LINEで「友達になりました」と通知がきたけど友達一覧に出てこない!

LINEで「友達になりました」と通知がきたけど友達一覧に出てこない!

LINEから「友達になりました」と通知が来たのに友だちリストにその人がいない…という経験をしたユーザーは多いのではないでしょうか。この記事では、「友達になりました」とLINEから通知が来たのに、友だちリストにいない場合に考えられる理由を説明しています。


目次

  1. LINEの「友達になりました」という通知
  2. LINEの「友達になりました」という通知が来る場合
  3. 友達一覧に出ない場合
  4. まとめ

LINEの「友達になりました」という通知

LINEから「○○が友だちになりました」という通知が来たのに、友達リストにその人がいないという経験をしたことはありませんか?

通知が来たのにもかかわらず友だちリストにいなかったり、トークを開いてもメンバーがいませんと表示されるのは不気味ですよね。

不安になるこの現象ですが原因は分かりやすいものであることが多いので、考えられる原因について説明します。

LINEの「友達になりました」という通知が来る場合

「○○が友だちになりました」という通知が来るのはどういう場合なのかと言うと、LINEの設定で「友だちへの追加を許可」をオンにしている場合です。

この設定をオンにしていると、あなたの電話番号を電話帳に登録しているユーザーがLINEを始めて、「友だち自動追加」機能をオンにしたときにそのユーザーの友だちリストに登録されるため「○○が友だちになりました」という通知が来るわけです。

友達一覧に出ない場合

逆に友達一覧にも出ない場合はどういう場合なのでしょうか?

すぐに友だちを解除したりブロックされた場合

電話帳に登録している人がLINEを始めたときにされる通知です。携帯を解約し、今はその電話番号を別の人が使っていて、その人がすぐに友だちを解除した可能性が考えられます。ちなみに、電話帳に登録している名前ではなくLINEでの名前が表示されます。

LINE公式では、「すぐに友だちを解除した可能性が考えられます」と記述していますが、実際には追加した相手がすぐに友だちリストから削除したとしても、こちらの友だちリストにはそのユーザーが残るはずです。

ですので友だちを解除したとは考えにくいでしょう。また、ブロックされた場合は通知が行われなくなるだけなので、こちらの友だちリストには表示されたままになります。

相手がすぐに名前を変更した場合

相手ユーザーが「友だち自動追加」機能をオンにしたことで友だち追加を行った際に、登録された友だちリストを見て「本名じゃなくてあだ名にしよう」といった感じで名前を変更することはよくあります。
 

その場合、通知では「○○」という名前なのに友だちリストでは「××」という名前に変わっていたため友だちリストに表示されない…というのはよくあることです。

相手がアカウントを削除した場合

「友だち自動追加」をオンにしたことで友達や勤め先の同僚・上司など一斉に追加されてしまい「友達にしかLINEを教える気がないのに会社の人まで追加してしまった」と、一度アカウントを削除するケースもよくありますね。
 

通知が送られてから確認するまでの間にアカウントが削除された場合、友だちリストに出てこないわけです。

ThumbLINEで表示される「unknown」の意味を解説!

まとめ

LINEで「友達になりました」と通知がきたけど友達一覧に出てこない!いかがでしたでしょうか。

通知が来たのに友だちリストにいない!という場合、名前を変えたりアカウントをすぐに消したりといった行為が原因の場合がほとんどです。怪奇現象やウイルスに感染したといった危険ではないので、安心しましょう。


関連記事