Windows10のモバイルホットスポットの使い方!接続できない場合の対処法

Windows10のモバイルホットスポットの使い方!接続できない場合の対処法

Windows10には、モバイルホットスポットという機能があります。この機能を使うことで、スマートフォンやタブレットをインターネット接続することができるようになります。この記事では、モバイルホットスポットの使い方を接続できない場合の対処法を説明しています。


目次[非表示]

  1. モバイルホットスポットとは?
  2. モバイルホットスポットの使い方
  3. モバイルホットスポットに接続できない場合の対処法
  4. まとめ

モバイルホットスポットとは?

Windows10の機能「モバイルホットスポット」をご存知でしょうか?

モバイルホットスポットとは、インターネットに接続しているWindows10パソコンを無線LANのアクセスポイントにして、スマートフォンやタブレットをWindows10のパソコンからWiFi接続でインターネット接続が行えるようにできる機能です。

モバイルホットスポット機能を使うことで、自宅に無線LANルーターがない場合でもWindows10を無線LANの代わりにして、スマートフォンやタブレットでWiFi接続でインターネットへのアクセスを行うことができるようになります。スマートフォンのデータ通信量を気にせずにインターネット接続できるので便利ですよ。

この記事では、モバイルホットスポットの使い方やモバイルホットスポットに接続できない場合の対処法についてご紹介していきます。

モバイルホットスポットの使い方

それでは、モバイルホットスポットの使い方を説明します。

必要なもの

Bluetoothのアイコン

モバイルホットスポット機能を使用するには、Windows10パソコンに無線LANが内蔵されているか、Bluetoothを内蔵している・外付けのBluetoothを用意する必要があります。Bluetoothで接続する場合は、事前にペアリングを行っておきましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックします。
Windowsの設定が表示されるので、「デバイス」をクリック
Windowsの設定が表示されるので、「デバイス」をクリックしましょう。
設定画面が表示されるので、左側メニューの「Bluetoothとその他のデバイス」をクリックして開き、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリック
設定画面が表示されるので、左側メニューの「Bluetoothとその他のデバイス」をクリックして開き、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックしましょう。
「デバイスを追加する」ウィンドウが表示されるので、「Bluetooth」をクリック
「デバイスを追加する」ウィンドウが表示されるので、「Bluetooth」をクリックしましょう。次にスマートフォン側のBluetoothを起動してパソコンに接続します。PINコードが発行されるので、ペア設定することでペアリングが完了します。

モバイルホットスポットをオンにする

Windowsの設定に戻り、「ネットワークとインターネット」をクリック
続いて、モバイルホットスポットをオンにしましょう。Windowsの設定に戻り、「ネットワークとインターネット」をクリックします。
設定画面が開くので、左側メニューの「モバイルホットスポット」をクリックして一覧を開き、「インターネット接続を他のデバイスと共有します」のボタンをクリック
設定画面が開くので、左側メニューの「モバイルホットスポット」をクリックして一覧を開き、「インターネット接続を他のデバイスと共有します」のボタンをクリックしてオンにしましょう。

Bluetoothをペアリングしている場合はそのまま接続が行われ、デバイス名・IPアドレス・物理アドレス(MAC)が表示されます。無線LANによるWiFi接続の場合はネットワーク名とネットワークパスワードが表示されるので、デバイス側に入力して接続を行いましょう。

「編集」ボタンからネットワーク名とパスワードを変更することもできます。

モバイルホットスポットのオン・オフを簡単に切り替える

デスクトップ画面右下のアクションセンターアイコンをクリックしてクイックアクションの一覧からモバイルホットスポットボタンをクリック
モバイルホットスポットの設定が完了したら、デスクトップ画面右下のアクションセンターアイコンをクリックしてクイックアクションの一覧からモバイルホットスポットボタンをクリックすることで、モバイルホットスポットのオン・オフを素早く行うことができるようになります。
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューから設定を開き、Windowsの設定の「システム」をクリック
モバイルホットスポットボタンが無い場合は、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューから設定を開き、Windowsの設定の「システム」をクリックします。
「クイックアクションの編集」からモバイルホットスポットボタンを追加
設定画面が開くので、左側メニューの「通知とアクション」をクリックして一覧を表示させて、「クイックアクションの編集」からモバイルホットスポットボタンを追加することができます。

モバイルホットスポットに接続できない場合の対処法

こちらでは、モバイルホットスポットにつながらない場合の対処法を説明します。

接続できる前提条件が整っているかどうか確認する

前述の通り、モバイルホットスポットはWindows10パソコンでないと動作しません。

また、Windows10パソコンが「Windows10 Anniversary Update」を適用している必要があります。その上で、無線LANorBluetoothが内蔵されているか、外付けのBluetoothアダプターを用意する必要があります。Bluetoothアダプターを使っている場合は、ちゃんとパソコンが認識しているかどうか確認しておきましょう。

機器が動いているのにも関わらずモバイルホットスポットが利用できない場合は、パソコンを再起動してみましょう。

スマートフォンのWiFi接続を解除する(Bluetoothで接続している場合)

Bluetoothでペアリングを行ってモバイルホットスポットを利用する場合は、スマートフォンのWiFi接続を解除しておきましょう。

ネットワークプロファイルの設定を行う

ネットワークプロファイルの設定がパブリックではない場合、モバイルホットスポットを使用することができません。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
Windowsの設定が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリック
Windowsの設定が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリックしましょう。
左側メニューの「状態」をクリックして一覧を開き、「接続プロパティの変更」をクリック
設定画面が開くので、左側メニューの「状態」をクリックして一覧を開き、「接続プロパティの変更」をクリックしましょう。
ネットワーク設定が開くので、「パブリック」をクリックして設定
ネットワーク設定が開くので、「パブリック」をクリックして設定しましょう。

「モバイルホットスポットを設定できません」と表示されてしまう場合

「お使いのPCでは、イーサネット、Wi-Fi、または携帯データネットワークに接続できないため、モバイルホットスポットを設定できません。」と表示
モバイルホットスポットに接続できていたのに、「お使いのPCでは、イーサネット、Wi-Fi、または携帯データネットワークに接続できないため、モバイルホットスポットを設定できません。」と表示され、モバイルホットスポットのボタンをオンにできなくなってしまうことがあります。
「Windowsキー+Xキー」を同時押ししてメニューを開き、「デバイスマネージャー」をクリック
この場合は、「Windowsキー+Xキー」を同時押ししてメニューを開き、「デバイスマネージャー」をクリックしましょう。
ウィンドウ上部の「表示」をクリックして表示されるメニューの「非表示のデバイスの表示」をクリック
デバイスマネージャーが表示されたら、ウィンドウ上部の「表示」をクリックして表示されるメニューの「非表示のデバイスの表示」をクリックしましょう。
「Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter」を右クリックして開き「デバイスを無効にする」をクリック
ネットワークアダプターを展開して、「Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter」を右クリックして開き「デバイスを無効にする」をクリックしましょう。

「このデバイスを無効にすると機能しなくなります。このデバイスを無効にしますか?」と警告メッセージが表示されるので、「はい」をクリックして一度無効化しましょう。

無効化したら、再度Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterを右クリックして「デバイスを有効にする」をクリックすることで、モバイルホットスポットが有効化されます。

Windowsをアップデートする

Windows Updateがあるのにも関わらずアップデートを行っていない場合、モバイルホットスポットがオフになってしまい使えなくなってしまうことがあります。この場合は更新プログラムを適用してWindowsをアップデートしましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリック
Windowsをアップデートするには、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックします。
Windowsの設定が表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリック
Windowsの設定が表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。
左側メニューの「Windows Update」をクリックして一覧を開き、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリック
設定画面が開くので、左側メニューの「Windows Update」をクリックして一覧を開き、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックしましょう。

Windows Updateが始まり、更新プログラムのインストールが行われます。更新が完了したら、パソコンを再起動することでモバイルホットスポットが使用可能になります。

まとめ

Windows10のモバイルホットスポットの使い方!接続できない場合の対処法、いかがでしたでしょうか。

Windows10には、新機能「モバイルホットスポット」が搭載されています。モバイルホットスポットを使えば、自分のWindows10パソコンを疑似的な無線LANにすることができるようになり、スマートフォンやタブレットなどのデバイスがWindows10パソコンを経由してインターネット接続を行えるようになります。

モバイルホットスポットは、Windows10に無線LAN・Bluetoothが搭載されているか、外付けのBluetoothアダプターを用意することで使用可能です。ぜひモバイルホットスポットを使ってスマートフォンでインターネットに接続してみてくださいね。

また下記の記事ではモバイルホットスポットを常にオンにする方法について紹介しています。ぜひあわせて参考にしてみて下さい。

モバイルホットスポットを常にオンにする方法!【自動起動/スリープ中】

Windows10のモバイルホットスポットはPC・スマホの設定次第で勝手に接続が切れることがあるので、常にオンにする方法を知りたいユーザーも多いと思います。この記事では、Windows10のモバイルホットスポットを常にオンにする方法をご紹介しています。

Thumb