LINEの友達自動追加とは?設定をオフにする方法もご紹介!

LINEの友達自動追加とは?設定をオフにする方法もご紹介!

LINEには友達自動追加機能があり、アドレス帳の友達がLINEユーザーの場合自動で登録してくれるので便利です。友達への追加の許可をオフにして自動追加されないようにすることも可能です。この記事では、友達自動追加機能と友達への追加の許可設定について説明しています。


目次

  1. LINEの友達自動追加とは
  2. LINEの友達自動追加する方法
  3. LINEで友達自動追加すると相手に通知が飛ぶ?
  4. LINEで友達に自動追加されないように設定をオフにする
  5. まとめ

LINEの友達自動追加とは

LINEには「友だち自動追加」という機能があります。

名前の通り、自分のスマホのアドレス帳に登録している友だちの電話番号を自動で検索して、友達への追加の許可がされているLINEユーザーがいた場合は自動で友だちリストに追加してくれる機能です。

LINEを新規で始めた場合やアカウントを作り直した時に、アドレス帳に友達が何十人もいるような場合は通常の電話番号・ID検索による追加方法だと一人一人検索して追加しなければならないためかなり手間がかかります。

ですが友だち自動追加機能なら、オンにするだけで勝手に友だちをリストに追加してくれるので手間がかからず便利です。

LINEの友達自動追加する方法

それでは、LINEで友だちを自動追加する方法を説明します。まずはLINEを起動して、「友だち」タブの右上に表示されている歯車のボタンをタップしましょう。

設定メニューから「友だち」をタップします。

友だちメニューに表示されている「友だち自動追加」をタップしてチェックボックスをオンにしましょう。

チェックボックスをオンにすると、スマホのアドレス帳に登録されている電話番号を検索して、LINEユーザーを自動で友だちとして追加します。

LINEで友達自動追加すると相手に通知が飛ぶ?

LINEの友だち自動追加機能で他のユーザーを友だちリストに追加した時に、相手に通知が飛んでいるか気になりますよね。

友だち自動追加機能で友だち追加した場合、その相手に「~があなたを○○で友だちに追加しました。」と通知が飛ぶようになっています。○○には電話番号・QRコード・LINE IDが当てはまります。

基本的に、友だち自動追加機能を使用した場合は相手に友だち登録したことが知られると思って問題ないでしょう。

LINEで友達に自動追加されないように設定をオフにする

友だち自動追加機能で、他の人に勝手に友だち追加されるのは嫌だという人もいるかと思います。自動追加されたくない場合は、設定から友だちメニューで「友達への追加の許可」のチェックボックスをオフにしましょう。

これで相手のアドレス帳にあなたの電話番号が登録されていても自動追加されなくなります。

この項目をオフにすると電話番号検索でもあなたのアカウントを表示しないので、友だちリストに追加してもらいたい場合は自分から検索したりIDを教えてもらうなどして、友だちリストに追加しましょう。

他にも、下記の記事で勝手に友だちリストに追加されない方法を詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

ThumbLINEで勝手に友達に追加されないようにする方法!

まとめ

LINEの友達自動追加とは?設定をオフにする方法もご紹介!いかがでしたでしょうか。

友だち自動追加機能を使えば、新しくLINEを始めた時などにアドレス帳からいちいち一人ずつ調べて登録する…といった手間がかからずに一気に友達を登録できるため便利です。

逆に、この機能の存在によってLINEで繋がりたくない人にも友だち自動追加されてしまう恐れもありますので、自動追加されたくない場合は「友だちへの追加を許可」をオフにしておきましょう。


関連記事