「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」の対処法!

「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」の対処法!

共有エクスペリエンスでアカウント情報正常認識されていないと、「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」という通知が表示されることがあります。この記事では、共有エクスペリエンスからエラーメッセージの対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. 「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」が表示される
  2. 「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」の対処法

「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」が表示される

Windows10のパソコンで、「Microsoftアカウントの問題」・「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります(最も多いのはパスワードが変更された場合)。こちらを選択し、[共有エクスペリエンス]の設定で修正してください。」という通知が表示されたことはありませんか?

これは通知に書かれている通り、Microsoftアカウントに関するエラーメッセージになります。パスワードが変更されたときやMicrosoftアカウントで変更があった際にこの通知が表示されるので、設定から共有エクスペリエンスの項目を開いて対応を行う必要があります。

共有エクスペリエンスとは?

共有エクスペリエンスとは何なのかと言いますと、Windows10のパソコンで使用しているアプリの作業情報を他のWindows10のパソコンなどに引き継ぐことができたり、作業を共有することができる機能です。共有エクスペリエンスの設定を確認しておかないと、思わぬところでトラブルの原因となる可能性があることを覚えておきましょう。

「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」の対処法

スタートメニューを開き、「設定」をクリック
それでは、「お使いの Microsoftアカウントを修正する必要があります」の対処法を説明していきます。まずはデスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「システム」をクリック
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「システム」をクリックしましょう。
「共有エクスペリエンス」をクリック
設定画面が表示されるので、左側メニューを下方向にスクロールして「共有エクスペリエンス」をクリックします。共有エクスペリセンス項目一覧に「お使いのアカウントの一部に注意が必要です」と表示されていたら、「今すぐ修正する」ボタンをクリックしましょう。マイクロソフトアカウントのパスワード入力を求められるので、パスワードを入力して「サインイン」をクリックしてサインインしましょう。
「すべてのアカウントが正常動作中」の表示
サインインが完了したら、エラーメッセージが出ているかどうか確かめましょう。「すべてのアカウントが正常動作中」表示に変われば、マイクロソフトアカウントの問題は解決できていますよ。
「デバイス間の共有」項目にあるボタンをクリックしてオフにする
冒頭で述べた通り、共有エクスペリエンスの機能が有効になっていると各種デバイスと使用中のパソコンの作業を共有することができてしまいます。もし作業の共有を行いたくない場合は、「デバイス間の共有」項目にあるボタンをクリックしてオフにしましょう。オフにすれば、他の機器で作業の共有を行うことはできなくなりますよ。

関連記事