Windows11でキャッシュを削除する方法を紹介!

Windows11でキャッシュを削除する方法を紹介!

Windows11のパソコンで、ストレージ内にキャッシュが溜まって空き容量が少なくなってしまうと困ってしまいますよね。この場合は、キャッシュクリアを行いキャッシュを削除しましょう。この記事では、Windows11でキャッシュを削除する方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows11でキャッシュを削除したい
  2. Windows11でキャッシュを削除する方法

Windows11でキャッシュを削除したい

Windows11

Windows11のパソコンで、ストレージに溜まったキャッシュを削除したいと思ったことはありませんか?Windows Updateのログファイルなど、場所が分かっていてもうかつに削除できないファイルを安全にキャッシュクリアする方法を知りたい方も少なくないかと思います。

この記事では、Windows11でキャッシュを削除する方法をご紹介していきます。

Windows11でキャッシュを削除する方法

デスクトップ画面下部のスタートボタンをクリックしてスタートメニュー
それでは、Windows11でキャッシュを削除する方法を説明します。まずはデスクトップ画面下部のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」をクリックします。すべてのアプリ一覧から、「Windowsツール」をクリックして開きましょう。
「Windowsツール」ウィンドウ
「Windowsツール」ウィンドウが開きます。項目一覧から「ディスククリーンアップ」をクリックして起動しましょう。
ウィンドウ下部の「システムファイルのクリーンアップ」
ディスククリーンアップが起動したら、「削除するファイル」の一覧に不要なファイルが表示されているのを確認します。最初に表示されているファイルにはシステムファイルが含まれていないので、ウィンドウ下部の「システムファイルのクリーンアップ」をクリックしましょう。
ディスククリーンアップ
再度ディスククリーンアップによるディスクの読み込み・計算が行われ、「Windows Updateのクリーンアップ」や「Windows アップグレードログファイル」などのシステムファイルのキャッシュも表示されるようになります。あとは削除したいキャッシュのチェックボックスをオンにして選択を行い、「OK」ボタンをクリックしましょう。

「これらのファイルを完全に削除しますか?」と表示されるので、「ファイルの削除」をクリックすればWindows11に溜まったキャッシュが削除されますよ。
​​​​​​​スタートメニューの設定
他にも、設定メニューからキャッシュクリアを行う方法があります。

スタートメニューを開いて「設定」をクリックして設定画面を開き、左側メニューの「システム」からシステムの項目一覧を開き「記憶域」をクリックしましょう。
「記憶域の管理」項目の「クリーンアップ対象候補」
「記憶域の管理」項目の「クリーンアップ対象候補」をクリックすると、削除できるキャッシュファイルの一覧が表示されます。

削除したいキャッシュファイルのチェックボックスをオンにして「~バイトをクリーンアップします」ボタンをクリックすることで、それらのキャッシュが削除されますよ。

また「ストレージセンサー」のボタンをクリックしてオンにすることで、自動的にキャッシュファイルの整理を行ってくれるようになります。


キーワード一覧