モバイルホットスポットを常にオンにする方法!【自動起動/スリープ中】

モバイルホットスポットを常にオンにする方法!【自動起動/スリープ中】

Windows10のモバイルホットスポットはPC・スマホの設定次第で勝手に接続が切れることがあるので、常にオンにする方法を知りたいユーザーも多いと思います。この記事では、Windows10のモバイルホットスポットを常にオンにする方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. モバイルホットスポットを常にオンにする方法

Windows10のモバイルホットスポットは、無線LANの代わりにスマホやタブレットを接続できる便利な機能です。ですが、このモバイルホットスポットが勝手に切れる現象が起き、パソコンとデバイスの接続が解除されてしまうことがあります。

モバイルホットスポットが勝手に切れると再度接続しなくてはならないので、手間がかかってイライラしてしまいますよね。

この記事では、モバイルスポットを常にオンに近づける方法についてご紹介しています。

モバイルホットスポットを常にオンにする方法

PC側の設定

モバイルホットスポットが勝手に切れる場合に自動オンになるように設定できればいいのですが、自動オンにする設定は今のところ存在していません。

ですので、できるだけ簡単にモバイルスポットをオンにできる環境を用意します。

デスクトップ画面で右クリックして、「新規作成」→「ショートカット」をクリック
デスクトップ画面で右クリックして、「新規作成」→「ショートカット」をクリックしましょう。
どの項目のショートカットを作成しますか?と尋ねられるので、「項目の場所を入力してください」の入力欄に「ms-settings:network-mobilehotspot」と入力して「次へ」をクリック
どの項目のショートカットを作成しますか?と尋ねられるので、「項目の場所を入力してください」の入力欄に「ms-settings:network-mobilehotspot」と入力して「次へ」をクリックしましょう。
ショートカット名を「モバイルホットスポット」と入力して「完了」をクリック
次にショートカット名を「モバイルホットスポット」と入力して「完了」をクリックします。これでデスクトップにモバイルホットスポット設定のショートカットが作成されます。
「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、名前欄に「shell:startup」と入力して「OK」をクリック
次に、「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、名前欄に「shell:startup」と入力して「OK」をクリックしましょう。
スタートアップフォルダが表示
スタートアップフォルダが表示されるので、先ほど作成したモバイルホットスポットのショートカットを移動すれば、Windows10の起動時にモバイルホットスポットの設定画面が自動起動するようになります。

スマホ側の設定

スマホは、スリープ時にWiFiの接続が解除される設定があります。スリープしてしまうとモバイルホットスポットが解除されてしまうので、スリープ時の接続解除を行わないように設定を変更しましょう。

設定を開いたら「Wi-Fi設定」をタップして開き、「スリープ時のWi-Fi接続」をタップ
設定を開いたら「Wi-Fi設定」をタップして開き、「スリープ時のWi-Fi接続」をタップしましょう。
スリープ時のWi-Fi接続の設定が表示されるので、「接続を維持する」をタップ
スリープ時のWi-Fi接続の設定が表示されるので、「接続を維持する」をタップしましょう。これで、スリープ中でもモバイルホットスポットが接続されたままになりますよ。