Thumb

Twitterでのダイレクトメッセージの送り方!

Twitterでのダイレクトメッセージの送り方や、使い方などについて紹介します!Twitterのダイレクトメッセージは、DMと呼ばれているものです。LINEのように気軽に会話を楽しめる機能なので、仕組みなどを理解してから使って見ましょう!


目次

  1. 1DM(ダイレクトメッセージ)とは
  2. 2TwitterでのDM(ダイレクトメッセージ)の送り方
  3. 3DM(ダイレクトメッセージ)を送れる相手について
  4. 4DM(ダイレクトメッセージ)が送れない場合
  5. 5グループでのDM
  6. 6まとめ

DM(ダイレクトメッセージ)とは

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)とは、「特定のフォロワーとだけ会話が出来る(メッセージが送れる)」機能です。

DMは自分のフォロワーにだけメッセージが送信でき、自分がフォローしている人からのみ受信が可能です。

更にDM(ダイレクトメッセージ)のグループを設定する事も出来るので、LINEのように複数人の人で同時に会話を楽しむことが出来ます。

DMは誰とでも送受信する事が可能ですが、主に「仲の良いフォロワー同士で、タイムラインに残したくない会話」を楽しむ事が多い機能かと思います。

TwitterでのDM(ダイレクトメッセージ)の送り方

DM(ダイレクトメッセージ)の送り方は非常に簡単で、PCでもスマホでも気軽に使えます。 こちらの解説を参考に、DMの送り方や削除の方法を学んでいきましょう。

PCでの送り方

画面の左上の「メッセージ」を押して下さい!

画面の左上に「メッセージ」がありますので、そちらを押して進んで下さい。

初期状態の場合はこの画面になります!

初めてPCでダイレクトメッセージを送る場合は、このような画面になります。 「会話をしよう」を選択して、次の画面に進みましょう。

メッセージを送る相手を検索しましょう!

新たにグループを作る場合は、検索フォームに「アカウント情報」を入れて下さい。

名前でもユーザー名でも可能ですが、似たような名前と間違えない為にも、「ユーザー名」を入力するべきです。 複数人のアカウントを選択する事も出来ますが、既にグループがある場合は「グループ名」を入力して下さい。

グループを「作るor入った」場合は、この画面になります!

この画面に移動で来たら、グループに入れたという事です。 下部の入力フォームから、ダイレクトメッセージで送りたい文章を入力しましょう!

受け取り側はこのように表示されます!

CのTwitterで送ったメッセージは、相手の画面では「灰色背景」で表示されます。 他人のメッセージは、どの様な場合でも灰色の背景になっているので、分かりやすいですね。

自分側のメッセージ画面では、自分のは「青色背景」で表示されています。

右上の「・・・」押して、会話を削除を選択します!

ダイレクトメッセージの会話を削除したい場合は、メッセージ画面の右上の「・・・」を押して下さい。

「会話を削除」が出て来ますので、それを押すことでグループ内の全会話が削除されます。

スマホでの送り方

DMのグループを作成する!

下部にある「✉」マークのメッセージをタップし、次の画面で右上の「+」が付いているマークをタップして下さい。

すると、PC同様にアカウントなどの検索も行えますが、既にフォローしているアカウントが下部に表示されます。 どちらを利用しても良いですが、フォローしている相手との会話の場合は、下部から選択した方がスムーズです!

メッセージを送信しよう!

下部の入力フォームに文章を入れて、送信ボタンを押しましょう。 すると、グループ内の相手にメッセージが表示され、自分のメッセージは「青背景で表示されています。

受け取った側はこのような表示になります!

スマホのTwitterから送ったメッセージも、PCと同様に「灰色背景」で表示されます。

右上の「・・・」をタップし、「会話を削除」を選択しましょう!

メッセージ画面の右上の「・・・」をタップし、「会話を削除」を選択しましょう。 グループ内の会話が全て削除されますので、過去の会話を掘り返される心配もありません!

DM(ダイレクトメッセージ)を送れる相手について

Twitterのダイレクトメッセージを送れる相手とは、下記のようにパターンが存在します。

1. フォロワー

ダイレクトメッセージは、「誰からでも受信する」設定を行っていない限りは、自分のフォロワーにだけ送信が出来ます。

受信をする場合は、自分がフォローしている人だけとなっています。

2. 過去にダイレクトメッセージを送った事のある相手

過去に一度でもダイレクトメッセージを送った相手は、⒈の条件に当てはまらなくても、ダイレクトメッセージを送る事が出来ます。

3. 鍵垢(ブロック)にされていない相手

鍵垢(ブロック)にされている場合は、その相手にダイレクトメッセージを送る事が出来ません。

⒈や⒉の条件に当てはまっていても、解除して貰うまでは送る事が不可能となっています。

4. 誰からでも受信可能の設定をしている相手

この設定をしている場合は、⒈と⒉の条件に当てはまらなくても、自由にダイレクトメッセージを送る事が出来ます。

だたし、初期設定のままだと、この設定になっているので、突然のダイレクトメッセージに驚く方も多いでしょう。なるべく、突然ダイレクトメッセージを送るのは避けましょう!

DM(ダイレクトメッセージ)が送れない場合

TwitterでDMが遅れない場合は下記に該当していないか確認をしましょう。

TwitterのDM設定で「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」をオフにしている

ダイレクトメッセージには、送受信に関連する設定を行うことが出来ます。 初期状態では、誰からでもメッセージを受け取れるようになっていますので、ダイレクトメッセージを受け取りたくない場合は、「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」をオフにして下さい。

間違えてフォロワーさんがオフにしている場合もありますので、オンに切り替えるように指摘しましょう。

Twitter内でそのユーザーにブロックされてしまった!

ダイレクトメッセージを送っていた相手にブロックされると、メッセージを送る事が不可能になります。

ダイレクトメッセージでは、色んな会話をすると思いますし、時には口論になる場合もあると思います。 その様な時に、怒らせてしまうと、イライラしてブロックされる事も出て来ます。ブロックされてしまうと、そのユーザーにダイレクトメッセージを送れなくなりますし、タイムラインにも表示されなくなります。

そのユーザーのプロフィール画面に行くと、ブロックされているかを判断できます。

ThumbTwitterでブロックされているか確認する方法!

Twitter全体やDMに不具合が出ている

Twitterをしていると様々な不具合に遭遇しますが、ダイレクトメッセージでも不具合が発生する事もあります。

不具合の種類も様々ですが、よくあるものとしては「通信環境の悪化、アップデートの影響」等が考えられます。しばらく不具合が続いた場合は、一旦Twitterを閉じて運営の対処を待ちましょう。

グループでのDM

TwitterではLINEのようにグループでもDMを送ることができます。 グループでのDMの送り方については下記の記事を参考にして下さい。

ThumbTwitterでグループチャットの作り方・やり方を解説!

まとめ

Twitterでのダイレクトメッセージの送り方について紹介しましたが、ダイレクトメッセージはかなり便利に会話の出来るツールです。

Twitterでありながら、LINEのような使い方や送れる相手に制限が出来たりします。 仲の良い相手とだけやり取りをするようにして、安全に健全にダイレクトメッセージを利用していきましょう。ダイレクトメッセージで会話する相手とは、可能限りは仲良くしていたいですね。


関連記事