「0xc1900209」エラーコードの原因と対処法を紹介!

「0xc1900209」エラーコードの原因と対処法を紹介!

Windows10のアップデートを行おうとしたら、「0xc1900209」とエラーコードが表示されてアップデートに失敗してしまったことはありませんか?この記事では、Windows10で「0xc1900209」のエラーコードが起きる原因と対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windowsのアップデートで「0xc1900209」が発生
  2. 「0xc1900209」エラーコードの原因と対処法

Windowsのアップデートで「0xc1900209」が発生

Windows10をアップデートしようとしたら、「0xc1900209」とエラーコードが表示されてアップデートに失敗してしまったことはありませんか?このエラーコードが発生する場合、後述するIntel Rapid Storage TechnologyドライバーをアップデートしなければWindows10もアップデートを行うことができなくなってしまいます。

「0xc1900209」エラーコードの原因と対処法

「0xc1900209」エラーコードが発生する原因ですが、「Intel Rapid Storage Technology(IRST) 」ドライバーのバージョンの互換性の問題によってエラーが起きてしまうことがあります。この明愛は、最新のIntel Rapid Storage Technologyのドライバーをダウンロードしてインストールしましょう。まずは下記リンク先のWebサイトにアクセスしましょう。

サポート : インテル® Rapid Storage Technology (インテル® RST)
Intel Rapid Storage Technologyの紹介ページの「ドライバー・ダウンロード」項目の一番下にある「すべて表示」をクリック
Intel Rapid Storage Technologyの紹介ページが表示されるので、「ドライバー・ダウンロード」項目の一番下にある「すべて表示」をクリックしましょう。
ダウンロード検索ページの「絞り込み条件」のプルダウンメニューから使用しているOSを選択
ダウンロード検索ページが表示されるので、「絞り込み条件」のプルダウンメニューから使用しているOSを選択します。するとダウンロードできる項目の一覧が表示されるので、「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ユーザー・インターフェイスとドライバー」をクリックしましょう。
「インテル・ソフトウェア使用許諾契約」ウィンドウの「使用許諾契約の条項に同意します」ボタンをクリック
次のページで「SetupRST.exe」項目の「ダウンロード」ボタンをクリックしましょう。画面中央に「インテル・ソフトウェア使用許諾契約」ウィンドウが表示されるので、「使用許諾契約の条項に同意します」ボタンをクリックするとSetupRST.exeがダウンロードされます。

SetupRST.exeのダウンロードが完了したら実行して、セットアッププログラムの指示に従ってIntel Rapid Storage Technologyをインストールしましょう。インストール完了後にパソコンの再起動を求められるので、再起動を行います。

 

再起動が完了したら、エクスプローラーで「C:\Windows\System32\drivers」フォルダを開きます。フォルダ内の「iaStorA.sys」ファイルの名前の変更を行い、拡張子の後ろに「.bak」と入力しましょう。ファイル名の変更が完了したら、下記リンク先のMicrosoftのWindows10のダウンロードページにアクセスして、メディア作成ツールをダウンロードしてWindows10の更新を行いましょう。

Windows 10 のダウンロード