Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない場合の対処法!

Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない場合の対処法!

Windows10の電源メニューに度々表示される「更新してシャットダウン」ですが、気づくと毎回表示され、消えないときがあります。今回はそんな消えない「更新してシャットダウン」への対応策を解説。うまく対処して快適にWindows10を使用しましょう。


目次[非表示]

  1. Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない
  2. Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない場合の対処法
  3. まとめ

Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない

Windows10を使用中、定期的にWindows updateが行われていることはご存知だと思います。

しかし、ちゃんとアップデートしているのにも関わらず、毎回「更新してシャットダウン」が表示されてしまうことはないでしょうか?

Windows10で「更新してシャットダウン」「更新して再起動が消えない。
気づくと「更新してシャットダウン」「更新して再起動」が毎回表示されて消えない状態となります。

また「更新してシャットダウン」を選択すると、その都度更新しているような動きはするものの、結局更新されないままで、次回もまた「更新してシャットダウン」が表示されてしまいます。

非常に気になってしまいますよね。正直「うざいな」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。終わらないアップデートにどう対応すればいいのか?

今回はWindows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない場合の対処法について解説いたします。

Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示され消えない場合の対処法

Windows10で「更新してシャットダウン」が毎回表示されてしまうことへの回避策はいくつかあります。

簡単なものから順に紹介していきます。

Windows updateの手動実行

通常はシャットダウン時や再起動時に合わせて行われるアップデートを、手動で実施してみる方法です。

この回避策だけで「更新してシャットダウン」が表示される問題の大半は解決されるため、やる価値は高いですよ。方法は下記のとおりです。

Windows10のスタートメニューから「更新プログラムの確認」
スタートメニューから、キーボードで「更新と入力」し、「更新プログラムの確認」をクリックします。
Windows update
Windows updateの画面が起動したら、画面右側の「更新プログラムのチェック」をクリックします。
Windows update
自動でチェックが行われ、更新プログラムが見つかると自動で適用が始まります。
Windows update
更新プログラムの適用が完了すると、「今すぐ再起動する」が表示されることがあります。その場合はクリックして再起動してください。
Windows10の再起動の仕方まとめ!ショートカットでの再起動方法も解説!

Windows10の再起動の仕方についてまとめました。スタートメニューから再起動する方法・ショートカットから再起動する方法などWindows10には再起動の仕方がいくつかあります。それぞれのやり方を把握しておきましょう。

Thumb

再起動後、電源メニューを見てみて「更新してシャットダウン」「更新して再起動」が消えていたら成功です。

コマンドを使用して強制update

上記の手順にて解決しなかった場合は、Windows update側に問題がある可能性がありますので、下記の回避策を試してみてください。手順を示します。

Windowsのスタートメニューからコマンドプロンプトを起動
スタートメニューを開き、キーボードで「cmd」と入力し、表示された「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックします。

プロンプトが開いたら、下記のコマンドをすべてコピー&ペーストします。

net stop usosvc
net stop dosvc
net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft/Network\Downloader\qmgr0.dat" 
del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft/Network\Downloader\qmgr1.dat"
net start msiserver
net start bits
net start cryptSvc
net start wuauserv
net start dosvc
net start usosvc

上記コマンド実施後、5分~10分ほど待ってから、先述の「Windows updateの手動実行」をしてみてください。

すぐには終わらないため、しばらく(30分くらい)パソコンが重い状態が続きますが、完了すると、「更新してシャットダウン」の表示は消えていると思います。

まとめ

「更新してシャットダウン」が消えない問題の回避策をご紹介しました。

何故かうまく更新されない時のあるWindows updateですが、セキュリティ上必要な更新プログラムなどを適用する重要な処理、うまくいかないまま放置もよくありません。

今回紹介したこれらの回避策を活用して、上手に付き合っていきたいですね。