chromeのキャッシュの場所はどこ?キャッシュの動画/画像は復元したり見ることは出来る?

chromeのキャッシュの場所はどこ?キャッシュの動画/画像は復元したり見ることは出来る?

GoogleChromeのキャッシュフォルダの場所がどこなのか・フォルダ内の一時ファイルを保存できるのか気になる人も多いと思います。この記事では、GoogleChromeのキャッシュの場所や、キャッシュ内の動画や画像を復元できるのかどうか説明しています。


目次

  1. chromeのキャッシュの場所を知りたい
  2. chromeのキャッシュの場所は?
  3. chromeのキャッシュを見る
  4. chromeのキャッシュ場所を変更するには
  5. chromeのキャッシュからファイルの復元はできる?
  6. まとめ

chromeのキャッシュの場所を知りたい

Google Chromeなどのブラウザには、キャッシュという機能が存在しています。

この機能は、訪れたサイトのデータをPCのストレージに一時ファイルとして保存し、同じサイトにまた訪れた時のデータのダウンロードを少なくしたり、表示を早くさせるといったことが可能になります。

このキャッシュはストレージ上にフォルダとして作られているので、「以前訪れたサイトの動画や音楽をオフラインでも再生したい」と考えて、キャッシュフォルダからファイルを取り出すために場所を知りたいユーザーも多いのではないでしょうか?

今回は、Chromeのキャッシュフォルダの場所、キャッシュフォルダの中身について、キャッシュフォルダの場所の変更、キャッシュフォルダからファイルを復元する(取り出す)方法をご紹介します。

chromeのキャッシュの場所は?

Chromeの画像や動画、一時ファイルなどのキャッシュファイルはどこにあるのでしょうか?

AppDataフォルダは隠しフォルダ

Chromeのキャッシュは、Windows(7・8・10)の場合は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache」に保存されています。

ただし、「AppData」フォルダは隠しフォルダなのでデフォルトでは表示されないようになっています。

ツールを選択し、フォルダーオプションを選択

隠しフォルダを表示させるには、エクスプローラ上部に表示されているメニューの「ツール」をクリックして表示される項目の中の「フォルダーオプション」をクリックしましょう。

「ファイルとフォルダーの表示」から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のボタンをオン

「フォルダーオプション」が表示されたら、「表示」タブの詳細設定項目にある「ファイルとフォルダーの表示」から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のボタンをオンにして「適用」をクリックすれば隠しフォルダが表示されるようになります。

「OK」をクリックしてフォルダーオプションを閉じたら、早速キャッシュフォルダを見てみましょう。

Chromeのキャッシュフォルダ

Chromeのキャッシュフォルダには、訪れたサイトで表示された画像やflash・動画などの一時ファイルが保存されています。

これらのデータを読み込むことで、よく訪れるサイトでファイルのダウンロードを抑えて、ページを素早く表示させることができるわけですね。

またAndroid版Chromeでキャッシュフォルダを特定するには、Chromeを起動してアドレスバーに「chrome://appcache-internals/」と入力することでキャッシュフォルダのアドレスを知ることができます。

chromeのキャッシュを見る

Chromeのキャッシュのデータは拡張子がついていない

Chromeのキャッシュに保存されたデータは、このようにファイル名が変更されている上に拡張子がついていない状態になっています。

このままではどれがどのファイルなのか判断することができません。

また、この状態では画像・flash・動画などのファイルを見ることもできません。動画などのファイルはファイルサイズ順にソートすることなどで特定しやすくはなりますが、やはり見ることはできません。

chromeのキャッシュ場所を変更するには

Chromeのキャッシュフォルダの場所は、デフォルトではC:ドライブになっていますが変更することが可能です。SSDなどの読み込みの速いストレージがある場合はそちらに移したほうがChromeの読み込みが高速化されてスムーズになります。

デスクトップなどに表示されているChromeのショートカットアイコンを右クリックして、表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。

Chromeのプロパティ

Chromeのプロパティが表示されるので、「ショートカット」タブを開き、「リンク先」項目を編集しましょう。

リンク先に「--disk-cache-dir="<保存先(例:D:\ChromeCache)>"」を付け加えることで、指定したフォルダがキャッシュフォルダになります。

chromeのキャッシュからファイルの復元はできる?

キャッシュに保存されたファイルはそのままでは見ることができないので、「ChromeCacheView」を使ってファイルを復元してみましょう。ダウンロードは下記リンク先よりどうぞ!

ChromeCacheView - Cache viewer for Google Chrome Web browser
Download ChromeCacheView

リンク先ページの下のほうにある「Download ChromeCacheView」をクリックして、ChromeCacheView.zipをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、zipファイルを展開して「ChromeCacheView.exe」を起動しましょう。

起動と同時にChromeのキャッシュフォルダを読み込み、保存している一時ファイルの一覧が表示されます。

ファイル名やファイルの種類、サイトのURLやアクセス日時から目的のファイルを探しましょう。

目的のファイルを見つけたら、メニューの「File」から「Open Selected Cache File」をクリックしてファイルを確認してみましょう。

問題がなければ「Copy Selected Cache Files To…」からファイルを復元して保存できます。

まとめ

chromeのキャッシュの場所はどこ?キャッシュの動画/画像は復元したり見ることは出来る?いかがでしたでしょうか。

Google Chromeのキャッシュフォルダは、デフォルトではCドライブに保存されていますが隠しフォルダとなっています。また、場所を特定しても中に保存されたファイルはそのままでは見ることや特定することはできません。

記事内で紹介している「ChromeCacheView」を使うことでキャッシュファイルを復元して保存することができるので、ぜひ試してみてくださいね。


関連記事