LINEのボイスメッセージで音声を送信しよう!音声ファイルの保存方法もご紹介!

LINEのボイスメッセージで音声を送信しよう!音声ファイルの保存方法もご紹介!

LINEのボイスメッセージ機能をご存知でしょうか?ボイスメッセージ機能を使えば、文字やスタンプだと分かりづらい要件を伝えたり、音声として残せるため色々と便利です。この記事では、LINEのボイスメッセージで音声を送信する方法や保存方法を紹介しています。


目次

  1. LINEのボイスメッセージとは
  2. LINEのボイスメッセージを送る方法(スマホアプリ)
  3. LINEのボイスメッセージを送る方法(PC版LINE)
  4. LINEのボイスメッセージを削除する方法
  5. LINEのボイスメッセージを保存する方法
  6. LINEのボイスメッセージが送れない・聞こえづらい場合
  7. まとめ

LINEのボイスメッセージとは

LINEのトークルームでは「ボイスメッセージ」という、通常のメッセージの代わりにマイクで声を音声入力したものを送信することが可能となっています。

例えば文字に起こすとよく分からないような物事を伝えたい、けど短い内容なので電話するほどでもないという時など、通常のメッセージやスタンプで伝えにくい内容の場合にボイスメッセージを使うと便利です。

また、その昔携帯キャリアで実施していたプッシュトークのような使い方もできますね。

LINEのボイスメッセージを送る方法(スマホアプリ)

LINEのボイスメッセージの送り方を順番にご紹介します。まずはスマホアプリでのボイスメッセージを送る方法です。

まずはマイクの権限をオンにしよう

LINEアプリにマイクの権限を与えないと、ボイスメッセージが送れないため設定する必要があります。

設定メニューから「アプリ」を開きましょう。

アプリ一覧からLINEをタップします。

LINEのアプリ情報が表示されたら「権限」をタップしましょう。

権限の項目が表示されるので、「マイク」のボタンをタップしてオンにしましょう。これでLINEでマイクが使用可能になります。

ボイスメッセージを送る

それでは、ボイスメッセージを送ってみましょう。ボイスメッセージを送信したい相手とのトークルームを開き、メッセージ入力欄の右側にあるマイクのボタンをタップします。

大きなマイクのボタンが表示されるので、これをタップしながらマイクに向かって喋ることで録音することが可能です。

指を離すと録音が解除され、ボイスメッセージがトークルームに送信されます。

トークの再生ボタンをタップすることで、ボイスメッセージを再生することができます。

ボイスメッセージの送信を中断する

ボイスメッセージの録音に失敗したり、送るのを取り消したい場合はマイクボタンの外周に指をスライドさせましょう。

画面上部に「指をはなすとキャンセルされます。」とメッセージが表示されたら指をボタンから離すことで、ボイスメッセージの録音を取り消すことができます。

LINEのボイスメッセージを送る方法(PC版LINE)

LINEにはPC版が存在しており、スマホアプリ版と同じ感覚で利用することができます。PC版LINEについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてくださいね。

ThumbPC(パソコン)版LINEの使い方まとめ!パソコンでLINEが更に便利に!

PC版LINEでは、画像の通りトークルームにボイスメッセージ録音機能がありません。

ただし音声ファイルを送ることは可能なので、音声録音ソフトからメッセージを録音して音声ファイルにして、トークルームにドラッグ&ドロップして送信しましょう。

LINEのボイスメッセージを削除する方法

ボイスメッセージを削除したい場合は、削除したいボイスメッセージを長押ししてメニューを表示させましょう。

メニューの「削除」をタップします。

削除するメッセージの選択画面になります。最初にタップしたボイスメッセージ以外も削除したい場合、削除したいボイスメッセージをタップしてチェックボックスをオンにしましょう。

選択が終わったら画面下部の「削除」をタップします。

注意が表示されます。「削除」をタップすることでボイスメッセージが削除されます。

トーク画面から選択したボイスメッセージが削除されましたが、注意に書いてあった通り「自分のトーク画面のみ」削除されている状態ですので、相手のトーク画面にはボイスメッセージが残ったままであることに注意しましょう。

LINEのボイスメッセージを保存する方法

LINEのボイスメッセージは再生するだけでなく、音声ファイルとして端末やLINEのストレージ機能であるLINE Keepへ保存することが可能となっています。

LINE Keepの詳しい仕様については下記リンク先の記事を参考にしてみてくださいね。

ThumbLINE KEEP(ラインキープ)の使い方まとめ!写真や動画やトーク履歴を保存しよう!

LINE Keepに保存する

ボイスメッセージをLINE Keepに保存するには、保存したいボイスメッセージを長押ししてメニューを表示させ、「Keepに保存」をタップしましょう。

LINE Keep内にm4a形式の音声ファイルとして保存されます。

スマホ本体に保存する

古いバージョンのLINEではトーク画面から端末への保存が可能だったのですが、現在では不可能になっています。

ボイスメッセージを端末に保存したい場合は一度LINE Keepに保存してから、Keep内の音声ファイルをタップします。

画面下部にメニューが表示されます。下矢印のボタンがダウンロードボタンなので、タップしてダウンロードしましょう。

ダウンロードした音声ファイルの保存先は、ストレージ内ダウンロードフォルダに作られる「LINE」フォルダ内に保存されています。

LINEのボイスメッセージが送れない・聞こえづらい場合

LINEでボイスメッセージが送れない場合は、記事の前半部分に記載しているアプリの権限についてチェックしてみましょう。

ボイスメッセージが聞こえづらい場合は、試しに音楽ファイルや動画を再生してみましょう。もし正常に聞こえるのであれば音声入力に問題がある可能性があり、音楽や動画まで聞こえづらいならスピーカーに問題がある可能性があります。

マイクやスピーカーに問題がある場合は通常の通話にも支障が出るためスマホ本体の修理が必要ですが、LINEでのみ問題が発生しているのであればLINEアプリのバージョンが古い可能性があります。

LINEアプリは古いバージョンだと不具合を起こすことがあるため、ストアから最新のバージョンをダウンロードして使用しましょう。

まとめ

LINEのボイスメッセージで音声を送信しよう!音声ファイルの保存方法もご紹介!いかがでしたでしょうか?

ボイスメッセージ機能を使えば、文字のメッセージやスタンプでは伝えにくい内容を伝えたりプッシュトークのような使い方ができるので便利です。また保存することも可能なので、様々な使い方ができますね。ボイスメッセージはワンタップで簡単に送ることができるので、早速試してみてはいかがでしょうか?


関連記事