Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合はどうすれば?

Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合はどうすれば?

Macでアプリをインストールして初めて起動しようとすると「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けないことがあります。今回は、Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合の解決方法についてご紹介します。


目次

  1. Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない
  2. Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合の解決方法
  3. まとめ

Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない

Macでインターネットからダウンロードしたアプリを立ち上げるときに「開発元が未確認のため開けません」という表示となりアプリが開けない・起動しない状態になる場合があります。

この場合は、Macのセキュリティ機能であるGateKeeperによって確認が必要な状態となっています。

Macのセキュリティ機能Gatekeeperは、インターネットからダウンロードされたマルウェアや不正なアプリから保護する目的でみなさんのMacを守っています。

GateKeeperは開こうとしているアプリの開発元がAppleから取得した固有デベロッパ IDのデジタル署名を照合しています。GateKeeperはこのデベロッパ IDを照合するときにマルウェアの開発者が作ったアプリをブロックしたり、アプリが署名後に改ざんされていないことを確認しています。

これは必ずしもアプリケーションに問題がある訳ではなく、デベロッパ ID登録がされていないアプリや登録が開始される前に作成されたアプリもあります。

これらのデベロッパ IDが登録されていないアプリは不明な開発元(デベロッパ IDを持たない開発元)としてブロックされてインストールできないようになっています。
(Mac App Storeで販売されているアプリの場合は、販売開始前にAppleが審査をしておりますので不明な開発元とは表示されません。)

ただそんな中でもインターネットから落としてきたアプリケーションを開きたい場合があります。

どこかのサイトのレビューをみて信頼性の高いと思っているアプリやdmmやニコニコなど有名どころのアプリケーションなど開きたいアプリケーションの場合はどうするのでしょうか。

Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合の解決方法

サードパーティの開発元サイトからダウンロードしてインストールしたアプリを開けようとしたときに、「開発元が未確認のため開けません」というウィンドウが表示されることがあります。

このときに、「OK」ボタンしか表示されず、「開く」ボタンがないためにそのままでは開けずに起動しないことがあります。

このような状況のときには、以下の2通りの方法でアプリを開くことが可能となっております。

Finderからcontrolキーを使って開く方法

キーボードのcontrolキーを押しながらアプリのアイコンをクリックします。

コンテキストメニューが表示されますので、その中の「開く」を選択します。

「”〇〇.app」の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」というウィンドウが表示されますので、「開く」ボタンをクリックします。

以上でアプリを開くことが可能です。

システム環境設定から開く方法

Dockにある「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

「一般」ラベルの下部に「”〇〇.app”は開発元を確認できないため開けませんでした。」という文言の右に「このまま開く」というボタンが表示されているのでクリックします。

「”〇〇.app”の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」というウィンドウが表示されますので「開く」ボタンをクリックします。

以上でアプリを開くことが可能です。

Macで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない

  • Finderからcontrolキーを使って開く
  • システム環境設定から開く

まとめ

今回はMacで「開発元が未確認のため開けません」となりアプリが開けない場合の対処方法をご紹介しました。

インターネットからダウンロードしたアプリには、改ざんされてマルウェアなどが仕込まれている場合もあるので、セキュリティソフトを通したセキュリティ対策や、使用者のレビューなどの評判を見た上で試してみるなど、自己防衛した方が安全です。


関連記事