Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法!

Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法!

Windows11のログイン時に、パスワードの入力を省略して自動サインインを行いたいと思ったことはありませんか?入力が不要な場合は省略してしまいましょう。この記事では、Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows11で自動サインインを行いたい
  2. Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法

Windows11で自動サインインを行いたい

Windows11のパソコンを起動した時に、パスワードの入力を求められますよね。自分しかパソコンを使わないという方の場合は、パスワードの入力が面倒なのでこの画面を省略したいと思うこともあるかと思います。

この記事では、Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法をご紹介していきます。

Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法

それでは、Windows11でパスワードを省略し自動サインインを行う設定方法を説明します。まずは「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「netplwiz」と入力して「OK」をクリックしましょう。
「ユーザーアカウント」ウィンドウが表示されるので、「ユーザー」タブを選択して「このコンピューターのユーザー」から自分のアカウントを選択します。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスをクリックしてオフにしたら、「OK」をクリックしましょう。

続いて「自動サインイン」ウィンドウが表示されるので、「ユーザー名」・「パスワード」・「パスワードの確認入力」の各欄に情報を入力したら「OK」をクリックしましょう。これで次回からWindows11の起動時にパスワードを省略し、自動サインインを行うようになりますよ。元に戻したい場合は「netplwiz」コマンドから再度ユーザーアカウントウィンドウを開き、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスを有効にすればOKです。

またWindows11では、一定時間離席して自動的にスリープ状態になった際に再度パソコンを操作しようとするとWindowsへのサインインが求められます。こちらも無効化しておくと便利ですよ。デスクトップ画面下部のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」を開きましょう。設定画面が表示されたら左側メニューの「アカウント」をクリックして開き、項目一覧から「サインインオプション」をクリックしましょう。
サインインオプションの項目一覧が表示されるので、下方向にスクロールして「追加の設定」項目を確認します。「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」項目のプルダウンメニューをクリックして「常にオフ」に設定しましょう。

これで、自動的にスリープになった場合もパスワードを入力しないで即復帰することができるようになりますよ。

キーワード一覧