OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない場合の対処法をご紹介!

OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない場合の対処法をご紹介!

OneDriveアプリが同期保留中になってしまい、同期が終わらない・ファイルがアップロードできないなどの症状が起こることがあります。この記事では、OneDriveが同期保留中の状態になってしまい同期が終わらない場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない
  2. OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない場合の対処法

OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない

Windows10には、Microsoftのクラウドストレージサービスである「OneDrive」と接続を行うことのできるアプリがデフォルトでインストールされており、パソコンとOneDrive間でファイルの共有を行うことができます。

便利なOneDriveアプリですが、稀に「同期保留中」のまま同期が終わらない状態になってしまうことがあります。

同期保留中とは、名前の通り同期を保留している状態です。なぜ同期ができなくなるのかの原因は複数考えられるのですが、この状態になってしまうとOneDriveのフォルダにファイルを入れてもアップロードできない、なぜかアクセスが遅い、またOneDriveからファイルをダウンロードしようとしてもダウンロードが終わらない・または失敗してしまうといったエラーが発生してしまいます。

今回は、OneDriveが同期保留中の状態となってしまい同期が終わらない場合の対処法をご紹介していきます。

OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない場合の対処法

それでは、OneDriveが同期保留中の状態となり同期が終わらない・ファイルがアップロードできない・ファイルを更新できないといった症状が出た場合の対処法を説明します。

OneDriveアプリが起動しているか確かめる

タスクバーのOneDriveのアイコンが表示
OneDriveアプリが起動している場合は、タスクバーのOneDriveのアイコンが表示されます。
フォルダに雲のアイコンが表示
また、OneDriveフォルダを開いて中のファイルを見てみましょう。雲のアイコンが表示されていれば、同期中であることが分かります。
検索ボックスに「OneDrive」と入力することで検索結果にOneDriveアプリが表示
OneDriveアプリが起動していない場合は起動しましょう。検索ボックスに「OneDrive」と入力することで検索結果にOneDriveアプリが表示されるので、クリックすることで起動されます。

パソコンのストレージの空き容量を確認してみる

パソコンのHDDやSSDの空き容量が足りないと、OneDriveにアップロードしてあるファイルをダウンロードすることができずファイル情報を更新できない状態になってしまいます。空き容量がちゃんとあるかどうか確かめておきましょう。

OneDriveのアカウントを確認する

OneDriveにログインしているMicrosoftアカウントが違う場合は同期が行えずファイル情報を更新できない状態になってしまいます。OneDriveにログインしているアカウントを確かめてみましょう。

OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリック
OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリックしましょう。
「アカウント」タブをクリック
設定ウィンドウが表示されたら、「アカウント」タブをクリックしましょう。アカウントメニューが表示され、現在OneDriveにログインしているMicrosoftアカウント情報が表示されます。

ここにはアカウント名だけでなくストレージの使用情報も表示されるので、ストレージの空き容量が足りているかどうかの確認も行っておきましょう。

無料版のOneDriveを使用している場合、アカウントのストレージ容量は5GBとなっています。それ以上の容量のファイルをアップロードしようとしても当然エラーが発生して失敗してしまうので注意しましょう。

Microsoft365サービスの状態を確かめる

Microsoft365とは、Microsoftのサービスの総称です。OneDriveもこのMicrosoft365のサービスの一部なので、Microsoft365サービスのサーバーがダウンするなどのトラブルが発生した場合OneDriveにアクセスできなってしまいます。

Microsoft365のサービスの状態を確認するには、下記リンク先のサービス正常性確認ページにアクセスしてみましょう。

Microsoft 365 サービスの状態
正常性確認ページの左側に、提供しているサービスと現在の状態が表示
正常性確認ページの左側に、提供しているサービスと現在の状態が表示されます。OneDriveの項目をチェックして「問題が発生しています」と表示されている場合は同期が行えないため、問題が解消されるまで待ちましょう。

Officeファイルの同期を解除する

Officeファイルの同期機能によってエラーが発生して、同期が正常に行えないケースがあります。この場合は、一度Officeファイルの同期を解除してみましょう。

OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリック
OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリックしましょう。
設定ウィンドウが表示されたら、上部に表示されているタブの「Office」をクリック
設定ウィンドウが表示されたら、上部に表示されているタブの「Office」をクリックしましょう。Officeタブ内の「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」のチェックを外したら「OK」をクリックします。

この操作が完了したら、Windowsを再起動してOneDriveの同期が行われるかどうか確認してみましょう。

OneDriveとのリンクを解除する

他の対処法を行ってもOneDriveが同期保留中のままの場合は、OneDriveとのリンクを一度解除してみましょう。

OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリック
OneDriveアプリの「その他」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリックしましょう。
上部に表示されているタブの「アカウント」をクリック
設定ウィンドウが表示されたら、上部に表示されているタブの「アカウント」をクリックしましょう。アカウントタブ内の「このPCのリンク解除」をクリックします。
「このPC上のアカウントのリンクを解除しますか?」と注意メッセージが表示されるので「アカウントのリンク解除」ボタンをクリックしてリンクを解除
「このPC上のアカウントのリンクを解除しますか?」と注意メッセージが表示されるので「アカウントのリンク解除」ボタンをクリックしてリンクを解除しましょう。

アカウントとのリンクを解除すると、ダウンロードしたファイルはそのまま残りますがOneDriveアプリの設定は初期化されます。リンクを解除したらWindowsを再起動して、再度アカウント設定を行って同期してみましょう。

OneDriveをリセットする

アカウントとのリンクを一旦解除しても同期保留中が解除されない場合は、OneDriveをリセットしてみましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コマンドプロンプト」を右クリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コマンドプロンプト」を右クリックしましょう。メニューの「管理者として実行」をクリックしてコマンドプロンプトを開きます。
コマンドプロンプトに「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe /reset」とコマンドを入力してEnterキーを押す
コマンドプロンプトに「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe /reset」とコマンドを入力してEnterキーを押すことで、OneDriveの同期情報がリセットされます。

全てのファイルの同期処理が行われるため操作完了するのが遅いので、上記コマンドは時間に余裕のある時に実行しましょう。処理が完了すると、再びOneDriveアプリが起動します。

OneDriveの再インストールを行う

OneDriveのリセットを行っても同期が正常に行われない場合は、OneDriveアプリの再インストールを行いましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリック
まずはアプリのアンインストールを行います。デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
Windowsの設定が表示されたら「アプリ」をクリック
Windowsの設定が表示されたら「アプリ」をクリックしましょう。
「Microsoft OneDrive」を選択して「アンインストール」をクリック
設定画面の「アプリと機能」にインストールされているアプリ一覧が表示されるので、「Microsoft OneDrive」を選択して「アンインストール」をクリックしましょう。

「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されるので、再度「アンインストール」をクリックすることでOneDriveアプリがアンインストールされます。もしアンインストール前にユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリックしましょう。

アンインストールが完了したら、下記リンクからOneDriveのページに移動してOneDriveアプリのインストーラーをダウンロードします。

Microsoft OneDrive のダウンロード
テキストの「ここを~」からリンクになっているので、クリックしてインストーラーをダウンロード
「OneDriveを開始」ボタンの下に「再インストールする必要がある場合、ここをクリックしてダウンロードしてください」と書かれています。テキストの「ここを~」からリンクになっているので、クリックしてインストーラーをダウンロードしましょう。

インストーラーのダウンロードが完了したら、再度OneDriveアプリをインストールしてアカウントを登録してみてください。