Windows10でIE(Internet Explorer)を起動&使う方法を解説!

Windows10でIE(Internet Explorer)を起動&使う方法を解説!

Windows10でのInternet Explorer(インターネットエクスプローラー、通称「IE」)に関する説明です。一見すると消えてしまったように見えるIEですが、Windows10でも引き続き使用可能です。今回はIEの起動方法についてご紹介します。


目次

  1. Windows10にInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)がない?
  2. Windows10でIEを起動&使う方法
  3. まとめ

Windows10にInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)がない?

Windows標準のWebブラウザと言えばInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)、通称IEですよね。Windowsを長らく使っている方にとっては、好き嫌いはともかくなじみの深いものだと思います。

そんな、あって当たり前の存在となっているIEが、Windows10では搭載されていない?と戸惑っている人も多いようです。

というのも、タスクバーについているIEらしいアイコンをクリックすると、「Edge」という、一見IEのようでやや操作感が違うソフトが起動してしまうからです。

タスクバーにあるIEのようなアイコンをクリックしてみます。

ちょっとなじみのないブラウザ「Edge」が起動します。インターネットオプションなどのボタンなどの配置も異なり、ちょっと使い方がわかりにくいですよね。

しかしご安心ください。IEはWin10にもインストールされているのです。別途ダウンロードしたりする必要はありません。

人によってはIEは使用しておらず、「Chrome」や「Firefox」をインストールして使用しているという人も多いと思います。

そういう人はIEでもEdgeでも気にしないでしょうが、やはりIE愛好家にとっては今までの環境を変えたくないですよね。

そんなわけで、今回はWin10でのIEの起動方法についてご紹介します。

Windows10でIEを起動&使う方法

それでは早速Windows10でのIEの起動方法をご紹介します。

Windowsのスタートメニュー
スタートメニューを開き、「Internet Explorer」と入力すると表示される「Internet Explorer」をクリックします。

IEが起動しました。画面右上のインターネットオプションなど、見慣れたもので安心しますね。

IEを標準ブラウザに設定する

IE派の人は、ここで標準ブラウザをIEに変更しておきましょう。手順は下記のとおりです。

Windowsのスタートメニューの設定
スタートメニューを開き、「設定」ボタン(歯車アイコン)をクリックします。
Windowsの設定
設定のメニューの中の「アプリ」をクリックします。
既定のアプリ
画面左側の「既定のアプリ」をクリックし、画面右側の「Webブラウザー」にて「Internet Explorer」を選択します。
切り替え前に
確認画面が出ますが「強制的に変更する」をクリックしてください。

これで、ファイル内のWebサイト向けリンクをクリックしたときや、Webサイトのショートカットをダブルクリックした時も IEが開くようになります。

まとめ

Win10でのIE起動方法について解説しました。IEはWindows10になって、なくなったわけではないため、安心した人もいるのではないでしょうか。

ただ、画面でも何度か表示されていたように、Microsoftとしては次世代ブラウザであるEdgeを推しているようです。

IE派の人も、将来的には別ブラウザへの乗り換えを検討したほうがいいのかもしれませんね。


関連記事