Twitterのウィジェットの作成の仕方!ブログパーツにタイムラインの埋め込みを行おう!

Twitterのウィジェットの作成の仕方!ブログパーツにタイムラインの埋め込みを行おう!

Twitterのウィジェットの作成の仕方をご紹介します。今回はタイムライン・リスト・ハッシュタグをウィジェットにする作り方を解説します。ぜひWEBサイトやブログにウィジェットを埋め込みましょう。ブログパーツにおすすめ。


目次

  1. Twitterのウィジェット
  2. Twitterのタイムラインのウィジェットを作成
  3. Twitterのリストのウィジェットを作成
  4. Twitterのハッシュタグのウィジェットを作成
  5. Twitterのウィジェットの削除や編集は?
  6. まとめ

Twitterのウィジェット

みなさんはTwitterのウィジェット(widget)についてご存知でしょうか?

ブログを運営していて且つTwitterでも投稿している方はブログパーツとしてブログの中に埋め込んでいる事が多いです。Twitterのウィジェットではタイムラインやプロフィール、ハッシュタグ、リストなど様々なTwitter上の機能をウィジェット化することができます。

今回はタイムライン・リスト・ハッシュタグをウィジェットにする作り方をご紹介していきます。

ぜひ自身のWEBページやブログのパーツとしてTwitterのウィジェット機能を利用しましょう。

Twitterのタイムラインのウィジェットを作成

設定とプライバシー

設定とプライバシーを開きその中のメニューの「ウィジェット」を選択します。

その後新しくウィジェットを作りたいので「新規作成」を選択します。選択肢が出てきたら「プロフィール」を選択しましょう。

Embedded Timeline

遷移先のページでいくつか選択肢が出てきますが、今回はタイムラインを埋め込みたいので、「Embedded Timeline」を選択します。

するとこのようなポップアップが出現するので該当するユーザーのタイムライン(プロフィールページ)のURLを入力して「Preview」ボタンを押しましょう。

プレビュー

すると埋め込みタイムラインのプレビューが表示されます。

こちらで問題なければ上部のコードをコピーして、自身の埋め込みたいブログやWEBサイトに利用しましょう。

Twitterのリストのウィジェットを作成

タイムラインとほぼ同様

設定とプライバシー→ウィジェット→「新規作成」→リストを選択します。

ページ遷移しURLの入力欄が出現しますので、リストのURLを入力しましょう。あとは同じで発行されたURLをWEBサイトやブログに埋め込めば完成です。

Twitterのハッシュタグのウィジェットを作成

Twitter公式サイトにログインした状態で下記のページにアクセスしましょう。

Login on Twitter

検索クエリ

アクセスしたら、検索クエリの箇所にウィジェットを作成したいハッシュタグ名を入力しましょう。

補完で検索候補が出ますので、ハッシュタグを選択します。あとはオプションやテーマ、高さ、リンクの色などを選択して、「ウィジェットを作成」ボタンをクリックします。

するとこのようにウィジェットの埋込用のコードが表示されますので、こちらをコピペで貼り付けたいところに貼り付けます。

Twitterのウィジェットの削除や編集は?

ウィジェットページ

作成したウィジェットは自分のウィジェットページに残ります。こちらから編集・削除などが行なえますので必要なときは利用しましょう。

まとめ

Twitterのガジェットの作成方法についてまとめました。作り方は簡単で手軽に埋め込み用のコードは発行できますので、ぜひお試し下さい。

TwitterのウィジェットをWEBサイトやブログに埋め込んでおくとそこからフォロワーが増えたり、リツイートされる機会も増えます。

ぜひTwitterのウィジェットを効果的に利用してきましょう。


関連記事