が好きな人と交流したいという方に最適なiPhoneで利用できるアプリです。

Androidでも数年前まで利用できるアプリでしたが、Android版は残念ながら2016年5月にAndroid版の提供、サポートが終了してしまいました。AndroidからiPhoneに機種変した人はふたたび「ブクログ(booklog)」が利用できます。ブラウザ版もありiPhoneと同じアカウントでログインもできます。

今回はiPhoneで読書管理がしたい方のために「ブクログ(booklog)」について解説していきます。またKindleと「ブクログ(booklog)」、Evrnoteを使ったテクニックも紹介します。

こういう人はブクログを使ってみよう!

例えばこんな方々に「ブクログ(booklog)」はおすすめです。

・読書管理がしたい方
・本が好きな人同士で交流がしたい方
・面白い本や人気の本を探したい方
・読んだ本の感想をメモしたい方

などにおすすめです。これから本を読んでみたいという方も是非「ブクログ(booklog)」を使ってください。

ブクログの特徴

「ブクログ」には沢山の魅力的な特徴があります。その特徴を解説していきます。

登録が簡単

アプリの会員登録をする時、電話番号や住所、メールアドレスなどたくさん登録する必要がある場合があります。時間もかかり、めんどくさいと思う方もいらっしゃいます。個人情報がもれないか心配なので登録しない方もいます。

ブクログのプロフィールページ
「ブクログ」は「ブクログ」内で使うニックネームの登録だけでアプリが使えます。

見やすい本棚で読書管理

ブクログの本棚
「ブクログ」の本棚は表紙が表示されているので大変見やすいです。

本棚の色も12色選べ、自分だけの本棚は「ブクログ」にログインするたび読書好きな方なら見るだけで楽しくなります。

ランキングで話題の本が一目でわかる

ブクログの話題の本
下のメニューから「話題」をタップします。すると本のランキングが表示されます。今話題になっている本が一目でわかり、本を購入するときの参考になります。

好きな本の傾向が似ている方をフォローできる

「ブクログ」では他の利用者の本棚を見ることができます。その中に自分と好きな本の傾向が似ている方がいると、次にどんな本を読むのかちょっと気になります。そんな時に便利なのが「フォロー」機能です。

ブクログの「フォローする」ボタン
気になる方の本棚を開き「フォロー」をタップするだけです。

するとフォローした人が本棚に新しい本を追加するとタイムラインで教えてくれます。

ブクログの使い方

それでは「ブクログ」の使い方をインストロールから解説していきます。

アプリをインストールし会員登録をする

App Storeから「ブクログ」をインストール
まずApp Storeから「ブクログ」をインストールします。
アプリを起動させ「新しく本棚をつくる」をタップ
インストール出来たらアプリを起動させ「新しく本棚をつくる」をタップします。
ニックネームを登録し「これでつくる!」をタップ
「ブクログ」内で使うニックネームを登録し「これでつくる!」をタップします。

これでも「ブクログ」を楽しめますが、すべての機能を使うにはメールアドレスの登録が必要です

下にあるメニューから「本棚」をタップ
下にあるメニューから「本棚」をタップします。
「本棚」が開いたら右上の「設定」をタップ
「本棚」が開いたら右上の「設定」をタップします。
「登録しました!でもね・・・」という画面が開くので「OK」をタップ
「設定」をタップするとメールアドレスとパスワードを入力する画面が開くのでメールアドレスとパスワードを入力し登録すると「登録しました!でもね・・・」という画面が開くので「OK」をタップします。

すると登録したメールアドレスに確認のメールが届くのでメールに記載しているアドレスをタップし、登録完了です。

メールアドレスを登録しておくと機種変をした時にメールアドレスを使ってログインが簡単にできるのでおすすめです。

本を本棚に登録する

作品・著者・キーワードでさがす

下のメニューから検索を選び検索したい本の作品、著者、キーワードを入力する又はバーコードをスキャンして探します。

「本棚登録」をタップ
検索結果から本棚に入れたい本の右下にある「本棚登録」をタップします。
読書状況が表示されるので「読みたい」「いま読んでる」「読み終わった」「積読」の中から選びタップ
すると読書状況が表示されるので「読みたい」「いま読んでる」「読み終わった」「積読」の中から選びタップします。
登録完了。本棚を見てみると登録されている
これで登録完了です。本棚を見てみると登録されています。

本の感想、メモを書く

「本棚」から感想、メモを書きたい本をタップ
「本棚」から感想、メモを書きたい本をタップします。
「本の詳細」が開くので下にある「書く」をタップ
すると「本の詳細」が開くので下にある「書く」をタップします。
「書きたいものを選択してください。」というメッセージが表示されるので書きたいものを選びタップ

すると「書きたいものを選択してください。」というメッセージが表示されるので書きたいものを選びタップします。

読書メモがかける画面が開くので、メモを書き「投稿」をタップしたら完了
すると読書メモがかける画面が開くので、メモを書き「投稿」をタップしたら完了です。

読書メモは非公開なので自分の好きなようにかけます。ちょっとしたことでもメモしておくと後で本を探すときの手掛かりにもなります。

Kindleとブクログを使ったテクニック

Kindleと「ブクログ」を連携しハイライトやメモが簡単に登録できたらより「ブクログ」での読書管理が楽しく、便利になると思いませんか?しかし今現在公式でのKindleとの連携はされていません。非公式の裏技をご紹介します。非公式なので使えない可能性もあります。

まずは事前に下記にリンクを張っている「kindle highlight js」にアクセスします。アクセスしたらブックマークレットをブックマークバーにドラッグしてください。

kindle highlight js
kindleを開き右上にある「メモとハイライト」をクリック
kindleを開き右上にある「メモとハイライト」をクリックします。

「メモとハイライト」が開いたらハイライトを保存したい本を選択します。

ブックマークバーにあるブックマークレット(kindleHighlight)をクリック
選択したらブックマークバーにあるブックマークレット(kindleHighlight)をクリックします。

すると簡略化されたハイライトが表示されます。簡略化されたハイライトを次はEvernoteのウェブクリッパーを起動させEvernoteに保存します。

あとはコピペでEvernoteのウェブクリッパーに保存したハイライトを貼るだけです。

「ブクログ」にはアプリ版とブラウザ版がありますがEvernoteからコピペをするならブラウザ版の方が簡単にできるのでブラウザ版にログインしコピペする方法がおすすめです。

コピペをする場合は「評価と感想」にするよりも非公開の「読書メモ」にした方が本の感想を読む他の方の邪魔になりません。

まとめ

「ブクログ」について解説しました。「ブクログ」は読書管理したい方なら使って納得していただけるとても便利なアプリです。ぜひiPhoneをお持ちの方で読書好きの方はご利用してみてはいかがでしょうか。