Thumb

LINEのアプリの英語表記への変え方!言語設定をしよう!

iPhone内の言語を全て変更することなく、LINE内だけ英語に変更できることを知っていましたか?英語表記のLINE、ちょっとスタイリッシュに見えますよね!難しいの?いえ、とても簡単です。今回は、意外と簡単な設定方法をご紹介させていただきます。


目次

  1. 1LINEアプリの英語表記
  2. 2LINEアプリの英語表記にするやり方
  3. 3英語以外の他の言語にも変えられる?
  4. 4まとめ

LINEアプリの英語表記

もしiPhone内すべてが英語表記だとスタイリッシュかな?と思ったことはありませんか?

ただ、もしそうなったら確かに、かっこよく見えるけど、正直イマイチ何が書いてあるか分からないでしょう。
 

そのため、日本人がLINEを使う場合は、基本的に日本語で使うと思います。

でも、使い慣れたLINEですから、設定変更する時以外は、英語表記にしても、あまり支障がないかもしれませんね。

また、自分の身の回りの事を英語で認識できるようになり、英語も学べてしまえます。

そんな、一石二鳥なLINE内を英語にする方法を解説します。
変え方はとっても簡単です!

LINEアプリの英語表記にするやり方

右下「・・・」を選択し、設定を選びます。
 

下にスクロールすると、「言語」という項目がありますので、タップしてください。

色々な言語が出てくるので、「English」を選択します。

「保存」を押すと、忠告が出てくるので、「終了」をタップしてください。

一度アプリが閉じますので、通常通り、またアプリを開いてください。

これで完了です。

このようにトーク入力欄も、「Enter a message」と、英語表記になりました。

英語以外の他の言語にも変えられる?

英語以外の言語についても設定変更可能なのでしょうか?

他の言語にするには?

上記は例として言語を英語に設定しました。
もちろん、同様の手順で韓国語や中国語にも変更することが可能です。
先ほど「English」を選択したところで、別の言語設定にするだけです。
他にもイタリア語やアラビア語など、色々な言語が選択可能です。

 

日本語に戻すには?

日本語に戻したい時は、一番上の選択肢の「( )」がある項目を選んでください。
デフォルトと書いてあるようです。

他の言語と同じように「保存」→「終了」と進むと、日本語に戻ります。
 

これを覚えておけば、アラビア語に変えてしまって、「え、どれ選択するか、読めないよ」となっても元に戻せます。

まとめ

iPhone自体の言語表記を「かっこいいから」という理由で、英語に変更している人を、今まで数名見てきました。

iPhone全体を変えてしまうと不便だけど、使い慣れたLINEだけ、カッコ良く変更するのもありだと思います。

上記の通り、日本語に戻すのもとても簡単ですので、是非一度試してみてください。


関連記事