MsMpEng.exeとは?停止して大丈夫?メモリが重い場合の対処法!

MsMpEng.exeとは?停止して大丈夫?メモリが重い場合の対処法!

Windowsのパソコンでは、様々なプロセスが動いています。この記事では、プロセス「MsMpEng.exe」とは一体どういうプロセスか・MsMpEng.exeは停止・削除できるのか・MsMpEng.exeが重い場合の対処法を紹介しています。


目次[非表示]

  1. MsMpEng.exeとは?
  2. MsMpEng.exeは停止・削除して大丈夫?
  3. MsMpEng.exeでメモリが重い場合の対処法

MsMpEng.exeとは?

Windowsのパソコンでは、バックグラウンドで様々なプロセスが動作しています。動作しているプロセスの中には必要なものや不必要なものなど様々なものが混ざっているため、必要のないプロセスは停止してパソコンの動作を軽くしたいと考えるユーザーも多いかと思います。

今回ご紹介するのは、MsMpEng.exeです。MsMpEng.exeとは、MicrosoftのセキュリティソフトであるWindows Defender・Microsoft System Center Endpoint Protection・Microsoft Security Essentialsといったソフトによって起動するプロセスです。

MsMpEng.exeのファイルパス(場所)は、「C:\Program Files\Windows Defender」内となっています。

MsMpEng.exeは停止・削除して大丈夫?

MsMpEng.exeは停止・削除して大丈夫なのかと言いますと、停止する分には問題ありません。ただし、前述の通りセキュリティソフトに関わるプログラムであるため削除はしないようにしましょう。

MsMpEng.exeでメモリが重い場合の対処法

MsMpEng.exeの動作によってWindowsPCのメモリ使用量やCPU使用率が高くなり、重くなってしまうという現象が発生することがあります。これは、Windows Defenderがスキャンを行う時にMsMpEng.exeがMsMpEng.exe本体をスキャンするといった謎の動作を行ってしまうことがあり、その際にスキャンが終わらなくなり重くなってしまうのです。

右クリックしてメニューを表示させて「タスクマネージャー」をクリック
この場合は、タスクバーの何もない場所で右クリックしてメニューを表示させて「タスクマネージャー」をクリックしましょう。

タスクマネージャーが起動したら、MsMpEng.exeを選択して「タスクの終了」からMsMpEng.exeの動作を停止させることが可能です。

 

また、スタートメニューを開いて「Windows管理ツール」から「サービス」を開き、「Microsoft Antimalware Service」を右クリックして「停止」を選択することでもMsMpEng.exeを停止させることが可能です。ただし、サービスから停止した場合はずっと無効化されたままになるので時間がある時に右クリックメニューの「開始」からサービスを再開させておきましょう。