Windows10で「IMEが無効です」と表示される場合の直し方を解説!

Windows10で「IMEが無効です」と表示される場合の直し方を解説!

Windows10において、突然文字が打てなくなることがあります。オプションを開こうとしても「IMEが無効です」と表示され、開けなくなってしまうときがあるのです。今回の記事では、IMEが無効になってしまった時の直し方について解説していきます。


目次[非表示]

  1. Windows10で「IMEが無効です」と表示される
  2. Windows10で「IMEが無効です」と表示される場合の直し方
  3. まとめ

Windows10で「IMEが無効です」と表示される

IMEとは、「Input Method Editor」の略で、簡単に言うと、キーボードで入力した語を、キーボード上にない語に変換してくれるソフトです。漢字や仮名文字を入力できるのは、実は当たり前のことではありません。

IMEが無効です」という表示を見たことはありますでしょうか。

この表示自体は、普段使用しているときにも表示されているもので問題はないのですが、いざ文字を入力しようとした時になってしまうと大変です。IMEが無効になると、全く文字を入力することができなくなってしまいます。

文字を入力できないとなると、パソコンを使った殆どの作業が、満足に行えなくなってしまいます。

突然文字が入力できなくなったら、驚きますし、どうすればいいかわからずパニックを起こしてしまうかもしれません。

そうならないよう、あらかじめ対処方法を予習しておきましょう。今回は、無効な状態になってしまったIMEの直し方を説明していきます。

Windows10で「IMEが無効です」と表示される場合の直し方

表題のような問題が起きている時、IMEはなんらかの原因で「無効」になってしまっています。

無効になっているのであれば、有効にすることで解決することが出来ます。

今回ご紹介する方法は、IMEの一部である「ctfmon.exe」というファイルのショートカットを作成し、ctfmon.exeを起動することで、IMEを有効にする方法です。

デスクトップの何もないところで右クリックして、メニューから「新規作成」を選び、さらに「ショートカット」を選ぶ
①デスクトップの何もないところで右クリックして、メニューから「新規作成」を選び、さらに「ショートカット」を選びます。
「ctfmon.exe」と入力し、「次へ」をクリック
②ショートカット作成画面に移ったら、「ctfmon.exe」と入力し、「次へ」をクリックします。
ショートカットの名前を変更
③ショートカットの名前を付けるところまで行ったら、名前は変えずそのままでも、わかりやすく変えてもOKです。
作成したショートカットをダブルクリックか、右クリックメニューで「開く」を選ぶと、IMEが有効化されます
④作成したショートカットをダブルクリックか、右クリックメニューで「開く」を選ぶと、IMEが有効化されます。

ctfmon.exeの画面がパソコン上に現れることはなく、ダブルクリックした時点で操作は完了です。

言語バーの表示・利用

Windows8.1までは、画面下のタスクバー右端に、IMEパッドや辞書登録機能などの機能がアイコンで表示されていました。しかし、8.1以降では言語バーはIMEのアイコン「A」または「あ」に統合されており、右クリックで機能が表示されるようになっています。

また、IMEのアイコンは、文字を入力できるとき以外は「無効」と表示される仕様になっています。これが正常な状態ですので、特に解除の必要はありません。

IMEが無効ですという表示
Google日本語入力(IME)を利用していても、基本的には同様の動作をします。

無効という表示は、消す事も可能です。特に、ひらがな入力、アルファベット入力の状態が常に知りたいという方は、隠れている言語バーを表示する方法を試してみるとよいでしょう。

スタートメニューから、設定を開く
①スタートメニューから、設定を開きます。
設定画面から、「時刻と言語」を選択
②設定画面から、「時刻と言語」を選択します。
メニューから「地域と言語」を選び、「キーボードの詳細設定」をクリック
③メニューから「地域と言語」を選び、「キーボードの詳細設定」をクリックします。
キーボードの詳細設定から、「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェック
④キーボードの詳細設定から、「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れます。これで言語バーが表示され、常時ひらがなかアルファベット入力かが分かるようになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか。IMEが無効です、と表示された時の直し方について解説しました。

IMEが無効になってしまう理由は様々です。もしもctfmon.exeによる再起動で直らなかった場合は、パソコン自体を再起動するなど、一度状況をリセットして再度試してみてください。