Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない場合の対処法!

Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない場合の対処法!

Windows10のパソコンで、DVDやCDへ書き込み出来ない状態になってしまったことはありませんか?書き込みが出来ない原因を探って解決してみましょう。この記事では、Windows10でDVDやCDへ書き込み出来ない場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない
  2. Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない場合の対処法

Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない

Windows10で、DVDやCDが書き込み出来ない状態になってしまったことはありませんか?書き込み出来ない場合、様々な原因が考えられます。この記事では、Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない場合の対処法をご紹介していきます。

Windows10でDVDやCDへの書き込みが出来ない場合の対処法

ドライブが書き込みに対応していない場合

パソコンに搭載されている光学ドライブで、CDやDVDの読み込みはできても書き込みができない読み込み専用のドライブがごくまれに搭載されていることがあります。読み込み専用の光学ドライブの場合は書き込みができないためDVD・CDを焼けない点に注意しましょう。

外付けタイプのポータブルドライブの場合は読み込み専用かどうか記載されているので、書き込みを行うのであれば読み込み専用のものは避けましょう。

DVD・CDに書き込もうとしているデータの容量がメディアの容量をオーバーしている

DVDやCDに書き込もうとしているデータがメディアの最大容量をオーバーしている場合、書き込みができません。DVD-Rであれば4.7GB・CD-Rであれば650MB~700MBが最大容量となることがほとんどなので、この容量をオーバーしないように書き込むデータをまとめたりzipなどの圧縮ファイルにしてデータサイズを減らして書き込みできるようにしてみましょう。

スリープ・スクリーンセーバーを無効化する

DVD・CDの書き込み中にスクリーンセーバーが作動したりパソコンがスリープ状態へと移行してしまうとエラーが起きてしまい、正常に書き込みを行うことができません。ディスクへの書き込みを行う際は、念の為スリープ・スクリーンセーバーを無効化しておきましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「個人用設定」をクリックしましょう。

※デスクトップ画面の何もないところを右クリックしてメニューを開き、「個人用設定」をクリックでもOKです。
設定画面が表示されます。左側メニューの「ロック画面」をクリックシて項目一覧を開き、一番下までスクロールして「スクリーンセーバー設定」をクリックしましょう。
「スクリーンセーバーの設定」ウィンドウが表示されるので、「スクリーンセーバー」のプルダウンメニューをクリックして「(なし)」を選択して「OK」をクリックして設定を完了しましょう。これで、スクリーンセーバーを無効化することができますよ。
続いて、スリープを無効化しましょう。「Windowsの設定」画面に戻り、「システム」をクリックしましょう。
設定画面が表示されるので、左側メニューの「電源とスリープ」をクリックして項目一覧を開き、「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」のプルダウンメニューをクリックして「なし」に変更しましょう。これでスリープを無効化することができますよ。

書き込み可能ディスクの書き込み速度が早い場合

ディスクの書き込み速度が早いと、パソコンに負荷がかかりロースペックのパソコンだと正常に書き込みが完了できないケースがあります。この場合は「ディスクへの書き込み」画面で「書き込み速度」のプルダウンメニューをクリックして遅い書き込み速度を選択しましょう。

ドライバーを再インストールしてみる

光学ドライブのドライバーが破損していることが原因でDVD・CDが書き込めない場合は、ドライバーを再インストールしてみましょう。「Windowsキー+Xキー」の同時押しでアドバンスドメニューを開き、「デバイスマネージャー」をクリックしましょう。
デバイスマネージャーが起動したら、光学ドライブ名を右クリックしてメニューの「デバイスのアンインストール」をクリックします。あとはアンインストールを完了させて、パソコンを再起動すれば自動的に光学ドライブのドライバーが再インストールされますよ。