「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法!

「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法!

Canon製のプリンターを使用していたら「プリンターと通信できません」という通信エラーが発生してしまったことはありませんか?印刷はできてもこのような表示は気になりますよね。この記事では「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法を紹介します。


目次[非表示]

  1. 「プリンターと通信できません」と通信エラーになる
  2. 「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法

「プリンターと通信できません」と通信エラーになる

パソコンを使っていて、プリンターで印刷を行おうとした時に「プリンターと通信できません。双方向通信をサポートする設定にしてください。」と表示されてしまい通信エラーが起きてしまう症状に遭遇したことはありませんか?この症状は、主にCanon製のプリンターで発生することがあります。

この通信エラーが表示されていても普通にプリンターを使って印刷できる場合がほとんどなのでそのままにしてしまうユーザーの方もいらっしゃると思いますが、双方向通信がサポートされていないとプリンターの紙とインクの残量が分からなくなってしまうので、肝心な時にインクが切れてしまった…という状態になってしまう可能性があります。そこで、この記事では「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法をご紹介していきます。

「プリンターと通信できません」と通信エラーになる場合の対処法

パソコンとプリンターを再起動してみる

パソコン・プリンターのシステムに問題が発生してしまい、それが原因で通信エラーが発生することがあります。通信エラーが起きたら、一度パソコンとプリンターを再起動してみましょう。再起動後に、通信エラーが起きないかどうかチェックしてみましょう。

パソコンとプリンターのケーブル接続を確認してみる

パソコンとプリンターを接続しているUSBケーブルが、正しく接続されているかどうか確認してみましょう。ケーブルの接続が緩い場合などに、印刷はできるけど双方向通信が行われないといった症状が起きることもあります。接続が緩くなっていたら、差し直してみましょう。

プリンターの双方向サポートを有効にする

パソコン側で、双方向サポートの設定がオフになってしまっていることが原因で通信エラーが起きる場合は、プリンターの設定を開いて双方向サポートを有効にしましょう。

スタートメニューを開き、「設定」をクリック
まずはデスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「Windowsの設定」ウィンドウの「デバイス」をクリック
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「デバイス」をクリックしましょう。
設定画面のメニューの「プリンターとスキャナー」の項目一覧の接続中のプリンターをクリック→「管理」をクリック
設定画面が表示されます。左側メニューの「プリンターとスキャナー」をクリックして項目一覧を開き、接続中のプリンターをクリックして折りたたまれているメニューを開いたら「管理」をクリックしましょう。
デバイスの管理画面の「プリンターのプロパティ」をクリック
デバイスの管理画面が表示されるので、「プリンターのプロパティ」をクリックしましょう。
プリンターのプロパティの「ポート」タブの「双方向サポートを有効にする」のチェックボックスをオンにして「OK」をクリック
プリンターのプロパティが表示されるのでウィンドウ上部の「ポート」タブをクリックして開き、ポート一覧の下部に表示されている「双方向サポートを有効にする」のチェックボックスをオンにして「OK」をクリックしましょう。これで双方向サポートが有効になり、通信エラーが改善されます。

ファイアウォールを確認してみる

Windowsのファイアウォールがプリンターの通信を遮断している場合は、ファイアウォールの設定を変更しましょう。

「コントロールパネル」を開く
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを開き「コントロールパネル」をクリックしましょう。
「システムとセキュリティ」をクリック
コントロールパネルが表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックしましょう。
システムとセキュリティの項目一覧の「Windows Defender ファイアウォール」をクリック
システムとセキュリティの項目一覧から「Windows Defender ファイアウォール」をクリックします。
メニューの「詳細設定」をクリック
ファイアウォールの左側メニューの「詳細設定」をクリックしましょう。
メニューの「受信の規則」をクリック→「新しい規則」をクリック
ファイアウォールの詳細設定が開くので、左側メニューの「受信の規則」をクリックしたあとに、右側メニューの「新しい規則」をクリックしましょう。
「新規の受信の規則ウィザード」の規則の種類を「ポート」にして「次へ」をクリック
「新規の受信の規則ウィザード」が開きます。規則の種類は「ポート」を選択して「次へ」をクリックしましょう。
新規の受信の規則ウィザード
プロトコルおよびポートは「UDP」を選択します。ポートの対象は「特定のローカルポート」を選択して、プリンターが使用するポートを入力したら「次へ」をクリックしましょう。
「ドメイン」・「プライベート」・「パブリック」で使用するネットワーク接続のチェックボックスをオンにして「次へ」をクリック
プロファイルは、「ドメイン」・「プライベート」・「パブリック」の中から、使用するネットワーク接続のチェックボックスをオンにして「次へ」をクリックします。最後に規則の名前を付けたら「完了」をクリックして設定を保存しましょう。

これで、パソコンとプリンターの通信が正常に行われるようになります。

アンチウイルスソフトを確認してみる

アンチウイルスソフトを導入している場合、シールド機能がプリンターの通信に反応して通信を遮断してしまっている可能性もあります。この場合は、アンチウイルスソフトを一時的に無効化した状態で印刷を行い、通信エラーが起きるかどうか確認してみましょう。もし通信エラーが起きなかった場合は、アンチウイルスソフトの通信設定からプリンターの通信を例外設定に変更しましょう。