Windows11で高速スタートアップを無効化する方法!

Windows11で高速スタートアップを無効化する方法!

Windows11では、高速スタートアップ機能が有効になっています。トラブルが発生した際に高速スタートアップが原因となることもあるので、無効化する方法を知っておきましょう。この記事では、Windows11で高速スタートアップを無効化する方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. 高速スタートアップとは?
  2. Windows11で高速スタートアップを無効化する方法

高速スタートアップとは?

Windows10から実装された機能である「高速スタートアップ」は、Windows11にも実装されています。高速スタートアップとは、Windowsの起動を高速化するためにシャットダウンの際にCPU・メモリの状態を保持する機能です。

システムの状態を保持しているため次回の起動が高速化されるのですが、システムトラブルが発生している場合にも状態を保持してしまうため場合によっては扱いに困ってしまうこともあります。この場合は、高速スタートアップを無効化しましょう。この記事では、Windows11で高速スタートアップを無効化する方法をご紹介していきます。

Windows11で高速スタートアップを無効化する方法

それでは、Windows11で高速スタートアップを無効化する方法を説明します。まずはデスクトップ画面下部のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」をクリックしましょう。
すべてのアプリの一覧が表示されたら、「W」の項目までスクロールして「Windowsツール」をクリックしましょう。
「Windowsツール」ウィンドウが表示されます。一覧から「コントロールパネル」をクリックして開きましょう。
「コントロールパネル」ウィンドウが表示されます。「ハードウェアとサウンド」をクリックしましょう。
ハードウェアとサウンドの項目一覧が表示されるので。「電源ボタンの動作の変更」をクリックしましょう。
「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」画面が表示されます。画面上部の「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしましょう。
これで「シャットダウン設定」が操作できるようになるので、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックボックスをクリックしてオフにしてからウィンドウ右下の「変更の保存」をクリックしましょう。これで、高速スタートアップを無効化することができますよ。

パソコンを再起動すると、高速スタートアップを使用しない通常の起動が行われます。


キーワード一覧